<   2010年 06月 ( 11 )   > この月の画像一覧
夏の贈り物
今日、高知から素敵な食の贈り物が届きました。
それも、ワールドカップの切手がコラージュのようにたくさん貼ってあり楽しい。一瞬どこから来たのか分からないような味わいの小箱。どうもありがとうございます!

切手はタイミングよくその時の花や風物にあわせて使えるといいけれど、なかなかぴったりは難しい。ワールドカップ切手をここまでタイミングぴったりに使いこなすとは。すごいなあ、と。(昨夜負けたばかり。でも負けた気がしていない。そんな時に)送り主の方の笑顔が浮かぶよう。中身も高知の作り手が感じられる魅力あるものがセレクトしてありました。

早速この高温多湿な日々にぴったりな玄米茶を水だし用にガラスのビンへ。それだけで涼を感じさせてもらいました。
c0200002_1553239.jpg

by na-hira | 2010-06-30 16:02 | 日々のこと
cafe slowへ
今日は夕方、ふと思い立ち、自転車で国分寺にあるcafe slowに行ってきました。
人と人、人と地域、いろんなつながりが生まれるような活動をしているオーガニック、フェアトレード、スローがキーワードなcafeです。

始まった頃に比べて、今は時代が追いついてきた、という感じがします。これだけのムーブメントをじっくりと起こしたことに、行くたびに感嘆します。近所の人らしき普段着の人、遠くから訪ねてきた人を連れてきたという感じの人、若い女の子グループ。来ている人の幅の広さがいい感じ。気取りがなく、自然体。居心地のいい空間になるように、と考えられた裏の畑や緑が見えるゆったりとした間取り。

同じ敷地に最近開いたオーガニックの食材のお店にも入ってみる。自然米を使った発芽玄米酒粕というものが売っていました。初めて見るものなので、試しにクラッカーを作ってみようかと手に取る。

帰りは梅雨の中休みのきれいな夕焼け。
突然生まれた2時間ほどの休日モード。堪能しました。

c0200002_2293666.jpg

by na-hira | 2010-06-23 22:14 | 日々のこと
小さなキャンドルナイト
昨日は夏至の日。
どんな夜をすごしましたか?

短い時間ながら、我が家でもキャンドルナイトをしました。
今年はちょうどワールドカップ。世界的にテレビが普段以上に加熱しているのではと思います。
そんなときでも、少しでも。やってみるといいものです。
日本は地震の多い国。そして家の中にモノが多い人の多い国。
火の元には気を付けて。でも生活の中にろうそくの光があると、気持ちもリズムも切り変わります。

白夜でもないですから夏至見物にとはいきませんが、夕涼みの散歩もしてきました。
c0200002_19411730.jpg

5月の高知、terzo tempoにて。terzo tempoさんもキャンドルナイトのイベントをしたとのこと。
キャンドルがとても似合うところです。
by na-hira | 2010-06-22 20:02 | 日々のこと
ひまわりのチーズ
梅雨入りして、急に夏のようです。
こう暑くなると、ローフードのメニューも自然と増えてきます。

半年前くらいからローフードの考えを取り入れるようになっていましたが、今日は初のひまわりの種でつくる“チーズ”。要するに、ひまわりの種のディップです。なかなかおいしく、初めてのものを作る、というのは「食べる」という日常に新鮮な気持ちをもたらしてくれます。食後でも体が重くならないのがいいところでもあります。

ローフードについての本はまだ少ないですが、几帳面になりすぎず、どんどん食材も分量もアレンジしたら楽しめます。レシピが洋書だったりすると、オイルが多いので、お味見しながら抜いてもいいし。体と自分の舌の声を聞きつつ、というのがいいようです。
by na-hira | 2010-06-17 23:23 | 日々のこと
ルーシー・リー展に行ってきました
昨日ルーシー・リー展に行ってきました。

他の用件といろいろ兼ねて、などと思っているとどんどん先延ばし。でも見逃したら後々まで後悔する、と思う展覧会。とにかくそのためだけに行くことにしました。

なんといってもそこにある姿が美しくほれぼれしますが、色の探求も素晴らしい。宇宙のような、静かな湖のような、溶岩のような、いろんな色と質感の一体感。どれだけ多くの影響を広く深く残したか計り知れません。

ルーシーさんが80を越えての制作風景のフィルムが流れていました。その中で「ちょっと足を押さえていてくれる?」とインタビュアーに言って、深い窯から焼き上がった作品を自分で取り出すのですが、お腹に窯の縁があり、足が完全に宙に浮いて上半身を窯の中に入れて。そんなところもすごい。心と体と作品がどんどん高まっていく。そんな現役を生涯続けられた姿がまた感動でした。

6/21(月)まで。国立新美術館にて。
by na-hira | 2010-06-15 11:08 | 日々のこと
森とティッシュペーパー
今日知ったmorinokoeというサイトを見て、日本人のティッシュペーパーの使用量がアメリカの3倍で世界一、と知りました。

