<   2012年 03月 ( 21 )   > この月の画像一覧
椿とルッコラ
花の季節になりました。
c0200002_22291062.jpg

展の時にいただいた椿は、はっとする葉のつややかさ。
花も華やかで、普段椿というものを
ちゃんと見ていなかったことに気づかされました。

そして高知から届いた野菜の箱を開けると、
ルッコラの花が。
c0200002_22293442.jpg

桜、梅、木瓜(ぼけ)、沈丁花、椿。
街の中にも花が色とりどりに咲き、
冷蔵庫の中にも菜の花、ルッコラ、ふきのとう…。

花もいろいろ。
みなさん花の季節を楽しんでおすごしください。
by na-hira | 2012-03-31 22:32 | 日々のこと
新潟にて人に会う
新潟ではF/syleのお二人、五十嵐さんと星野さんを訪ねました。

昨日はお話している中で、「FOR座REST」のことを伺いました。
福島市にて音楽、アート、文化に触れるイベント、ということです。
ただ触れる、というよりもシェアリングの時間をもうけるなど
「楽しみ・学び・共有・発信・継承」とうたっているだけに主体的な人と人の
出会いと体験の場であるようです。
ちょうどそのために今日は五十嵐さん、星野さんも福島に行くとのこと。

以前の写真をHPで見たら、いい顔、いい風景がたくさんあって
お話からも主催者の方とのいいコミュニケーションがあって
きちんと関係を築いていらっしゃるのが伝わってきました。

今日と明日、ということです。
by na-hira | 2012-03-31 14:01 | 日々のこと
新潟にて
村上、新発田、新潟へ。
いろんなところで出会った人の「人を迎える」という姿勢に、
感銘を受ける。

今回、雪割草には考えもしなかったほどたくさんの種類が
あると知りました。
c0200002_23301027.jpg
c0200002_23295524.jpg

by na-hira | 2012-03-29 23:33 | 日々のこと
展が終了しました
昨日、春の展を無事終了することができました。

お越しくださったみなさま
どうもありがとうございました。
そしてHPやBlogを見てくださったみなさま
どうもありがとうございます。

今回は陶芸家のくまがいのぞみさんに全面的に
ご協力いただいて、本当にうれしく貴重な日々でした。
くまがいさんの器でお菓子とお茶を飲むひととき。
そして作品も手に取っていただいて。
私の不手際でDMに載せることができず、
ご連絡不足になり本当に申し訳ありませんでした。

それでも沢山の方が器を手にとって
器のたたずまいと手に取って飲んだ感触に
歓声を上げているのを目にして、
ほかほかとうれしい気持ちになりました。

お料理ではプロ級の腕前を持つくまがいさんが
毎日おいしくかわいいおにぎりをお昼に用意してくださって
感激の日々でもありました。
(私はおかず担当。でも、1日分は持って行き忘れ!!)

くまがいさんの食に対する気持ち。
食を大切にするということは、その人そのもの、心と体を大切にするということ。
そして食と器はしっかりと一体となって結びついている、ということを
いそがしい日々の中できちんと営んでいる姿が
作品に映されていると感じました。

だからこんな気持ちのほっとする、それでいて
きちんとていねいな気持ちを感じる器なんだ、と。

この春の展では、くまがいさん以外にも
たくさんの方のあたたかいご協力をいただいて
気持ちがほかほかとあたたまる毎日でした。

TAIYODOの菅藤さんにはおいしく味わいのある焼き菓子を
たくさん準備していただいて、うれしいことでした。
「ボタンの穴かと思った!」というお声もいただいた
小さな12という文字入りサブレ。
こんなにおいしくかわいらしいサブレを実現していただいけて
よかった!と思いながらの会期の日々でした。

お越し下さったみなさまとお話できることも
本当にいつも大きなエネルギーです。

これからご注文いただいた服を準備する日々に入ります。
by na-hira | 2012-03-27 14:30 | 展示会
とうとう最終日
展も月曜日で終了です。
あっという間の1日、1日です。

今日は何年ぶりかにパリで親しかった人が
ふらり、と来てくれてびっくり。
他にもいろんな人やいろんな所のつながりのある方に
出会うことができて、うれしいことでした。

