<   2012年 08月 ( 13 )   > この月の画像一覧
生地産地を訪ねて
昨日は愛知の一宮まで行ってきました。
長年会いたいと思っていた方がしている生地の会社を訪ね、
それから生地作りの中の「織り」「染め」の工場も
訪ねることができ、濃い1日となりました。

作業工程を同じ地域で分業化しているため
チームワークのよさが品質や仕上がりのイメージに
はっきりと反映されるということがよくわかりました。

協力関係が素晴らしく、
コミュニケーションがしっかりしているのを知ると
こちらもわくわく期待がふくらみます。
これだけ多くの行程に、多くの方が関わっているのを見ると
いかに目指すイメージを伝えて最終形に持って行くか。
大変なこととあらためて感じました。

そして、昨日も暑い1日でしたが
どこもエアコンも効いていない中(開け放ち風を通していました)
染めの熱、乾燥させる熱などの中、
体をしっかり使ってきびきびと仕事されていて
感動と感謝の気持ちになりました。
機屋さんの温度計は35度。
それでも風が通って気持ちいい、と感じる場所で。

とにかく1日中、背筋が伸びる気持ちで感動しました。
昨日はあわてて写真をとりましたが、あらためて
写真を撮りたい気持ちになる現場の光景でした。
c0200002_18331626.jpg

糸の並ぶ様は圧巻。
縦糸をきれいに並べて織り機にセットする準備の始まり段階です。
c0200002_18332883.jpg

なんと織り機がHIRAIWA!!
びっくりしました。
c0200002_18334619.jpg

乾燥機の隣で糸を整えている方。
熱が横から来る場所でも、笑顔できびきびと。
いいパワーをたくさんいただきました。
c0200002_18335961.jpg

by na-hira | 2012-08-31 18:41 | 日々のこと
夕焼けとヨガ
夕方、仕事場から見える南東の空が夕焼けの気配。
ということは西の空がきっときれいなはず、と
急いで外にでてみました。

夕焼けの見えるところまで行ってみると
刻々と変化する夕焼けを見ることができました。
夕焼けの大きい空を見上げつつ
ヨガを少しして、体も心も気持ちよくほぐれました。
外でヨガをすると、気持ちが解放されます。
空ってすごいな、とつくづく。
c0200002_20485013.jpg

by na-hira | 2012-08-29 20:50 | 日々のこと
東北コットンプロジェクトのタオル
昨日は所用で横浜に行ってきました。
そこで、天衣無縫横浜店にも立ち寄ってきました。

東北コットンプロジェクトのタオル。
津波で稲作ができなくなった農地に去年コットンを植え、農業再開。
(稲作に比べコットンのほうが塩分があっても生育するということです)
農家、紡績、製造、小売店、そして使う人へつながるプロジェクトです。
去年の台風15号の被害で収穫量は73Kg。
貴重な東北コットンを2%、認証済みのオーガニックコットン98%をブレンドした
糸を使用しています。
c0200002_11431193.jpg

東北コットン綿も農薬化学肥料を使用せず、大勢の方が
草引きなどに出かけて育ったもの。

多くの人の手間と愛情と時間をかけてでき上がった
タオルを有り難く使おうと思います。
写真は今朝1回洗って干した状態。
by na-hira | 2012-08-28 11:46 | 日々のこと
滝乃川学園にて
今日のクニョロン祭。
滝乃川学園でのゆるやかなお祭りの風景は
やっぱり旅気分でした。

みんなのんびりとしている。
蝉は切れ目なく、鳴き続けている。

昔ながらの夏らしい夏の景色を思い出しました。

青木隼人さんのライブもよかった。
音のあたりが柔らかいようなピアノ。
礼拝堂の中まで、途切れずに聞こえてくる蝉の声。

夕方、フジカワデッサンを終えた藤川、ライブを終えた青木さんと
バスに揺られて国立へ。

空いたバスの座席から小さな納涼祭が2つも目に入る。
そんな風景も、深い並木の緑も、のんびりと感じられ、
日常がこんな風にゆっくりと目に映る1日、というのも
なかなか新鮮なことでした。

夏休み最後の日という気分になるような午後だったから
明日からは新学期、という気分かな。
c0200002_2116959.jpg

古い窓のガラス越しに差し込む光りは
ゆらゆらとしていました。
by na-hira | 2012-08-25 21:20 | 日々のこと
今日、明日はクニョロン祭
夏休み最後の青空、というイメージの毎日です。
今日、明日は南武線矢川駅に近い滝乃川学園で
クニョロン祭があります。

藤川はもう出発して、フジカワエハガキとフジカワデッサン
ということで参加しています。
c0200002_9363284.jpg

今日は青木隼人さんの演奏会が15:00から礼拝堂であることもあり
クニョロン祭を見に行ってきます。
日本に現存する最古のアップライトピアノがあり
青木さんがそのピアノを演奏するとのこと。
とても楽しみ。

南武線の矢川駅からか、国立からバスで矢川駅行きも
バスがたくさん出ています。

夏の雑木林の中にある歴史的建造物になっている記念館と礼拝堂。
ちょっとした旅気分になることでしょう。
敷地内に建物がいくつかあるので学園のHPで確認してからお出かけください。

c0200002_9452270.jpg

これは記念館。
by na-hira | 2012-08-25 09:46 | お知らせ
クニョロン祭
今週末8/25(土)26(日)にクニョロン祭があります。
c0200002_10381633.jpg

