<   2012年 06月 ( 16 )   > この月の画像一覧
ミンナ展在廊日。そして、へちま。セージの花。
ミンナ展、今日も晴れ。
梅雨の会期を設定した段階で、こんなにお散歩日和に
恵まれるとは、想像もしていませんでした。

私は梅雨の冷房の始まる頃に熱を出すことがありますが
今回、しまった!という感じに風邪の始まり。
しっかり今日のうちに治るように、と自分にも言って聞かせています。

会場にいる予定は
7/1(日)5時くらい〜
7/6(金)4時くらい〜
7/7(土)4時くらい〜
と考えています。

もちろんもっと行けるようであれば、会場に行きたいと思っています。

私自身のポラロイド写真は壁の一角なので、
ファイルにも入れ置いてあります。
フジカワアトリエとなっている、奥の小部屋に
ポラロイドのファイルが置いてあります。
どうぞ遠慮せずに、奥の部屋もご覧下さい。

奥でデッサンをしている時でなければ
奥の部屋のドローイングも手に取って見ていただけるようになっています。

絵や写真、音楽、箱。人や場と時間。そして、おいしいもの。
みなさんにとって、いい出会いがありますように。

c0200002_15111986.jpg

へちまの芽をいただきました。
へちまの実の大きさをイメージして、深さのある鉢に入れてみました。
移住後1週間、すでにここで育ちそうな気配。
c0200002_151335100.jpg

セージの花。
本当に不思議な花で、去年は咲かなかったのですが
今年すっくと1つ立ち上がってきました。
線香花火のように、ゆっくり。
終わったかな,と思うとぽつり。
またぽつり。と咲くのです。
by na-hira | 2012-06-29 15:21 | 展示会
ミンナ展始まっています
昨日から始まったミンナ展。

昨日は特に盛りだくさんな1日でした。
まずは青木隼人さんのモーニングライブで展が始まりました。
base cafeの朝食付き。
到着した方から順に朝食が運ばれ、思い思いに話したり、食べたり。
その時から青木さんが演奏を始めていたので、ギターを聞きつつ
朝食というリラックスした時間の始まり方でした。
井の頭線のゆっくりな音、キッチンから聞こえる音、からすの声、車の音。
食べている気配も含めて、いろんな音が混じり合い、一体となった感じ。
c0200002_20143817.jpg

朝食は初夏を感じさせる内容。
小さな一つ一つに丁寧さが感じられるお味で、ゆっくり味わいました。
お味噌汁は具の野菜が小さなキューブの形に切られていて
野菜のスープのようなイメージ。
これも優しく軽やかなおいしさでした。

c0200002_20105292.jpg

入り口には今回の展のカード印刷に使った箔のフィルムが
貼られています。

いつものbase cafeと違った場になりつつ、
しっくりなじんでいる、という絶妙な感じです。
特に奥の部屋がフジカワアトリエにしっかり変わっています。
by na-hira | 2012-06-28 20:19 | 展示会
ポラロイド写真ポストカード
base cafeさんでのミンナ展に向けて、
ポストカードの仕上がりが手元に届きました。

ギリギリの日程の中、しっかり間に合わせてくださって、
本当に印刷会社の方には感謝です。
夜も週末も関係なく進行しているらしく、
一回も現場に行ったことがないのが申し訳ないくらいです。
大量に仕事をしている会社だと、働いている人がいることを
忘れられがちですが、ここはいつも「すごいなあ…」と感心しています。

このできたてのカードも会場に並ぶことになっています。

白黒の写真はimpossibleのフィルムを使用した写真。
カラーは冷蔵保存していたPolaroid社のフィルムと
やはりimpossibleのフィルム、両方使用しています。

ポラ好きな方も、ぜひ見にいらしてください。
impossibleのフィルムは使い始めたばかりですが、
体験して分かる範囲のことならお話できます。
by na-hira | 2012-06-25 12:38 | 日々のこと
ヨガとアーユルヴェーダ
「アーユルヴェティックヨガ」というヨガをしてきました。

