カテゴリ:展示会( 351 )
展「冬の光に耳を澄まして」は無事終了しました
冬らしい空気になり、日に日に夕暮れ時が早まるのを実感します。
(え、もう夕方?というような)
みなさま いかがおすごしでいらっしゃいますか。

今年最後の展となる「冬の光に耳を澄まして」
は無事終了しました。

お越しくださったみなさま、
HPやBlogを見て気にかけてくださったみなさま
どうもありがとうございました。
c0200002_21331345.jpg
c0200002_21415783.jpg
                       同じコートの後ろ姿

c0200002_21435314.jpg
                  ジュニパー、ヒバなど冬の空気を感じさせる香り。
c0200002_21442595.jpg
                  今回は藤川のコラージュがたくさん展示されました

c0200002_13043532.jpg
 
                   もりかげ商店さんの焼き菓子たち

c0200002_13052544.jpg
                   ズラリとパンツが並ぶ風景。
                   来年はスカートをもう少し作ろう。



今年の5回の展が終了し、2017年という1年のひとつの区切りを越えたような
気持ちもあって、ゆっくりとした時間感覚になっていました。
(ご注文いただいた服のことは進行中でいます!)
そして気づくと展終了から1週間以上もたってしまいました。

今回も素晴らしい人たちが展を一緒に作ってくださって
感謝の気持ちがじわじわと染みてきています。
久恵さん、佐和子さん、森影さん、優子さん、孝之さん
ありがとうございました!

そして見に来てくださった方との出会いや会話。
試着した様子を見せていただくひととき。

同じ1着の服がどんなイメージになるか、着て下さる方によって変わります。
その現場に立ち合えることは、この展のかたちをとっているおかげ。
エネルギーを受け取る時間です。

本当に感謝の気持ちです。
どうもありがとうございます。

展の直後にジム・ジャームッシュ監督の映画
『パターソン』を見てきました。

日々の中に宿る美しさを見つけること。
なにげない会話。鳥の声や朝日。近くにある風景。
そこになにを見出すかは、ひとりひとり。
目と感覚、感受性、イメージの翼、思考。
そして身近な人への感謝や大切に想う気持ち。
「Thank you」の言葉が溢れている映画。
自分を見つめる時間を受け取ったようでした。

これから順次ご注文いただいた服の準備をすすめていきます。
時間よゆっくりと!とお願いしたくなる時期です。
c0200002_13051596.jpg
                  小嶋佐和子さんの歌とギターの朝Live。
                  トガゼンさんゲストで笑顔が広がる場面もあり、
                  お二人の息の合った演奏が素晴らしかった!
                  佐和子さんソロの時間も内にしっかりと歌が刻まれていくような時間でした。
c0200002_13045968.jpg
                  この定位置で見守る二人。久恵さんと森影さん
c0200002_13045168.jpg
                   もりかげ商店さんの朝Liveのお菓子は
                   山梨のキウイとクリームチーズのパウンケーキ。
                   焼いたキウイは初めてのお味でおいしかった!
c0200002_13100116.jpg
                     ライブドローイングでは演奏する佐和子さんが描かれていました





by na-hira | 2017-12-05 13:17 | 展示会
小嶋佐和子さんのLive
冬の展「冬の光に耳を澄まして」も明日が搬入日。
11月後半になるとやはり冬という空気です。
今日も用事があって大学通りと垣間見たのですが
きれいな紅葉風景。
ほっとします。

展最終日の朝は小嶋佐和子さんの歌とギター、
ゲストにトガゼンさん、
ライブドローイングは藤川孝之という音楽と絵の時間。

私がちゃんと対応できるくらいの
いいリズムでご予約のmailをいただいています。
どうもありがとうございます。
まだご予約承れますので、
ご連絡いただけたらと思います。

小嶋佐和子さんにすぐそこ、の距離感で歌っていただけることの幸せ。
この時間をご一緒するひとりひとりの方と
佐和子さん、トガゼンさんが作る空気は朝とぴったり、しっくり。
なぜだかクスクスっと笑ってしまうようなユーモアと
あたたかく、そして凛とした空気もあって。

聖なるものと日常の食べたり眠ったりという営み。
声とギターの響きが肌に直接触れるような
そんなひとときが最終日の朝にやってくる。

そんなことをイメージして展の搬入から1日1日を
重ねていきます。

藤川孝之のライブドローイングも今回どんな風に展開していくか。

Liveの後の時間も絵を見たり、植物を選んだり、布に触れたり。
お菓子も選んだり。(もし販売分がまだあったら!なのですが)
ゆっくり味わってすごしていただけたら
きっと素敵な日曜日の幕開けになると思います。
ご一緒に、ぜひ。

by na-hira | 2017-11-20 19:01 | 展示会
冬の展まであと少し
今日は冬らしい1日でした。
みなさま いかがおすごしでいらっしゃいますか。