1人あたり年間200枚入りの箱、18個分!その中で100%古紙使用というのは6%しかないそう。確かに、100%再生紙、というのは普通のお店ではなかなか売っていません。そしてその20%はオーストラリアのタスミニアからの木材チップで、貴重な原生林を切ったものが原料になっているとも。それが何十年も使われる家の柱や家具になるのではなく、日本の使い捨てのトイレットペーパーやティッシュになるとは。生物の多様性、木の種類としても世界的に貴重な、そして地元の人がなにより大切に思っている原生林が、です。

先日風邪をひいた時、ティッシュをあまりに消費している自分にまずい、これは…、と感じていたところでした。普段の使用量より非常に多かっただけに、どうしたらいいんだろう?と。元気な時でも日常で結構使ってしまうことに、はたと気づきました。フランスではティッシュが高くて、1回で捨てずに何回も使用するのが当たり前、という光景をよく見ましたが…。(広告では「何度も使える!」と強さをキャッチフレーズにしていたぐらい)

まずは柔らかで薄手の布の4辺をぐるっとロックミシンをかけて、試作として「布ティッシュ」を数枚作りました。(もちろん洗って使うため。)ちょっと、というときにペーパーではなくこの布を使うことにしました。
by na-hira | 2010-06-10 22:06 | 日々のこと
くまがいのぞみさんの器
くまがいのぞみさんが仕事場に立ち寄ってくれました。

楽しみにしていた、くまがいさんの器。まっすぐ器に向き合う姿勢が感じられると同時に、人柄が表れあたたかい。どんぶりのようにもなるし、テーブルの真ん中に置く和え物などにもぴったりです。

その後の予定があると知りつつ、豆乳の葛プリンを一緒に食べながらそれぞれの秋の予定など話す。あっという間の時間。
今晩早速使い始めました。
c0200002_2218312.jpg

by na-hira | 2010-06-08 22:38 | 日々のこと
天衣無縫のスパイラル展
昨日の朝、天衣無縫のスパイラルでの展示作業のお手伝いに行ってきました。「天衣無縫」とはオーガニックコットンのブランドです。

現在「自称オーガニック」というものが溢れ、なんでもありの状況。その中で、天衣無縫さんはオーガニックコットンの中でも最上の綿を使い、混ぜ物無しにオーガニック。また、「GOTS」という世界的に信頼性の高い、厳しい基準をクリアする必要のあるオーガニック認証を取得しています。認証を取得、と一口にいっても、ものすごいエネルギーと時間とお金がかかります。生産で関係する様々な工場にも検査官がまわります。(もちろん農場にも)
そんなお仕事に関われるのは、ご縁でありうれしいこと、といつも思います。
表参道はオーガニックのお店が多い地域。関心のある方は、そんな切り口の散策も楽しいところ。6/13(日)まで、スパイラル 1Fのショウケースにて。近くに行かれる方はお立ち寄りください。
by na-hira | 2010-06-08 11:02 | お知らせ
夏みかんとざる
国立にある黄色い鳥器店に行ってきました。

国立北のお散歩道の活気(といいつつ、静かなところです)の牽引役的存在の器店。楽しいみつけもの、使ってよかったな、と思うものなどのある、時々うかがうお店です。そして高知のサプライズの人、とは器店のご夫妻です。行動力、フットワークがすばらしい。徒歩の私は歩くか電車の行動範囲が日常ですが、思いきっていろんなところへ自分が行ってみることの大切さを感じます。

店主高橋さんとお話しつつ、いろいろ見る集中のひととき。それから1つざるを買いました。きゅっと4点小さな足のようなとんがりがあって、ざるがべたっと下に付かない形は美しく優れもの。一つ丸いタイプを愛用していますが、もう一つ買い足したくなり。
ご実家からという夏みかんとレモンもいただいて。半年前くらいから毎朝果物のシュースか柑橘類を食べています。明日の朝いただくのが楽しみ。
c0200002_1643636.jpg

by na-hira | 2010-06-06 16:49 | 日々のこと
ラジオゾンデのライブ
展示のときにLiveしていただいたり、おつきあいがある青木隼人さん。高知でもterzo tempoの持っている空気とぴったり合って、とてもいい演奏会でした。その青木さんが津田貴司さんと2人で活動しているラジオゾンデのライブが6/19にあります。

新譜、とてもいいです。私には始まりの一音目からはっとするような音楽でした。いろんな人が自分のイメージをふくらませて、あるいは静かで広がりのある新鮮な空気を作ってくれる存在として、…いろんな聴き方、感じ方のできる音楽なのでしょう。今はi-podに入れないでCDの曲順のまま、何周も聴いています。Liveの場所は自由学園明日館。いろんな意味で、とても楽しみ。おすすめLiveです。
by na-hira | 2010-06-04 16:27 | お知らせ