Liveご予約の確認mailについて
展「日常と旅と」での10/2(日)の
田辺玄さん、森ゆにさん、ゲスト青木隼人さんのLiveの
ご予約は、natsuno hiraiwa HPのcontactから
受付しておりますので、ぜひ!

今までご予約いただいたみなさまには
確認のためのmailをすべてお送りしています。
ただ、mailが届かない場合もあるようなので
「返信が来ない」という場合は一応mailをいただけると助かります。

よろしくお願いいたします。

とうとう明日は搬入日。
押し迫ってきました!
私もどきどきと楽しみです。
# by na-hira | 2016-09-27 10:56 | 展示会
「日常と旅と」は今週木曜日から
今日は道を歩いていて金木犀の香りが漂ってきて
もうその季節になったのか、と感じます。
みなさま いかがおすごしでいらっしゃいますか。

展直前は、もう少し心静かに過ごせた方がいいのですが、
どうしても、あれこれとすることが重なってきて慌ただしい気持ちに。

それでも旅人を迎えること、を思い出すと
心静かな気持ちを持つことができます。

展を訪れてくださる方々や、
植物との出会いからその日の季節感を運んでくる永井久恵さん、
Liveをしてくれる田辺玄さん、森ゆにさん、青木隼人さんも。
絵とドローイングの藤川孝之は場に旅を連れてきてくれるでしょう。
展をサポートしてくれる方々も、電車を乗りこの国立まで。
もりかげ商店さんは展の場にはLiveの時に来てくれることになっていますが
焼き菓子がはるばるやってくると先にやって来るイメージ。

「有難いこと」と、じわっとあたたかさを感じると
慌ただしかった気持ちがふっと落ち着きます。

実際に旅に出ることも大切な時間。
でも旅に出る時を想うこと、旅人を日常に迎えることは
同じくらい大切な時間と感じています。

国立以外の街から国立にいらっしゃる方には
大学通りをお散歩したり、room 103のご近所のお店の店主さんに出会ってみたり、
そんな近くにある旅をしていただけたら幸いです。
# by na-hira | 2016-09-26 22:16 | 展示会
「日常と旅と」
展を準備する時は、いつも言葉が浮かび上がってきます。
今回は「日常と旅と」。

自分の仕事は、シーズンごとに急変していくようなモードの仕事ではなく、
人を包む、あるいはふわりとつかず離れず一緒にいる存在である
布を使った仕事、と感じています。

この数年、小さな旅することが少しづつ増えてきました。
旅行というよりも旅。
それは人と会い、その土地を歩いて感じること。

同時に、行きたい旅に出られない時も多々あります。

日常の道。日常の仕事場。
心はここにありつつも、
遠くの人とも心の距離感を近くに感じたり。
日常の中にある旅もあります。

そして、日常があっての旅。
日常を積み重ね、旅の日々もあり、
その対比が見せてくれることも多くあり。

あと、旅人を迎えることも
少しづつ増えています。

空気が動き、心が動き、
風が通る。

そんなことを感じながら、
今回新しく織ってもらったリネンウールコットンの生地は
日常にも、ふっと出ることになった旅にも
きっと着ていくような、素材感です。

それから藍染、墨染、植物染めの服たち。
これはその存在が日常の自分に風をもたらしてくれるようです。
今回も福岡の宝島染工さんが染めてくれています。

宝島染工の大籠さんご自身も
つい先日までオランダからの旅人(アーティスト)を迎え入れて、
同時に日常の仕事もされて、という日々を送られていたとか。

人が動き、心が動き、
出会いからなにかが生まれ。

秋なのに、始まり。
そんな気分もあります。
# by na-hira | 2016-09-21 21:27 | 展示会
Live予約受け開始します
HPを更新しました。
c0200002_2334619.jpg

秋の展は初夏の展と同じ顔合わせ、というのは
有り難い気持ちでいます。

永井久恵さん、
田辺玄さん、森ゆにさん、
もりかげ商店さん、
藤川孝之、
そしてゲストの青木隼人さん。

敬意を感じ、いい刺激を受ける仕事をされている方と
場と時間を共にできることは一期一会といつも感じているからです。
その中での、ふたたび、というのは貴重と。
今回は季節も違うので、また違った時空間に
なるはずです。