冬の展も来週11/22(水)から始まるので搬入まであと数日となりました。

そして、先日の巣巣さんでの展のご注文分をほとんどの方に発送し終えました。
お待ちいただきましたみなさま どうもありがとうございました。

今年1年のしめくくりの冬の展。
展というかたちの時間と空間を作ること。
服に風を通し、光をあてて。
実際に触れたり、着ていただいたり。

そして普段一人で仕事をする時間も長いのですが
この期間はたくさんの方にお会いしたり
時空間を共にする展の参加者同士のやりとりがあり。

そのひとつひとつが貴重なことと感じています。

今日、国立の南口の紅葉具合を見て来ました。
桜は大分散っているものの、きれいな色が歩道に散りばめられていました。
銀杏は大分黄色に染まっていますが
来週には黄金色のようになっていたらいいな、と
お願いしているような気分です。(お願いされても困ると思うけれど…)
お散歩の時間ももし可能でしたら、ぜひ!


来週元気に会場でお会いできますように。
どうぞあたたかく週末をおすごしください。
c0200002_17342848.jpg

















いつもは蜜蝋キャンドルを灯しているのですが
今回は岡山の匙屋さんにお願いして河合悠さんのキャンドルを
送っていただくことに。
どんな光が灯るのか、わくわくしつつ待っているところです。

by na-hira | 2017-11-18 17:49 | 展示会
冬の展 HP更新しました
みなさま いかがおすごしでいらっしゃいますか。
日に日に紅葉が変化する頃となりました。

巣巣さんでの展は無事終了しました。
お越しくださったみなさま
どうもありがとうございました。
搬入から搬出まで、8日間。
長いようであっという間の日々でした。

そして、国立のroom103での展があと2週間となりました。
room103の冬の展が今年最後の展となります。

HPを更新しましたので、ご覧いただけたらと思います。
c0200002_22355835.jpg
冬の光に耳を澄まして

natsuno hiraiwa / 服
kukka 永井久恵さん / 植物
藤川孝之 / 絵・コラージュ
小嶋佐和子さん / 朝のlive
もりかげ商店さん / お菓子

自分自身、その回その回が違う日々と感じています。
ですから何度展をしていても、どきどきとする気持ちで
準備しています。

小嶋佐和子さんのLive予約も開始しています。
natsuno hiraiwa HPのcontactからご連絡ください。
Liveはいつも聴き手側であるお客さまと演奏をするアーティストが
一緒にその日のその時間を作っていると感じます。

ぜひご一緒できましたら。
ご連絡お待ちしております。



by na-hira | 2017-11-08 22:38 | 展示会
秋の展3日目
今日は昨日の雨に洗われた空にきれいな日差し。
気持ちのいい1日でした。
洗濯機を何回も回した!という方も展に来て下さって。
太陽を生かしたことに忙しい1日だったかもしれません。

展の場である巣巣さんは世田谷区の等々力にあります。
来ていつも思うのは、都会の中ののどかさ。
都心に近いとはいえ、落ち着きある静かな住宅街で
等々力駅からの道を歩いていると植木畑があったりして
のんびりした雰囲気があります。

藤川孝之のアトリエとなった1室は絵やコラージュをゆったりと。
入り口すぐの部屋ではnatsuno hiraiwaの服を見ていただけます。
生地のこと、形のことなど気軽に聞いていただけましたら。

明日から展後半。
世田谷散歩も兼ねてどうぞお越しください。

バスでお越しいただくとしたら二子玉川駅からのバスは
本数があり、停留所がお店に近いので便利です。


by na-hira | 2017-10-26 23:08 | 展示会
明日10/24から展が始まります
今日の東京は風が強かったものの、
本当に鮮やかな光と空気でした。

明日から等々力の巣巣さんにて
秋の展が始まります。
一瞬冬のような寒さが続いて困った、と思ったのですが
会期中は秋らしい空気になりそうでほっとしています。

今日は搬入日。
おすすめするからには、ということで初めて等々力渓谷の
入り口まで。
鬱蒼とした樹々で怖いくらいの迫力でしたが(台風後の強風のせいもあり)
空気は澄んでいて別世界。
階段を降りず、橋からちょっと見るだけでしたら
等々力駅から3分くらいでしょうか。
近隣散策のスタート地点として、ぜひ。

