『アロマテラピー精油事典』150の精油ガイド
楽しみに待っていたバーグ文子先生の『アロマテラピー精油事典』
が出版されました。
この本は「一般書」という扱いで出ているようなのですが
エッセンシャルオイル150種も取り上げていて
成分のこと、禁忌のこともしっかり書かれているので
安心してエッセンシャルオイルを使うにあたっての
まさに辞書的な内容です。

c0200002_11581240.jpg

著者であるバーグ先生は パトリシア・デービス氏が作った学校である
London School of Aromatherapyの日本校の校長をされています。

IFAの学校なのでイギリス式のアロマテラピーを中心にしつつ
フランス式アロマテラピーの最新情報なども
日々の授業で私自身、この数年間、学ばせていただいています。

ドイツの化学者であるカート・シュナウベルト博士や
プロヴァンスの自然療法士のネリー・グロジャン博士とも親しくされているので、
化学的な最新情報の面と、ホリスティックに精油を捉える視点と
フランスでの使用方法など様々な情報をいつもアップデートされている方。
その多面的な知識と経験を凝縮して執筆された本という感じです。

各精油1ページという限られた文字数の中に
膨大なリサーチをどう落とし込んで行くか頭を悩ませつつ仕上げた、といった
お話も授業の時にされていて。
この本のすごいところは、「情報源がどこにあるのかわからない『孫引き』
で作られた本」ではないところです。
執筆にあたってバーグ先生自身が英語、フランス語の古い文献を直に確認したり、
海外の論文も含めてリサーチされていて、
どこから出た情報かの大元をたどっていることです。

今、精油はたくさんの種類が出回っていますが
その学名を確認して、安心して使えるようにするために
(あるいは使わないほうがいいか)判断を助けてくれます。

例えば「セージ」は神経毒性がある、と本によっては書かれています。
それでもセージを積極的に使うフランス式の考えもあったり。
どのセージのことを言っているのだろう?とか、
本当のところどちらなんだろう?と思った時に、瓶の学名を見て、
この本を読むとどう判断するといいか分かります。

使い方、使用頻度、使用する人の状態など。
ひとくくりに「危ない」とか「使ってはいけない」と言えることではなく、
学名が違う植物を1つの一般名で呼んでいる場合も多く。
そこをまず確かめる手がかりになってくれます。

最初の1冊目だと、情報の奥の深さをすぐに理解できないところがあるかも
しれませんが、最初にしっかりとした本と出会えるのは幸運と思います。
(私自身、20年以上前、出たばかりのパトリシアデービスさんの事典を端から端まで
調べては読み、としていました。)

ワークショップをしてアロマテラピーを教えているような方や
長く学んでいる人にとっても確認したり、調べたり、心強い存在です。
by na-hira | 2016-07-16 13:21 | アロマテラピー
<< 梅雨明けて 本日発送完了 >>