アーユルヴェーダについては入門的な本を見ても
なかなか実感として理解しにくかったし、
インド発祥というと熱帯と温帯で随分人の体自体も違うだろうし
気候も食事も違うし、と知る前からきっと
思い込みで理解がストップしていたところもあります。

それぞれの状態の時に合ったヨガ、ということで
3種類を順に体験することができました。
それによって、それぞれの質を実感として理解することができました。
もちろん本当の入り口の理解ではありますが。

考え方には熱帯温帯に関係なく通じるところがあり、
日々の中に取り入れてみると
きっと効果的だろうな、という感触でした。


考え方としておもしろいのは、ヴァータ(風、空)ピッタ(火)カパ(水、土)
という3つの気質が安定して増えない時がOK.
バランスをくずしてある気質が増えたとき、
それをやわらげる、おさえることをしていく、ということ。
減ったものに関しては何もしない、とか。

なので同じヨガをしても、人によって
もともと重く沈む要素が多いとき、落ち着かせる要素が多すぎれば眠くなったり。
心があわてていて急ぎがちな状態から心が落ち着いてクリアになったり。
本当に人によって、自分の状態によって反応が違うのはあたりまえなんだ、
ということを体験。

これは何に関してもいえることですが。

ヨガマットの上でなくても、
歩く、呼吸する、という日常の時間の中で
意識さえすれば、すぐ取り入れられそうです。
by na-hira | 2012-06-24 15:36 | 日々のこと
吉祥寺にて打ち合わせ
c0200002_23324431.jpg

ミンナ展に向けての大詰めの打ち合わせ。
今回の展で、私は「展の記録」撮影ということもあり
打ち合わせに行くのは楽しみな時間。
どんな写真が今日は撮れるかな、と。

base cafeさんでの打ち合わせの後、outboundさんへ。
私自身は黒子的にいて、ポラロイドで写真を撮る。
会期中の風景や人もぜひ撮りたいと思っています。
by na-hira | 2012-06-21 23:39 | 日々のこと
吉祥寺〜三鷹、さよなら原発パレード
さよなら原発デモ=パレードに行ってきました。
c0200002_18322819.jpg

今朝、意外なところから「行く?」と誘いがありました。
展も終えて、今日は参加できる、ということで行ってきました。

井の頭公園のグラウンド。
草っぱらに集まる人はのどかな風景。

今日の参加者は254人とのこと。
数字で聞くと小規模で意味があるのか、と感じられるでしょう。
ですが4Kmの道のりの中で、思った以上にこの意思表示する人たちの列に
手を振る人、ぼーっと見つめる人がいました。
日曜日で晴れたから、沿道には家族連れも多くいて、
マンションから、バスや車から見ている人もいました。
外国人の人が写真を撮ったり、メモしたりという姿も。

かえって小規模でも住宅街に近いところで
パレードすることの良さを感じました。

原発はいらない、止めてほしい、という意思表示の声を実際の声として
一人の普通の人が発声できる体験はとても大切と感じました。
見えない圧力を実際以上に意識して、
人が自ら口をつぐむことこそ怖いこと、とこの頃感じていたのです。

自分の考えていること、感じていることを
これからも恐れず口にできるように。
恐れがあったとしてもそれを越えて、誰かと共有できるように。
そんな祈るような気持ちになりました。
by na-hira | 2012-06-17 18:47 | 日々のこと
ポラロイド写真による展の記録 base cafeにて
c0200002_1557373.jpg

6/27(水)から7/8(日)、吉祥寺にあるbase cafeにて。
今回の展は「ミンナ」というタイトルがあることもあり
関わる人も多いので、各イベント、人ごとにDMやチラシを
作成しています。
私もポラロイド写真の展示のDMを作りました。