服は秋の入り口の時よりもあたたかな素材のものも
展示してあります。
生地のことなど、ぜひお声をかけてください。
自然光で見ると色や素材感の違いも見やすいのですが
日が暮れるとちょっと見分けにくいと思うので。

藤川孝之のコラージュや絵をゆっくり見ていただいたり、
ポートレートデッサンもぜひ。
明るい時間はおすすめです。
色もきれいに見えていいものです。

そして、森ゆにさんのLiveですが、残席はわずかになっています。
予約希望の方は早めに巣巣さんへご連絡ください。
展の場と時間をゆにさんの音楽で空気をまとめてくれるように
かけていきたいと思っています。

巣巣さんの常設のものも楽しく見ていただけます。

会期中は通勤して、巣巣さんに毎日在店します。
会場にてお会いできるのを楽しみにお越しをお待ちしています。

by na-hira | 2017-10-23 22:45 | 展示会 | Comments(0)
巣巣さんでの展と森ゆにさんLive

エアコンが冷房だったのが数日の内に暖房に切り変わる
変化の大きい数日。
今日も寒い1日でした。

来週の10/24(火)から29(日)の巣巣さんでの展まで
あと数日となりました。

c0200002_22581002.jpg

展の期間中毎日在店しますので、いろいろお話できたらうれしく思います。

服を作っている生地はどれも織っていただいているので
1反、1反が大切なものたち。
この1反1反をデザインと着て下さる方との出会いによって
ちゃんと服という形になってお客さまの手元に届くところまで。
その出会いや道のりがうまくゆくように、と願っています。
工業製品だと1反というのはすぐなくなるのでしょうが
1着1着という作り方ですと、大きな道のりです。


そして、展の空気をつくってくれる存在である音楽について。

森ゆにさんの歌とピアノのLiveが展最終日にあり
ご予約引き続きお受けしています。

展では初日からゆにさんのCDをいろいろとかけて
場をあたためておくことにします。

森ゆにさんの音楽はまっすぐに、よけいなものはなく、
聴く側にやわらかに入ってくる音楽と感じています。
それはまっすぐに、なのですが
やわらかさがあって。
人間味があるのに、敢えて大げさな表現は
抑えているような感じもある。

だからすうっと入ってきても自然と、すんなりと、
空気によりそってくれて、
それでいて新鮮な空気を注いでくれているような存在感。

ゆにさんの歌をCDでこのところ聞いています。
それには歌詞がなかったのですが
本当に朝から晩まで聞いても新しい空気を注ぎ続けてくれるよう。
頭上から清水のような空気が自分に注ぎ込まれるようでいて
(でも清水なのに、ひやっとした感覚ではなく)
光をもって包んでくれるような感覚でもあります。

歌の詩である歌詞世界もゆにさんならではで素晴らしいのですが
声の響きそのもので紡がれる歌世界も本当に素晴らしいのです。
そこにさらに、ゆにさんのピアノ世界があるという今回。
本当にぜいたくな距離感でのLiveです。

巣巣さんの空間は厳かというよりも
アットホームに近いくらいの空気感。
藤川孝之の絵とnatsuno hiraiwaの服。
教会のような場にもしっくりとくるようなゆにさんの歌声ですが、
しっかり食べたり洗濯をしたりという生活を感じる空気にも
しっくりとくるような音楽。

そんな森ゆにさんの音楽につつまれて
響きが直接届く距離感。

ぜひこの時間をご一緒できましたら。

お席がだんだんと埋まりつつありますが
まだご予約可能です。
ご予約は巣巣さんにmailかお電話や店頭で。




by na-hira | 2017-10-19 23:08 | 展示会
HP更新しました
今年の秋冬は秋のはじまり、秋、そして冬の入り口、
という3回の展があります。

まさに秋、という10月の巣巣さんでの展についてHPにアップしました。

natsuno hiraiwa/服
藤川孝之/絵
森ゆにさん/音楽

という顔ぶれです。
巣巣さんの常設も楽しめるので、room103とはまた違った
楽しみがある展になります。

9月に引き続きフライヤーのモデルさんはLiveをしていただく
森ゆにさんにお願いしています。
c0200002_15385831.jpg















きりっとした背筋の伸びる気持ちを受け取る表情から、
ほわりとやわらかい表情、少女のような表情。
鮮やかな光の下での撮影は変化するゆにさんの表情にカメラが追いつかない!
と思いながら集中してあっという間の時間でした。

きれいな光と影と気持ちのいい緑の中、貴重な時間。
その空気を少しでも写真から届けられたら、と思っています。

週末に関西方面に行くため、発送は少しづつ。
発送時期がお送りするみなさまに多少時間のひらきができてしまいますが
Instagramなど見ていただけましたら幸いです。

