秋の撮影
今日は朝早くから秋の展のための撮影をしました。
c0200002_17144744.jpg
朝早い時間はまだ涼しくて、光が低い角度から差す感じが
秋の空気を思わせて爽やか。
その上、台風一過のような青空と鮮やかな光り。

昨日届いたばかりのカテキュー(学名:Acacia catechu )
というマメ科の木の幹を煮出したもので染めた服。
そして藍染めの服も。

9/10(土)1日参加の合同展でまずこの植物染めの服を並べます。
植物染めは1点1点違うので、現品を販売することになります。

一緒に展示をする植物の永井さんはもちろんのこと、
モデルさんをしてくださった革作家の華順さん、
展には絵やライブドローイングで参加の藤川にも
今日は一緒に立ち合ってもらいました。
どうもありがとう!

いつもいろんな人に協力してもらい、
一緒に歩ませてもらっているなあ、と
今日もしみじみ楽しい時間でした。


# by na-hira | 2016-08-25 17:43 | 日々のこと
秋の展の予定
ここ国立は台風の雨風の峠を越えたようですが
みなさま いかがおすごしでいらっしゃいますか。

暑い日が続いていても、秋の気配を
はっきりと感じるこの頃です。

秋の展のお知らせを。

○9/10(土)1日限定で参加する合同展 旅と手しごと
表参道にてあります。
c0200002_18095074.jpg
natsuno hiraiwaは服とアロマテラピー、
両方の仕事で参加することにしています。
草木染めした服とおひとりお一人に合わせたブレンドを。

同じスペースで藤川孝之は絵と絵はがきで参加します。

○9/29(木)ー10/3(月)
国立にある room 103にて秋の展
natsuno hiraiwa / 服
kukka / 植物
もりかげ商店 / お菓子
森ゆに(歌)・田辺玄(ギター)・青木隼人(ギター) / Live (10/3 夜)
藤川孝之 / 絵とライブドローイング

秋の展では植物染めなど、宝島染工さんに
服を染めていただいています。
また、ウール・リネン・コットンの生地も一宮で
織っていただいています。

初夏の展から引き続き
森ゆにさん、田辺玄さん、青木隼人さんのLiveと
藤川孝之のライブドローイングという顔合わせで
10/3(日)の夜にLiveをしていただくことになっています。

初夏の展の時のLiveが本当に素晴らしく、
秋の始まる夕暮れにも再び、
ぜひみなさまと、この心が揺れるような時間を共にすごせたら、と
楽しみにしています。

まずは秋の撮影も、もうすぐ。
これからまた少しづつ、お知らせしていきます。

# by na-hira | 2016-08-22 18:04 | 展示会
ものが作られる現場へ
昨日は1日、機屋さん、縫製工場などをめぐる
名古屋、岐阜をめぐる貴重な時間をすごさせていただきました。

ただ、カメラを持って行かず…
(以前機屋さんに「撮るのはちょっと」と言われたこともあり)
「撮っていいよ」と言ってくださったのに
写真に撮れなくて残念でしたが
自分の記憶に残るように、しっかり見てきました。

麻を中心にお仕事されている機屋さんでは
昨日は37、8度ある建物の中、
冷房はなく、小型の強力な送風機のみで
現場で細かな作業を続けている方々がいて。
織物工場は機械の大きな音が鳴り響き、
大変な現場と頭の下がる思いなのですが、
昨日はわくわくとテンションが上がるような気持ちになる現場でした。

ものが生まれる現場の真っ只中で
「よりよいものにするにはどうしたらいいか」を考えて、工夫の実践をして。
ずっとそれを続けている方々の力を感じました。

これを見たらいい、という資料を手渡していただいたのですが
すべてきれいな手書きで作られた、いわば教科書的な資料。
感動を覚える出会いでした。
# by na-hira | 2016-08-06 10:48 | 日々のこと
梅雨明けて
c0200002_11293367.jpg

昨日、関東は梅雨明けしたとのこと。
今日は日差しも雲もくっきりと、真夏の様相です。

みなさま、いかがおすごしでいらっしゃいますか。

ここ国立の仕事場では、秋の準備をすすめています。
生地を織ってもらうのは、愛知の一宮で。
製品染めは福岡で。
やりとりしつつ、秋冬のことが具体的になっていきます。

そして、来年の春夏秋冬の1年間、
オーガニックブランドである「天衣無縫」さんの
ウェアのデザインに関わらせていただくことになりました。
natsuno hiraiwaでは扱えない(ロットの関係上)ような素材を
使うことも可能になるので、また違った楽しさがあります。

