<   2011年 07月 ( 22 )   > この月の画像一覧
「東北の底力、心と光。」展
昨日、六本木の21_21DESIGN SIGHTにて、東北のもの作りの展に行ってきました。

もっと早くお知らせできたらよかったのですが…。今日までなのです。

会場内、昔の白黒の映像が流れていて、東北のお祭りの音色、踊り、山車など。本当に短い映像なのですが、涙の出る気持ちになりました。自分が東北出身ではなくても、普遍的な力があり、そしてそれは今も生き生きとしているのかどうか?と考えると。

長い時間かけて壊されてしまったもの。それはいろんな要素がからみあってのことです。
その中で本当に頭の下がる思いになる、日々まっすぐ注力されてきた方がいることのわかる展示、講演でした。

どのようにこの貴重で魅力的な技術や文化を引き継いでいけるのか。

自分でも今度訪ねて行ってみようと思っています。
by na-hira | 2011-07-31 17:03 | 日々のこと
8/5「藤村靖之の非電化の夕べ」
今、藤村靖之さんの本「月3万円ビジネス  非電化・ローカル化・分かち合いで 愉しく稼ぐ方法」を読んでいるところです。
いわゆる世にあふれたおこずかいを稼ぐためのビジネス本ではありません。
これからの生き方、どこでどんなふうに暮らしていこうか、と考えている方。半農半Xに興味を持っている方にも参考になる本と思います。

読みながら、「この暮らし方、仕事の仕方はもう身近なところで始めている人がいる、いる」という感じでもあります。

そして、昨日偶然にも藤村さんの講演会(夕べ、とありましたが)のチラシを見つけました。

8/5の夜です。

藤村さんはユニークな発想が湧き出る方で、本当に頭が切れる。そして大きな視点がある。同時に、いいなあ、とか愉しいとか、すてきだな、という気持ち、共感し合うこと、を大切に考えているのがわかります。言葉にしてみれば言えるけれど、これを本当に実現できるのかな、というプロジェクトを本当に実現させてしまう方です。
c0200002_1162139.jpg

by na-hira | 2011-07-27 11:22 | slow life
仕事場に鳥がやってきた
昨日、仕事場に鳥がやってきました。
(というか、マスミツさんが連れてきてくれました。)
マスミツケンタロウさんの鳥です。

この鳥が気持ちよく飛べる空間になっていきますように。
c0200002_1040124.jpg

by na-hira | 2011-07-26 10:41 | 日々のこと
今日は匙屋さんでかき氷
12時開店ちょうどをめざして行ってきました。

たいやきやゆいさんが、今日はかき氷を作る日。
国立の匙屋さんという空間とぴったり。

あずきはもちろん、苺やあんずを煮たり、牛乳を湯せんで煮詰めたという練乳など。どれもゆいさんが作ったシロップ。

苺を大量に準備した話しを聞いていたので、イチゴ練乳がけにしました。
苺の実がたっぷり入っていて、シロップというよりジャムの手前の軽やかなソースという感じ。
確かに(注文の時、かよさんにやっぱりイチゴには練乳でしょう、と言われました)苺とミルクは黄金の組み合わせでした。
氷もふわっとした削り上がりで、やさしくておいしかった。
気持ちのいい風を感じ、風鈴の音、次々訪れる人。
解けていく氷をただ食べることに集中するひととき。

シロップがなくなるまで、とのこと。
お近くの方はぜひ、体験してほしい味と風と風景です。
by na-hira | 2011-07-24 13:34 | 日々のこと
自然の力ーその続き
自然の力が人間にとっての恵みとなる。
と同時に、ものすごいパワーで破壊する力も、もちろんあります。

今回の台風の影響で大変なことがおきている地域がたくさん出たということ。
本当に一筋縄ではいきません。
みなさんの無事を祈るとともに、家や畑や田が無事でありますように。

小さくても細長い日本。
確かに1駅、2駅となりで土砂降りになって、帰って来てみれば、まったく雨が降っていなくて道路が乾いている、ということが日常でもあります。それが100km,200km離れれば予想もつかないくらいの違いになる。

