<   2013年 04月 ( 21 )   > この月の画像一覧
サテシュさんの授業が本のかたちに
「英国シューマッハー校
サティシュ先生の最高の人生をつくる授業」

辻信一さんのゼミの学生がシューマッハーカレッジに
1週間滞在した時の授業の記録。

サティシュ・クマールさんの本には生い立ちからの話しもあり、
本当にすごい人で、すごい経験をしてきた人。
それなのに2009年来日講演会でも、チャーミングという言葉が
思わずでてきてしまうような笑顔が素敵な柔らかな人。
言葉に力があると同時に、謙虚な姿勢と暖かさがあって。

本質的なことを、誰もが腑に落ちるような、
体験したことがあるようなものを例えにして
分かりやすく語ってくれる言葉だから強く響く。
難しげな言葉を使って人を煙にまくのとは対極の姿勢。
大切なことを、言葉を大切にシンプルに選んで伝えてくれる人。

その人の授業。
そして、シューマッハーカレッジはずっと行ってみたい所。
なので、本が届くとすぐに読み始めました。

今学校のことや将来に悩んでいる学生の人(中学生や高校生も)
これからどう生きていくか考えている人
自分にとって仕事とは?と考えている人
それだけでなく、自分に始められることってなんだろうと思っている人
ちょっと落ち込んだり、今自分と向き合っている人
もちろん何も先入観なし、という人が読んだとしても何かが起こると思います。

いろんな人の心に届く力強い言葉が詰まっています。
どれもあたたかい気持ちになったり、肯定的な気持ちになれる言葉なのが
サティシュさんならでは。

似た題名ですが「スタンフォードの自分を変える教室」ケリー・マクゴニガル著
という本のクールさとおもしろい対象をなしている本でした。
これはデーターを重視しているから、ある種、人が人をモルモットに
しているような、後味の悪さがつきまといました。
(実験で、こっちの行動にいい結果が出るとどうしても思えない、ということを
ある人々に被験者としてではあっても何も知らせず何か月もさせたりする実験があるので)
もちろん知らなかった!というデーターもあったし、瞑想についても書かれていて、
興味深い内容でしたが。
こちらのサティシュさんの授業の本は全くそういうものではなく、
私は読んでいて何度も涙がこぼれました。
学生たちと一緒にその場にいたような気持ちで読み進んだから。
そして人の内に宿る智慧を言葉にしてくれている、という感じだから。

人との出会いで得られる学びの大きさ、生命力の源になるような力。
サティシュさんの授業その場に立ち合っていない自分も、
心に灯る言葉を胸にそれをどう自分は行動とするのか…。

「私たちにできる最大の贈り物は、
ただそこにいるということ。」

こういう温かい言葉もあって、だから即何かにつなげる、と
あせらなくても、自分で咀嚼する時間もあっていい、という気持ちを抱けます。

一気に読んでしまったので、もう一回読み直そうと思っています。
by na-hira | 2013-04-30 20:24 | books
agreable musee 祝20周年
昨夜は国立にあるagreable museeさんの20周年のお祝いの会に
行ってきました。

中野さんのセレクトが年々しぼりにしぼったものを充実させて、
石田さんの野菜穀物豆などを中心としたおいしいごはんも食べられるお店。
でも、一般的な「お店」というイメージに収まらない存在で
変化し続けているお二人です。

昨日はアットホームな雰囲気のパーティーの中、
中野さんがフラを踊ったのを初めて見て感動。
中野さんの本当に生き生きとした表情と笑顔が眩しく美しく。
いつも静かにしっかりとお店を盛り立て支える石田さんが
手話の振り付けをしながら歌った姿もよかった。
歌うこと、踊ること、生きる中で共有したいことが
オープンに表現できる場を自然な形で作っていて。

「こうしなければいけない」をどんどん脱ぎ捨てて
生きたい道を、どんな風にしていくと形にしていけるかを
探しつつ築くお二人に、いい刺激をたくさんいただいた時間でした。
by na-hira | 2013-04-30 16:57 | 日々のこと
野口さんの講演会
今日は野口種苗店の野口勳さんの講演会に行ってきました。
本当に空恐ろしいことが世界で、そして日本で進行していて
TPPに入れば、即現実の問題としてより切迫した問題になります。