もちろん展に来て下さるみなさまとの出会いも
会期中はいつも一期一会を感じています。

◎本日より田辺玄さん、森ゆにさん、ゲスト青木隼人さんのLiveの
  ご予約開始いたします。
  
mailを受け取りましたら確認mailをnatsuno hiraiwaからお送りします。

前回、mailを返信できない方が多数いらしたため、
できましたらPC mailでお送りくださると助かります。
mobile mailの場合、natsuno hiraiwaからのmailが着信できるよう
設定よろしくお願い致します。

今回もどんな日々になるか。
この時期は毎日どきどきするような気持ちです。

写真は今回の写真撮影の朝の空です。
光が鮮やかでした。
モデルさんとして協力してくださったのは
革作家の華順さんです。
# by na-hira | 2016-09-13 23:15 | 展示会
Tracing The Roots 終了、room 103での展へ
c0200002_22411076.jpg

9月10日土曜日の1日だけ参加した
Tracing The Roots展が無事終了しました。
お越し下さったみなさま
どうもありがとうございました。

初めてのこと、初めての人との出会い。
貴重な1日となりました。

のんびり構えて服と香り、両方できたらと考えていましたが
入り口のところだったこともあり、
混み合う時間もあって。
見てくださった方に、アロマテラピーの途中では
きちんと対応できていなくて
申し訳ない気持ちです。
それでも、新しいことができた場には感謝の気持ちです。

服と香り。
それは心と体とその人が持っている精神性と、
その日の具体的な状況と。
いろんなことを反映して、その時選びとり、
自分を包んでくれる存在となる。

それはとても近いものがあって、つながっていると
感じています。

この楽しさや心強さなどをどんな風にお伝えしていけるか
と思っています。

そして、国立 room 103での展に向けて。
やはりゆったりとした気持ちですごしていただけるので
room 103という空間は貴重と感じています。
服と植物、絵、Live、そしてお菓子。

room103の近くのお店や大学通りまで足を伸ばしても
良い時間になると思います。

フライヤーの発送は明日から1枚1枚。
慌てず、でも早く送りたい、と思っています。

c0200002_22414474.jpg

青山界隈にも空はあり、夕焼けもあり。
屋上の空を見上げほっとするひととき。
# by na-hira | 2016-09-12 23:10 | 展示会
明日はイベントに参加します
明日9/10は骨董通りからちょっと入ったところにある
Light Box Studio Aoyama でのイベント
TRACING THE ROOTS
に参加します。

服の染めでお世話になっている宝島染工さんとのご縁や
藤川孝之の絵が展のメインビジュアルに使われている、
ということもあって、私もご縁をいただいての1日参加。

私にとっては初めてお会いする方がほとんどの合同展なのですが
みなさんとてもパワフルな感じが写真から伝わってきます。

natsuno hiraiwaは藤川孝之と一緒にスペースを使うのですが、
服と香り、両方と考えています。

服は今回、植物染、墨染、藍染のものを。
香りはおひとりお一人のエッセンシャルオイルのブレンドを。

エッセンシャルオイルのブレンドとは、
どんなことが今気になっているか、とか
こんな気分になりたい、とか。
今の体調や気分と、こういう香りがいいな、
こういう時にリフレッシュ、リラックスなど。
いくつかの側面から考えて香りを作ります。
使うのはオーガニックか野生のエッセンシャルオイルと
オーガニックホホバオイル。(肌にすぐつけられるように希釈します)

落ち着いて香りのセッションができるようにも、いつかしたいと思いますが
今回は思い立ったら、その場で、というかたちです。

見どころがたくさんある展。
少し時間のゆとりを見て、
のんびりとおこしください。

# by na-hira | 2016-09-09 17:34 | 展示会
秋の展とLive
虫の声、空気の中に
秋をはっきりと感じます。

みなさま
いかがおすごしでいらっしゃいますか。
c0200002_10413219.jpg
秋の展まで、1ヶ月を切り、
もう1週間ほどすると、印刷物も仕上がってきますが…

秋はたくさんのイベントやliveのある季節なので
一足先に展に参加してくださる顔ぶれと
Liveの日をお知らせしたいと思います。

展の場としては広々と気持ちのいいroom103ですが
Liveの会場としてはこじんまりとした程よい大きさ。
音楽を奏でる人、歌う人の発する微かな振動まで
直に伝わって来る距離感は魅力です。

2016年 9月29日(木)-10月3日(月) 
11:00-18:00 room103にて
 
natsuno hiraiwa / 服
kukka 永井久恵さん/ 植物
田辺玄さん・森ゆにさん guest青木隼人さん/ 音楽
藤川孝之/ 絵
もりかげ商店さん/ お菓子