飾った吉野桜も満開になって、
とうとう春。
明日も会場にてお待ちしています。
by na-hira | 2012-03-26 00:12 | 展示会
今日から
代々木上原のhako galleryにて、展が始まります。
改札を出て、そのまま行くと正面にある階段を降り、
さらに駅のビルのような通路を行きます。
終わった所が東口です。

会場にてお待ちしています。
c0200002_858262.jpg
c0200002_8581229.jpg
c0200002_8582319.jpg
c0200002_8583553.jpg

by na-hira | 2012-03-23 08:59 | 展示会
くまがいのぞみさんの器
くまがいのぞみさんの器。
準備が順調に進んでいると連絡があり、
本当によかった、と搬入の明日が楽しみになっています。
明日写真を撮るにしても、いただいたアトリエからの写真を先に。
ミニカップと豆皿の色の展開もあるとのこと。
c0200002_1439453.jpg

搬入前日はどたばたするのですが、
先ほど高知の霧島畑さんからの野菜が着き、
なんだかクールダウンというか、ウォームダウン。
(ほんわかした気持ちで落ち着くイメージ)

いろいろ送っていただいている中でも、
菜の花はなぜか特別扱いの気分です。
ビタクラフトで1cmくらいの水を入れ、葉を入れてフタ。
少し置いて、ふたを開けるとしんなりしているので
塩とオリーブオイルをからめて、水を飛ばしておしまい。
おひたしよりさっとできて、時間がない時も魔法のように
ささっと1品。
オリーブオイルも塩も、お気に入りさえ手元にあればなおよし、です。
c0200002_1441639.jpg

by na-hira | 2012-03-21 14:46 | 日々のこと
ふらりと
今回タイトルにした言葉について、前回書きましたが、
春のお散歩と思ってどうぞお気軽にお越し下さい。
私自身の中でのテーマと着て下さるおひとりおひとりのテーマ
(大切にしていること)
が違うのが、いいところなのですから。

ギャラリーにはゆったりしていただける椅子もあり、
今回は春のお散歩らしい場になりそうです。
c0200002_1014015.jpg

窓辺に入る光りも春らしく、確実に変わってきました。
このアロマティカスも大分大きくなりました。
多肉植物+ハーブというおもしろい存在。
by na-hira | 2012-03-20 09:21 | 日々のこと
展まであと少し
今日を入れてあと5日で展が始まります。

「自分を開く」とは…。
これで書き出すと長くなってしまうテーマです。

自分が思っている程、自分の感じていること、考えていることを
隠す必要がない、ということに気づくこと。

自分の心も、そして体も無理に包み込まなくていい。
もちろん誇示する必要もない。
必要のない力を取り去ってみる。
自分らしくいられている、という感覚。

体と布とのつかず、離れずの距離感を、
それぞれの人の落ち着くところに着地できたら。

ということは、今まで歩んできたnatsuno hiraiwaの道のりの
線上にある言葉です。

ゆっくり育てること、ゆっくり変化していくこと。
そのゆっくりさを受け止めて下さるお客様には
いつも感謝の気持ちです。

くまがいのぞみさんの器の作品にも、
くまがいさんのじっくりていねいに向き合う時間を感じさせます。

TAIYODOの菅藤さんのお菓子も、ひとつひとつに向かう
様子が伝わってくるようなお菓子です。

藤川孝之のポストカードとオーガニックタオルも並びます。

自分の共感、共振する気持ちが
今回の展のつながりと広がりとなっています。
by na-hira | 2012-03-18 11:12 | 展示会
フジカワエハガキ2周年
今週はフジカワエハガキが開店して2周年の週末。
ということで、昨夜フルーツケーキを焼きました。

ひっそり静かな国立駅から西に向かう方面への変化が
始まって数年。
そうはいってもこんな遠くまで、と感動するくらい
西から、北から、遠くから東京のこの地まで
旅して来てくださる方もいると聞いています。

来て下さってありがとうございます、という感謝の気持ちの
小さなケーキですが、今日明日と準備しています。

新しい絵はがきはもちろん、
藤川の絵を使ったオーガニックコットンタオルの
新作も出来上がったばかりです。
3月といってもまだ肌寒いので、あたたかくして
春のお散歩に、どうぞおでかけください。
c0200002_10414322.jpg

by na-hira | 2012-03-17 10:46 | お知らせ