オーガニックウェアが店頭に並ぶのは半年ほど先。
また時期がわかりましたら、お知らせさせていただきます。

こんな日差しになると、帽子というよりは
日傘が必要です。
どうぞよい風の通る木陰とか…
気持ちよくすごせるひとときを
1日の中で作れますように。
# by na-hira | 2016-07-29 11:52 | 日々のこと
『アロマテラピー精油事典』150の精油ガイド
楽しみに待っていたバーグ文子先生の『アロマテラピー精油事典』
が出版されました。
この本は「一般書」という扱いで出ているようなのですが
エッセンシャルオイル150種も取り上げていて
成分のこと、禁忌のこともしっかり書かれているので
安心してエッセンシャルオイルを使うにあたっての
まさに辞書的な内容です。

c0200002_11581240.jpg

著者であるバーグ先生は パトリシア・デービス氏が作った学校である
London School of Aromatherapyの日本校の校長をされています。

IFAの学校なのでイギリス式のアロマテラピーを中心にしつつ
フランス式アロマテラピーの最新情報なども
日々の授業で私自身、この数年間、学ばせていただいています。

ドイツの化学者であるカート・シュナウベルト博士や
プロヴァンスの自然療法士のネリー・グロジャン博士とも親しくされているので、
化学的な最新情報の面と、ホリスティックに精油を捉える視点と
フランスでの使用方法など様々な情報をいつもアップデートされている方。
その多面的な知識と経験を凝縮して執筆された本という感じです。

各精油1ページという限られた文字数の中に
膨大なリサーチをどう落とし込んで行くか頭を悩ませつつ仕上げた、といった
お話も授業の時にされていて。
この本のすごいところは、「情報源がどこにあるのかわからない『孫引き』
で作られた本」ではないところです。
執筆にあたってバーグ先生自身が英語、フランス語の古い文献を直に確認したり、
海外の論文も含めてリサーチされていて、
どこから出た情報かの大元をたどっていることです。

今、精油はたくさんの種類が出回っていますが
その学名を確認して、安心して使えるようにするために
(あるいは使わないほうがいいか)判断を助けてくれます。

例えば「セージ」は神経毒性がある、と本によっては書かれています。
それでもセージを積極的に使うフランス式の考えもあったり。
どのセージのことを言っているのだろう?とか、
本当のところどちらなんだろう?と思った時に、瓶の学名を見て、
この本を読むとどう判断するといいか分かります。

使い方、使用頻度、使用する人の状態など。
ひとくくりに「危ない」とか「使ってはいけない」と言えることではなく、
学名が違う植物を1つの一般名で呼んでいる場合も多く。
そこをまず確かめる手がかりになってくれます。

最初の1冊目だと、情報の奥の深さをすぐに理解できないところがあるかも
しれませんが、最初にしっかりとした本と出会えるのは幸運と思います。
(私自身、20年以上前、出たばかりのパトリシアデービスさんの事典を端から端まで
調べては読み、としていました。)

ワークショップをしてアロマテラピーを教えているような方や
長く学んでいる人にとっても確認したり、調べたり、心強い存在です。
# by na-hira | 2016-07-16 13:21 | アロマテラピー
本日発送完了
九州の大変な雨、そして各地の急なスコールのような雨、
みなさま、いかがおすごしでいらっしゃいますか。
何事もないことを祈っております。

発送も今日で完了となります。
長くお待たせしてしまった方には
申し訳なく思います。
ただ、本当に1着1着の発送でここまできました。
お待ちいただけることを、有難く思う日々でもありました。

秋の展への準備も早速始めようと思っています。
切れ目なく続きますが、季節も切れ目なく、
日々も切れ目なく。
自分の仕事を続けられることは有難いことです。

そろそろ梅雨終盤。
湿度のある時は体も重くなりがちです。
シャワーだけでなく、湯船にはいったり、体を冷やさないようにして
(エアコンで結構冷えてしまう季節です)
元気に夏をお迎えください。
# by na-hira | 2016-07-15 17:27 | 日々のこと
服のこと アロマテラピーのこと
展示会後、1ヶ月から1ヶ月半ということで今まで
ご注文いただいた服を準備して発送して、としてきていました。

今回もその気持ちは変わらず、なのですが
あと数人の方にお待たせしてしまっています。
本当に、こんなに暑くなってしまうと…
お天気ばかりは自分でコントロールできないものの
天気予報が気にかかりつつすごしています。
もう少々お待ちいただけたらと思います。

そして、アロマテラピーのことも少し。

先日の「野らフェス」ではアロマテラピーのパーソナルブレンドを
しましたが、その学びは今も続けています。
エッセンシャルオイルのことなど
新しい研究の結果が明らかにされたりして、日進月歩の世界です。

「どうしてアロマテラピーなんですか?」と聞かれることも多く
服とアロマテラピーをどう融合していくか、
あるいは別々にしておくといいのか。
そんなことも含めて、アイディアを考えています。

自分の中では服もアロマテラピーも
「その人らしさが、もともとあるように生き生きと輝くこと」
のための伴走者のような存在と捉えているので
共通の土台に立っているのです。

そして、それは医療とは違って、
「美」に関わること、ブレンドした時のハーモニーの驚きや楽しさ、
「自分が好きなもの」に対して「お任せではなく」、
主体的な関わりで奏でられるもの、という共通点も感じています。