講演は3時間休憩無しの濃い時間。
会場は満席で、途中帰る人もいない。
関心の高さが分かります。
そして集まった人も若い世代が中心の印象です。

まず食べ物を生み出してくれる種を世界の片手で収まる数の企業に
押さえられてしまう怖さ。
個人が種を交換したり、自分が採った種を売ると犯罪になってしまうかもしれない
将来の怖さ。(それも現実味を帯び始めているのです。)

「まず今からできることは?」の問いに対して野口さんは

自分がずっと育てている食物の種を採って
自分の家族や子孫が食べることだけは許される。(売買は許されなくなったとしても)
だからできるだけ多くの人が今のうちに在来種の種を
自分で育てて、自分で種を取って、育て…ということを始めること、と。

SFのようなことが次々と現実になってしまっている…。
でもこの一粒一粒作戦こそが
これから大切になってくるし、希望になると思えます。

小さい動きで人と人がつながって行くこと。
小さなことがつながって、川の流れになっていくこと。

これを聞いたら、確かに少しでいいから
始めるしかないです。

野口さんの本「タネが危ない」には、世界の蜂が突然失踪していることなども関係させつつ
仮説も含めて、種の世界(世界の人が食べ、生き延びて行くための源)で
なにが起こっていて、進行中か説明してくれています。
by na-hira | 2013-04-28 19:05 | 日々のこと
昨日は永井久恵さんのお花と西田陽子さんの絵や版画の
展に行ってきました。
c0200002_13504389.jpg

私は花を買って帰りました。
花をきちんとブーケにしなくても、一枝。
あるいは小さな花を3本とか。
そんな日常サイズに花を買って帰ることはうれしいものです。

大福1個、ケーキ1個は買いにくい、と耳にしますが
(自分だってなんとなくその気持ちがあります。)
お花も1本、というのは大輪の花や枝ものでないと
なんとなく言いにくいもの。
(という自分が持っている思い込み、ですが。)

でも今度のroom 103の時には、そんないつもだと言いにくいことも
言ってみてください。
もちろん、永井さんの持って来てくださるお花を見て
あれこれと気になったお花を合わせる楽しみ、というのも素敵です。

ちょうど1ヶ月後にはどんなお花があるのか
今から楽しみです。
c0200002_1351172.jpg

by na-hira | 2013-04-27 13:57 | 日々のこと
食べて、生きていく未来
今日、明日と吉祥寺で種市ー古来種ファーマーズマーケットーがあります。
ORGANIC BASEさんとwarmerwarmerさんが主催。

教室や講演あり、野菜販売あり、カフェメニューもいつもと違うものがあるようです。
中身が濃くて、盛りだくさんなので、タイムスケジュールと場所
(会場が複数あるため)の確認をしてみてください。

野菜の育てられ方に意識を持つ人が増えたものの
その大元である種について起こっている大変な事態について
気づいている、見聞きしている人はまだ少ないようです。
その裏で、いろんなことがすでに進行しています。

実は日本は遺伝子組み換え食品輸入大国、という事実。

「日本はトウモロコシの世界最大の輸入国で、その量は年間1600万トン。
9割がアメリカ産で、アメリカのトウモロコシは88%がGM品種(遺伝子組み換え品種)です。
(2011年USDA調べ)主に家畜飼料をはじめ、食用油、コーンスターチなどの
加工食品の原料に使われています。」
-「世界が食べられなくなる日」チラシより-

人間一番必要なのは空気ですが(1分呼吸を止めるのも難しいです…)
体の元、エネルギーの元となる食べるもの、水、は生きていく人間にとって
絶対に必要なものであり、大問題です。

ちょうど先日遺伝子組み換えの農作物と原発に関する映画のチラシを
見たばかりです。
「世界が食べられなくなる日」
6/8から渋谷アップリンクで上映が始まるとのこと。