森ゆにさんLiveのご予約も開始しています。
藤川孝之のポートレートデッサンもご予約受付しております。

秋の入り口の展の納品も1着1着準備をすすめています。
まだお送りできていないみなさまには
もう少しお待ちいただけたらと思います。

ゆっくり涼しくなってくれるといいな、と願いつつ。


by na-hira | 2017-10-05 15:45 | 展示会
巣巣さんでの展 そして森ゆにさんのソロLive
金木犀がほんのりと、香ってくるようになりました。
あっという間にもう、そんな季節。
いかがおすごしでいらっしゃいますか。

次回の展が等々力の巣巣さんにて
10/24(火)から29(日)

natsuno hiraiwaの服
藤川孝之の絵とデッサンとコラージュ
最終日の29日(日)の夜に森ゆにさんのピアノと歌のソロLive

の展があります。

自分自身のHPの告知がまだできていないのですが(慌ててしまいますが!)
巣巣さんのHPの方で、今日から森ゆにさんのLiveの受付が始まりました。
c0200002_20483399.jpg
















森ゆにさんには、9月の展で“みどり”の一員として
Liveをしていただきましたが、
今回は巣巣さんにあるピアノで歌と演奏のソロの時間。

今回も展の空気をゆにさんがすっとすくいとり
息を吹き込むようなイメージがわきます。

近い距離で集中した歌と演奏の時間をみなさんとともに
過ごせる素敵な夕べです。

巣巣さんのHPから問い合わせでmailを送っていただけますし
お電話やお近くの方は店頭でも、ということです。

もちろん藤川孝之のデッサンのご予約も開始しています。

10月がもうすぐですね。







by na-hira | 2017-09-26 20:51 | 展示会
秋のはじまりの展「tempo」は無事終了しました
みなさま いかがおすごしでいらっしゃいますか。

遅くなってしまいましたが
先日のroom103での秋のはじまりの展
「tempo –内にある時間感覚で–」を無事終了することができました。
お越し下さったみなさま どうもありがとうございました。

そして、遠くで、近くで
HP、InstagramやBlogを見てくださったみなさま
どうもありがとうございます。

自分自身のshopやshowroomがないので、
展という場が季節、季節で服を見ていただいたり
みなさんとお会いする場になっています。
展の間、毎日いろんな出会い、会話、時間をすごさせていただき
その一期一会を感じています。
c0200002_17524764.jpg
Liveの朝、kukka永井久恵さんが葡萄の実と枝を摘んできてくれて
会場が秋の風景になりました。
みどりLive直前のリハーサル風景。
c0200002_17533428.jpg
展最終日の朝のLive“みどり”の田辺玄さん、森ゆにさん、青木隼人さん、
そしてLiveコラージュをした藤川孝之。
3人の織りなす音楽の美しい響きと呼吸。
変化する光を受けて変化をしていくコラージュの色と勢い。
そして、お越しくださったみなさんが、朝の時間ぴったりに始められるように来てくださり
Liveに皆集中したことで生まれた空気も素晴らしいことでした。
c0200002_18263861.jpg
もりかげ商店さんのお菓子はいつも素晴らしく、繊細に考えられていて
素直においしい。
Live用パウンドケーキを撮影しそびれて!本当に申し訳ない気持ちです。
穀物コーヒーの香ばしさとプルーンのしっとり感、ココナッツオイルのコクあるお味でした。


一緒に展を作ってくださった
永井久恵さん
藤川孝之さん
田辺玄さん
森ゆにさん
青木隼人さん
森影里美さん
優子さん

どうもありがとうございました。

搬入前にまず掃除から、
毎朝のオープン前の掃除の時間も一緒にすごしてくれている
久恵さんと優子さんには感謝の気持ちです。
その時間を一緒にすごしていると
おだやかに朝がまた始まると感じられ、心豊かな気持ちで
展のオープンの時間を迎えることができました。

これから、ご注文いただいた服を準備する日々。
そして10月24日(火)から29日(日)の巣巣さんでの
展の準備も並行していきます。

いつものように一歩一歩というtempoになります。
ご注文くださったみなさま 秋をあじわいつつ
少しのんびりとお待ちいただけましたら幸いです。

秋の空気は大切な時間。
刻々と変化していく空気や空、植物たちの様子。
どうぞよい時間をおすごしください。
c0200002_17540134.jpg
c0200002_17540775.jpg

by na-hira | 2017-09-16 18:13 | 展示会