少しづつ、そんなことをお伝えできる場を
作ることができたらいいな、と思っています。

あらためて
これからも、どうぞよろしくお願いします。
# by na-hira | 2016-07-07 18:30 | 日々のこと
7/10は投票へ
自分はいつも平和であってこその仕事をしている、と
思っています。
いろんなことがあったとしても戦争のない時代、国に生まれた、
(世界を見渡せば)この偶然を有り難く思っています。

それでもこの数年は特に
戦争に参加しない国、立憲主義に基づく憲法がある国に
生きていることは、当たり前でなく
行動してこそ守られること、とひしひしと感じています。

今回、間違いなくその分岐点にいます。

7/10に選挙があることを知らない人も多いとか。
ぜひ、周りの人に選挙の話を少しでもできますように。

棄権することは、「意志ゼロ」ではなく、
「現状にYes!」と同じ作用に働くということが、
棄権する人に実感として伝わるといいな、と願いつつ。
投票率がもし、10%でも上がったら。

日本は戦後国政選挙の投票率で70%を越えたことがなく、
一番近い国政選挙では参議院議員選挙投票率(58%→)53%、
衆議院議員選挙(62%→)54%となっています。
# by na-hira | 2016-06-30 19:42 | 日々のこと
「野らフェス」ではありがとうございました
この前の日曜日はいわき市にある「野らぼう」さんが
中心となった「野らフェス」に参加してきました。
野らぼうさんファミリー全体の力強さを感じながら
エネルギッシュな行動力とともに、おおらかさがいつも根っこにある
稀有な一家に、たくさんのものをいただいた1泊2日でした。

そして、野らぼうさんとつながる地元のみなさんにも
準備のことなど、いろいろとお世話になってしまいました。

話に聞くことと、実際にその場を体験することの違い。

実際に行ってみて、
この新鮮な驚きや田園風景の美しさや気取りのない感覚、
あたたかい気持ちをたくさんいただいて。
あまりにぎゅっとつまった1泊2日で、すでに遠い過去のようでもあります。

c0200002_1955118.jpg

アロマテラピーのパーソナルなブレンドについても
たくさんの素敵な出会いがあり、
貴重な1日となりました。
興味を持ってくださったみなさま
どうもありがとうございました。


c0200002_19555899.jpg

前日の雨から一転して、清々しい空気と青空の早朝。
「野らぼう」さんのお店は、フェスが始まった後は混み合っていて
私は入るのを夕方まで遠慮したほど。


c0200002_2023870.jpg

ビニールハウスの中は美しく葡萄を這わせたフェス会場になっていました。
早朝の静けさと日中の混雑ぶりの対比は予想以上。
c0200002_20274377.jpg



c0200002_20163238.jpg

早朝、開店準備をしているGARAGEさんも国立から。
器や服をお庭に面したところに並べて
気持ちいい風景。
色もきれいに緑と青空に映えて、いい雰囲気。


c0200002_20233086.jpg

古本泡山さんも国立から。
当日朝到着して、たくさんの本を並べ中。
充実の品揃えでした。

c0200002_2091515.jpg

フジカワエハガキはデッサンと絵葉書。
屋外でのデッサンは気持ちよさそうでした。


c0200002_20542262.jpg

アロマテラピーで参加したnatsuno hiraiwaは
まずはお話しながら、香りのブレンドの方向を決めていきました。
野らぼうファミリーのお父さんが長年かけて一から石を組んだり
木を植えた、というお庭のところにテントをはってくださって。

梅雨の最中にこんなに気持ちのいいお天気とフェスが重なる、という
幸運にも恵まれて。
たっぷりと余韻が残るフェスでした。
# by na-hira | 2016-06-28 20:46 | アロマテラピー
パーソナルアロマブレンド
今回参加する「野らフェス」では
お一人お一人に合わせてのアロマブレンド
を作る時間ができたら、と思っています。

本当は少人数のワークショップも楽しそうですが
今必要なこと、惹かれることなど随分違うし、パーソナルなこと、
ということもあり今回は1対1というかたちに。

そして、体調面で少しお聞きすることがあります。
エッセンシャルオイルは100%植物からとられたもの
(水蒸気蒸留、圧搾、熱に弱いものなど溶剤抽出法も)
ですが、相当に濃縮しているものであり、
(例えば150kgのラベンダーが1kgのエッセンシャルオイルに)
水蒸気蒸留する過程で植物そのままの状態では含まれない物質が生まれていたり、
気をつけて使う必要があるものでもあります。
また、場合によっては使用を避けたほうがいいエッセンシャルオイルもあります。

野らフェス10:00〜15:00という限られた1日の中で
どんな出会い、時間が生まれるのか楽しみにしています。

ハーブティーを用意してお待ちしています。
# by na-hira | 2016-06-24 18:31 | お知らせ