展まであと少し
暖かくなったり、肌寒くなったり、
変化の大きい季節です。
そして、晴れ、曇り、雨、という空模様が
めぐるようになる季節です。

みなさま
いかがおすごしでいらっしゃいますか。

春の展に向けて、先日淡い墨染が福岡の宝島染工さんから
届きました。

リネンと淡い墨色が一体化して
銀色のようにほんのり輝きます。

これは1着1着縫いあげてもらってから染めてもらって。
ということでほとんど1点づつになります。

Liveの方も田辺玄さん、森ゆにさん、青木隼人さんが甲府で
リハーサルをする話を聞きました。

どんなギターと歌の展開が広がるのか…

森ゆにさんはピアノと歌、ということが多い方ですが
田辺玄さんと青木隼人さんという二人のギターとともに、
そこから生まれる音楽は、新鮮な空気を運んできてくれます。
ピアノの時のゆにさんとまた違った表情を持っていて
それがこの3人の編成ならではの魅力です。

3人の奏でる音楽と時間は
いつも「この瞬間に立ちあえること」
の幸せを感じさせます。
そこに藤川孝之がどんなふうに描いていくのか。
それもまた、予想できない楽しさがあります。

前回の夜のLiveより、今回は少しお席をゆったりさせたいな、と
思っています。
静かな日曜日の朝、よろしければぜひご一緒に。
もりかげ商店さんのパウンドケーキは朝をイメージして
作っていただくことになっています。

朝のLiveの後、ぼおっとするような感覚で現実に立ち返ると、
あれ、まだ朝の10時半…
この感覚もまた、小さいのに長い旅をするような
楽しさのひとつです。

お席はもう少しあります。



by na-hira | 2017-02-25 18:11 | 展示会
<< 春の訪れ  藤川孝之 ポートレートデッサン >>