こんな素敵な方々と、また5月の初夏の展につづいて
秋の展を準備できることを
私自身がうれしく楽しみにしていると同時に、
みなさまにもぜひお越しいただけたら、と思っています。

◎Live 10/2(日)19:00開場 19:30開演 3500円
(お茶ともりかげ商店さんのお菓子付き)

田辺玄さん(ギター) 森ゆにさん(歌)/ Live  ゲスト青木隼人さん
藤川孝之 / Live Drawing

玄さん、ゆにさんについては
以前もこのBlogで書かせていただいていますが
また、少しづつ書いていきます。

夏の疲れが出る頃なので
たっぷり、のんびりできる週末でありますように。


# by na-hira | 2016-09-04 11:07 | 展示会
秋の撮影
今日は朝早くから秋の展のための撮影をしました。
c0200002_17144744.jpg
朝早い時間はまだ涼しくて、光が低い角度から差す感じが
秋の空気を思わせて爽やか。
その上、台風一過のような青空と鮮やかな光り。

昨日届いたばかりのカテキュー(学名:Acacia catechu )
というマメ科の木の幹を煮出したもので染めた服。
そして藍染めの服も。

9/10(土)1日参加の合同展でまずこの植物染めの服を並べます。
植物染めは1点1点違うので、現品を販売することになります。

一緒に展示をする植物の永井さんはもちろんのこと、
モデルさんをしてくださった革作家の華順さん、
展には絵やライブドローイングで参加の藤川にも
今日は一緒に立ち合ってもらいました。
どうもありがとう!

いつもいろんな人に協力してもらい、
一緒に歩ませてもらっているなあ、と
今日もしみじみ楽しい時間でした。


# by na-hira | 2016-08-25 17:43 | 日々のこと
秋の展の予定
ここ国立は台風の雨風の峠を越えたようですが
みなさま いかがおすごしでいらっしゃいますか。

暑い日が続いていても、秋の気配を
はっきりと感じるこの頃です。

秋の展のお知らせを。

○9/10(土)1日限定で参加する合同展 旅と手しごと
表参道にてあります。
c0200002_18095074.jpg
natsuno hiraiwaは服とアロマテラピー、
両方の仕事で参加することにしています。
草木染めした服とおひとりお一人に合わせたブレンドを。

同じスペースで藤川孝之は絵と絵はがきで参加します。

○9/29(木)ー10/3(月)
国立にある room 103にて秋の展
natsuno hiraiwa / 服
kukka / 植物
もりかげ商店 / お菓子
森ゆに(歌)・田辺玄(ギター)・青木隼人(ギター) / Live (10/3 夜)
藤川孝之 / 絵とライブドローイング

秋の展では植物染めなど、宝島染工さんに
服を染めていただいています。
また、ウール・リネン・コットンの生地も一宮で
織っていただいています。

初夏の展から引き続き
森ゆにさん、田辺玄さん、青木隼人さんのLiveと
藤川孝之のライブドローイングという顔合わせで
10/3(日)の夜にLiveをしていただくことになっています。

初夏の展の時のLiveが本当に素晴らしく、
秋の始まる夕暮れにも再び、
ぜひみなさまと、この心が揺れるような時間を共にすごせたら、と
楽しみにしています。

まずは秋の撮影も、もうすぐ。
これからまた少しづつ、お知らせしていきます。

# by na-hira | 2016-08-22 18:04 | 展示会
ものが作られる現場へ
昨日は1日、機屋さん、縫製工場などをめぐる
名古屋、岐阜をめぐる貴重な時間をすごさせていただきました。

ただ、カメラを持って行かず…
(以前機屋さんに「撮るのはちょっと」と言われたこともあり)
「撮っていいよ」と言ってくださったのに
写真に撮れなくて残念でしたが
自分の記憶に残るように、しっかり見てきました。

麻を中心にお仕事されている機屋さんでは
昨日は37、8度ある建物の中、
冷房はなく、小型の強力な送風機のみで
現場で細かな作業を続けている方々がいて。
織物工場は機械の大きな音が鳴り響き、
大変な現場と頭の下がる思いなのですが、
昨日はわくわくとテンションが上がるような気持ちになる現場でした。

ものが生まれる現場の真っ只中で
「よりよいものにするにはどうしたらいいか」を考えて、工夫の実践をして。
ずっとそれを続けている方々の力を感じました。

これを見たらいい、という資料を手渡していただいたのですが
すべてきれいな手書きで作られた、いわば教科書的な資料。
感動を覚える出会いでした。
# by na-hira | 2016-08-06 10:48 | 日々のこと