人と人、直接つながった付き合いの人が遠くにいると、もっとちゃんと知らないといけないな、と反省。
ニュースの見出しが1行だとしても、実は大変なことがおこっていることは多々あります。
より実際に起きていることを知ろうとすること。そして想像力を働かせること。
by na-hira | 2011-07-22 12:13 | 日々のこと
自然の力
今日の爽やかさな気温、風には感激。
こんな爽やかな日が7月に戻ってくるなんて、と。
このところの湿度と暑さはどこへやら。素晴らしい!と誰に向かってということもなく、言いたくなります。

特に東京の夜の暑さは胸苦しいほどです。
みなさん、今日はぐっすり熟睡してくださいね。

c0200002_2011346.jpg

by na-hira | 2011-07-21 20:12 | 日々のこと
今朝のスムージー
今朝は小夏、バナナ、豆苗(グリーンピースのスプラウト)のグリーンスムージー。
明るいグリーンで爽やかな組み合わせになりました。
以前のミキサーだとパワー不足で繊維が残ってしまいましたが、
パワーのあるものになったおかげで、ちゃんと軽やかに仕上がりました。

近所のスーパーの有機コーナーはほとんど空っぽ状態で、もうない、という状況に等しい。
東京に帰って来たら、また何を買って食べていいのか、途方にくれる。
冷蔵庫の野菜室を一回空っぽにしよう、と夏野菜カレーを再びつくる。

高知で買った干し竹の子でも一品作る。

この先長いのだから、食はどうにかしないと。
少しでいいから野菜を作れる環境をつくりたい、と思う。
by na-hira | 2011-07-20 10:33 | 日々のこと
高江の歌
先日ある人のLiveにて。
七尾旅人さんの「高江の歌」をカバーしているのを聞きました。
みんなが覚えて帰って、一人一人とこの曲を広められたらいいね、と。
by na-hira | 2011-07-18 17:26 | 日々のこと
今年でさえも冷房対策
今年は冷房が弱くなると想定していたけれど、現実はそうはいっていないように感じます。

電力は本当は足りている、というのは本当のことと思います。
でもだからといって、電気を必要以上に無駄に使わなくてもいいはず。

昨日は東京の西に向かって電車とバスに乗りました。
冷房でがんがんに冷えていて。
ストールを持参したくらいでは足りず、家に帰ってちょっとダウン。
肩のあたりが冷えてしまってガチガチに。

どうしてエアコンは進化しないのだろう?
たいがい「心地いい」という環境は作れず、冷え過ぎてしまう。
家電製品は無駄な機能やボタンは増えても、シンプルにちょうどいい、ということはできません。

それだけ、自然の風の心地よさ、というのは偉大なんだなあ、とあらためて。
行った先のお家では、本当に心地のいい風が吹いていて、なんて気持ちがいいところだろう、と感激しました。

でもこの暑さ。風の通らない場所ではやむを得ない、と思う日々。

機械が自力でコントロールできない分、人間側がリモコンを手近なところに置いて、こまめに消したり、点けたりするということでしょう。
以前、あまりに寒すぎた電車で、たまたま一番後ろに乗った時。車掌さんに寒すぎると思いますが、と伝えたことがあります。がまんだけでなく、機械のスイッチを握っている人に感じたことを伝えることも必要。
by na-hira | 2011-07-18 15:42 | 日々のこと
高知で買ったもの。 夏みかん、生姜、にんにく
高知の市場でたくさん売っていたにんにくや生姜。
豊富なだけに、みんなどんなふうに使っているのだろう、と思う。

朝の時間に、1日の食事の中心を作ってしまうリズム。
というわけで、なんとなくニンニクは使いたくても、使うタイミングをつい逸してしまいます。

でも生姜は1日中OKなので、いろいろに。
今朝のグリーンスムージにも使ってみました。
高知の夏みかん、バナナ、実家で採れたモロヘイヤ、そして高知の生姜を小さく1かけ。
なかなかさっぱりとして合いました。

生姜は夏野菜カレーにも使ってすでに活躍開始。
c0200002_11192195.jpg

by na-hira | 2011-07-16 11:20 | 日々のこと