「ミンナ」展に関わる人の写真たち。
あとまだ撮らせてもらっていない大切な人がいるので
展前までに撮影できるようにしたいと思っています。
by na-hira | 2012-06-12 16:09 | 展示会
梅雨の晴れ
昨日東京も梅雨入りしたとか。
それでも今日は朝から青空。

ちょうど展も終え、発送も進行中ですが、
今日のような晴れは、新たな気持ちになるのにぴったり。

昨日はヨガもして、やっと無駄な力が
抜けたような感じです。

先日撮影に行ったbase cafe。
行くと思うのは主催する奥津友吾さんも、他の方たちも
今、ここに心を集中させて向き合っている、というのが伝わってくること。

そう思うと貴重な時間に立ち合っていると実感します。
だからこ生まれるエネルギーなんだ、と納得。

カフェ開店直前の限られた時間。
「忙しい」状況であるはずなのに、心を亡くさないで
こちらにはゆったりした気持ちさえ感じさせて、今にいる奥津さん、深澤さん。

いいエネルギーをたくさん受け取って
自分自身の振り返りの時間にもなるような余韻を残してくれました。
by na-hira | 2012-06-10 11:58 | 日々のこと
ポラロイドで参加する展
以前この場でお伝えしたベースカフェでの藤川孝之展。
タイトルは「ミンナ」。
ということで、藤川孝之の展という内容でありつつ 、
共感する人が何人も関わる広がりのある展になります。

私はポラロイドで展の準備の風景、アトリエなど撮影し、展示に参加します。
c0200002_19185152.jpg


ポラロイドカメラはパリに行く時、お祝いでいただいたもの。
そう思うと大分年季が入っています。
昔では考えられない、フィルムの生産中止、という状況にもなり
この展を機会に、自分で冷蔵保存している期限切れのポラフィルムの
使い納めになるかもしれません。

昨日は撮影に吉祥寺へ。
撮影に行ったオーガニックベースとベースカフェの帰り道、
思わず「面白かった!」という気持ちになりました。

面白かった!という言葉が心に湧き出てきたのは、わくわくする
密な時間があっという間に過ぎる感覚だったからと思います。

撮影の面白さ、人の面白さ、時間を共有する面白さ。
いい刺激をたくさんいただいた時間でした。
その上、base cafeのおいしいお昼までいただき
帰り道、ほーっと深く染み入りました。

丁寧に作られた充実のランチはあっという間に満席に。
満足感があるのに、あとになって心も体も軽やかでいられるのです。
さすがだなあ、といつも感じ入ります。

もちろん次々物事が決まっていく現場に立ち合って、
それを撮っていいのですから、貴重な時間でした。
最近だと遠慮して人をあまり撮っていませんでしたが
いい機会をいただいた気持ちです。
by na-hira | 2012-06-09 19:26 | 展示会
今日の本
小出裕章さんと中嶌哲演さんの対談の本「いのちか原発か」を読みました。

40年以上前から原発に反対し、止めようと活動されてきたお二人の対談。
小出さんはいつも、非常に明確でわかりやすい言葉で語ってくれるので、
有り難いし、ずっと元気でいてもらわないとこまる非常に重要な人。

中嶌哲演さんは小浜にあるお寺、明通寺の住職をされている方。
私はなぜ若狭が原発銀座になったか、というのを知らなかったのですが
その過程を知りました。

「日本人、フランス人、アメリカ人」という大きいくくりではなく、
「自分」はどう生きるのか、ということにつながる話しです。

「…ほんとうに、自分のいのちを大切にしてほしいと思いますね。

わたしが言うのは、生きているという生命体としての“いのち”ではありません。
その生き方です。
人間はどうせ死ぬんですから、生きるか死ぬかなんて、そんなことはどうでもいい。
でも生きているかぎりは、生き方を大切にしなければいけない。」
小出さんの言葉から。
by na-hira | 2012-06-08 19:17 | 日々のこと