命の根幹に関わる問題。
日常から、今日からすぐに始められる行動の一つとして、
古来種の野菜を選ぶ、食べる、ということ。

私も少しでもいいから、食べるものを育てられるといいな、と思います。
(今はベランダで、葉、花ばかりになっていています…)
by na-hira | 2013-04-27 12:15 | 日々のこと
HP更新しました
HPを更新しました。
次の展のことと、春の3人展のことと。

モデルをしてくださった華順さんには、大感謝です。

ちょっと冷え込んだ日の撮影だったのですが
爽やかな空気を運んでくれました。

服を作る側として、こうして着てもらうことで
またイメージが広がります。

服は人が着てこそ動きだし、命が吹き込まれます。
by na-hira | 2013-04-24 23:27 | お知らせ
お花も一緒に
「room 103」での展では、永井久恵さんの
お花や緑も一緒に見ていただけることになりました。

永井さんはお花の教室をされている方ですが
花選びが素敵で、お庭の植物をいただいたりすると
長く生けて楽しんでいます。
(根が出たものは1年くらい楽しんでいたり。)

散歩の時に、好きな花や植物を選んで
家に持って帰る、というのはなんだかうれしいこと。
そんな出会いのあるお花屋さんを週末にしてくれる予定です。

また詳しいことは、ここでお知らせします。
by na-hira | 2013-04-24 09:57 | 展示会
濃い1日
雑誌「天然生活」の6月号にちらり、と載っています。
誰かに服を着てもらう方がいいのですが…
自分が着ています。

もちろん日々の中で自分の服を着ていますが
学生の頃から、写真は撮られるよりも撮る側だったから。
そんな意味でも自分を知るいい機会になりました。

そして、今日は何度もモデル役をしてもらっている
(それこそ学生時代から写真を撮らせてもらっている!)
友人と久しぶりに会って昼ごはん。
あれこれ話して、味わって、はたと気づくと
ランチタイム終了時間。

その後、生地の展示会へ。
お付き合いのある会社の方とじっくり話したり
生地もじっくり見せていただきました。

こんな風に人と会って、話したいことを話して、
話しを聞いて。
有り難いことでした。
by na-hira | 2013-04-23 22:42 | 日々のこと
初夏の展5/23-27
c0200002_17481541.jpg

5/23(木)-27(月) 
国立の北にあるroom103にて初夏の展をいたします。
新しいギャラリーで古道具のお店LET'EM INさんの隣の隣。
普段シャッターが閉まっていると前を通っても全く気づかないのですが
シャッターが開くと、ここはなんだろう?と気になる空間。

フジカワエハガキにも近いので、合わせてお散歩、と
していただけます。
もちろんGarageさん、黄色い鳥器店さん、匙屋さんなど
めぐるといい散歩コースです。

c0200002_1853493.jpg

新しい空間にて、下見の時に。
by na-hira | 2013-04-21 18:13 | 展示会
撮影
今日は革で作品を作っている華順さんに
協力していただいての撮影でした。
日常と違うことにすっと入って下さって
本当に有り難いことでした。

どの写真にしようという、うれしい悩みをしつつ
次回の展のDM写真を選ぶところです。

5月末のひんやりと濃い緑を感じるような空気と
ちょっと蒸したような梅雨前の空気。
そんな風景と空気を思い浮かべつつ
次回の準備も始めたいと思います。

撮影後、偶然共通の知り合いの旅人がフジカワエハガキに来てくれたので
みんな揃ってsomoanさんにも行ってきました。
今まで国立に来た旅人には「行くといい」とおすすめしていたお店。
閉店後とはいえ、片付け営業しているというからには、
行ってみるといい、と。

先日以上にガレージセール的にほとんどのものが売られています。
啓子さん、志郎さんと会話をしつつものを見て、
何かを探す感じが懐かしく楽しい。
まだ行かれていない方はぜひ。
4/25まで、ということです。
by na-hira | 2013-04-19 18:51 | 日々のこと