矢川駅から徒歩7分のところにある、
滝乃川学園の地域交流棟と礼拝堂にて。
敷地内に入ると高原にでも来たような気分が味わえるところです。
小さな川が流れ、木々が茂り、静なところです。

フジカワエハガキが出店することになっっています。
25(土)15:00〜は青木隼人さんの演奏もあります。
他の参加者の方はどんな出店をして、どんな様子か、
行ってみてのお楽しみです。
by na-hira | 2012-08-22 10:39 | お知らせ
「夜の木」という本
先日、「夜の木」という絵と物語の本を受け取りました。
翻訳をされた青木恵都さんが本のことをお知らせ下さって
ぜひ手に取って見たい、と1冊お願いしていたのでした。
c0200002_10223845.jpg

中央インド、ゴンド民族のアーティストによる絵。
木にまつわるお話。
紙も手漉き、シルクスクリーンも手で1点1点、ということです。

木という言葉から自分がイメージしているのは
太陽がある時間の木。朝から夕暮れまで。

ところがこの「夜の木」は、本当の闇の中、あるいは
月の光りの中にある木たち。

まず感じるのは恐ろしさとパワー。

初めは怖くて中を見られない感じがしました。
夜の木は、実際、昼とは違う存在感があります。
夜の散歩で見る木は街灯があっても、
なんだか圧倒する力があります。

数日おいて、やっとページを開いて見てみると
静けさと激しさの不思議なエネルギーがあり
初めから終わりまで一気に読んでしまいました。

子供のころ読んだ「もちもちの木」という
絵本のことも思い出しました。

静けさと力強いパワーを発する絵本。
希有な存在です。
by na-hira | 2012-08-21 10:28 | books
2012.8.15
今日は終戦記念日。
平和な地球に生きる、ということが
いかに難しいことなのか、思い知らされた2011.3.11以降。

日本の中にはすでに
日本すべてを壊す地雷のような原発があるのですから。

自分の実感から起こる、命を大切にする生き方、
行動の波が少しでも広がりますように。
まず、日々、自分の一歩から。
c0200002_18363789.jpg

by na-hira | 2012-08-15 17:50 | 日々のこと
豆腐クリーム 新方式
暑さの峠は越えたものの、やっぱり暑い季節の
後半は体がいろいろ疲れをためている季節。

昨日作った豆腐クリームは、やさしい味でした。
ひんやりしたデザートを食べたくなりがちですが
これならデザートの満足感があるけれど、
胃にも穏やかでいいなあ、と感心しました。

今回初めて作った方式はベースカフェの深澤暁子さんのレシピ。
(「ベースカフェのマクロビオティックスイーツ」)
豆腐クリームというと、今まで自己流でレモンは欠かせない、と思い込んで
作っていましたが、深澤さんのレシピでは
レモンは無しで小町麩を使うのがおもしろい。
これが車麩でも、玄米ポンセンでも、こんなになめらかにならないもの…。
小町麩という食材自体、初めて使いましたが
いつもより姿もクリームらしくなりました。

そこに先日煮たすももとプルーンのソースをかけて。

本当は胃腸や体全体を休めるのにデザートなんて、まだ言っているの?
というところですが。
自分で作ったものだし、いいじゃない、と自分内対話しつつ。

フードプロセッサーを持っている方なら、あっという間にできます。
さっぱりデザート、おすすめです。
(本のレシピはロールケーキのページです。
私はスポンジまで行きつかず、豆腐クリームのみで満足したのでした。)
by na-hira | 2012-08-14 22:35 | 日々のこと
栃木にて
栃木に所用があり行ってきました。

この街はいつも静かな印象です。
歩く人が本当に少なく、夏の暑い時に歩いているのは
地元の人ではない、という感じでした。

それでも昨日は新しい動きが始まっているのを
例幣使街道で偶然にも見ることができました。

c0200002_18243233.jpg

SCALES APARTMENTという古道具屋さん。
以前、天衣無縫さんのお店のディスプレイ用にライトを探していて
ネットでたどりついたお店です。

今回は車に乗せてもらっていて、藤川が「もしかして!」と
このお店の前を偶然通り過ぎたことに気づきました。
(この動体視力にはびっくりしました。)
そのおかげで電話とmailでのやりとりだけだった店主さんと
少しお話することができました。
行けたらいいな、と思いつつ、ちゃんと調べないまま行って。
それでちゃんと行きつけたことにご縁を感じたひととき。

古道具好きには、ぜひおすすめなお店。
骨董というより古道具。
店主の方が工夫してものとものを組み合わせたり、
手を入れたりもしていました。

その近く雑貨屋さん前のかき氷屋さんの前に
若い人たちの行列もあり、びっくりしました。
というのは、他は本当にひっそり静かなのです。
楽しい感じ、作り手を感じるもの、storyを感じるものがある。
そんなところには、ちゃんと人が集まっていました。

古い雰囲気のある空き物件がたくさんあるだけに
人がつながったら、きっと変化もどんどん起きるのでしょう。
次回行くことがあったら、その近辺がどう変化しているのか、
楽しみにしています。
c0200002_18341620.jpg

栃高。歴史的建造物が学校にそのまま残っています。
c0200002_1834404.jpg

c0200002_18352466.jpg

家庭菜園も地植えだと力強さが全然違います。
仕事場のベランダのヘチマはまだ花も咲いていません。
by na-hira | 2012-08-12 18:54 | 日々のこと