<   2014年 01月 ( 12 )   > この月の画像一覧
真菌とアロマテラピー
昨夜は帝京大学 医真菌研究センターの安部茂先生による
真菌とアロマテラピーの公開講座
「健康増進に役立てるアロマの抗菌力」に行ってきました。
興味深くあっという間の時間でした。

具体的方法としては、足にいわゆる水虫(足白癬、爪白癬)があったとして
42℃の足浴にパルマローザのエッセンシャルオイルを加えるのです。
パルマローザの中に含まれるテルペノイドという成分が有効で、
エッセンシャルオイルは化学薬品より粒子が小さい。
そのため皮膚に浸透していく率が高い(約30倍!)から
薬品より効果が高い、という臨床試験結果が出ていて。

私は靴を履く時間が比較的短い上に、5本指ソックスも
履いているので無縁でいられますが
ブーツ、革靴など保温性のあるものを長時間履く方はなりやすいそうです。
足は体を支える大切なものだし、神経も細かく感じ取りやすいので
足の健康はとても重要。

エッセンシャルオイルを真菌に使うことの意義として、
真菌への効果はもちろんのこと、香りによる満足感やリラックス。
副交感神経がでることによっての安眠効果もあり、
本人が続けてみようというモチベーションも持続しやすい。
健康の底上げというか、疲れがたまっているとか
緊張が取れない、なんていう人にはぴったりです。

ですから足湯は水虫対策、というだけでなく
冷え性の人、寝付きが悪い人にも効果的。

昨日は暖かでしたが、そんな後にちょっと気温が低いだけでも
冷え冷えと感じるものです。

仕事によっては手先が冷えたりもすると思うので
日中は手浴なら、仕事中でも可能です。
(給湯室で暖かいお湯がでるなら、あっという間に可能!)

その時、お気に入りのエッセンシャルオイルを
垂らすとほんのひと時でも、効果は大きいです。

ただくれぐれもアロマテラピー専門のメーカーのもので、
皮膚刺激が少ない植物の本物のエッセンシャルオイルを
購入してください。
c0200002_10401852.jpg

「パルマローザ以外のオイルでいいものは?」と質問した方がいて
「ゼラニウムもいいけれど高いでしょ」とニコニコ。確かに。
by na-hira | 2014-01-29 10:29 | アロマテラピー
春の打ち合わせ
早くも1月も終盤。
昨日,今日と春に向けての打ち合わせに参加してきました。

顔を見て、時間をあせらず話していく時間があると
顔を合わせてすぐの時間帯には出てこなかった案が
終盤近くに出てきたりして、おもしろいものです。

私はどういう参加のかたちになるか
自分でもアイディアを考えつつ。
そしてうれしく思いつつ、早くみなさんにもお知らせできたら
(細かなことが決定したら、すぐに)と思っています。

人と人が穏やかに、楽しみながら
主体的に連携していく感じは、いいものです。
ゆとりを持ちつつ、それでも行動はしっかりと、ていねいに、
チャレンジも織り交ぜて。
一歩一歩の人の力に希望を感じるひととき。
by na-hira | 2014-01-27 19:05 | 日々のこと
吉祥寺で「種市」
吉祥寺の「ヒトト」、「キチム」の会場を中心にした
在来種の野菜を中心にした「種市」
なんだか場にも野菜にもエネルギーがあって
思わず集中して見て、話して、巡ってきました。

在来種の自然農の野菜。そしてその穀物や野菜を使ったおいしいもの。
その作り手の方々。
こんなに貴重なもの、方たちが集まっているので、テンションが高い。
その上知っている方にも「あら!」とお会いするのが
市場的な楽しさ。

平家大根など何世代も受け継がれた野菜たち、
蒜山耕芸さんのお餅やおうどん、在来種自然農の大豆、
能登の低温で窯炊きした(40℃〜50℃で湯煎のようにするとか)塩の若布ふりかけ、
オカズデザインさんのマッシュルームのペーストなどなど。
ほかほか、ほくほく、
料理をするのが楽しみになるものたちを
抱えて帰ってきました。

「種市」明日もあります。
by na-hira | 2014-01-25 17:01 | お知らせ
原発ドキュメンタリー映画『100,000年後の安全』無料配信
原発ドキュメンタリー映画『100,000年後の安全』が全編吹き替えで
1/22から無料配信されていて、2/10までインターネットで
見ることができます。
渋谷の映画館に行かなくても家で見られるように
してくれたのですから、一人で、家族と、友人と、ぜひ。
c0200002_117352.jpg

2/10までの無料配信、つまり、2/9の都知事選の前に
より多くの人が政治信条を越えて、原発について知り、考えるきっかけを、
という配給元アップリンクの心意気です。

この映画はフィンランドで実際に進んでいる
「オンカロ」=放射性廃棄物の最終処分場を地底に掘って作っている、
そのことに関してのドキュメンタリーです。

私が映画館で見た時、印象に残ったことは

「10万年後の人に、ここは開けてはいけない穴で
離れてください。ここに住まないでください。」
ということをどうやって伝えるのか、ということ。

現在の人間に対してのネアンデルタール人ということ。
その人たちは人間としての外見も文化も、もちろん言語も
まったくかけ離れた存在となる、ということ。

それとフィンランドの原子力産業に関わっている人、
原子力は必要と考えている人でさえ
日本の同じような立場の人よりも、現実的、人間としての自分を
インタビューで晒している、ということも印象に残りました。

地層が古く安定していると言われているフィンランドでさえ問題は
山積みですが、日本は地質学上「オンカロ」はあり得ない、と
フィンランドの学者たちからも言われています。
地層が新しく、地震、火山活動もさかんだからです。

原発に関してだけでなく、
自分たちの未来、そして会うことのない未来の世代の地球を
どうしていくつもりかを考えさせられる映画です。
by na-hira | 2014-01-25 11:02 | 日々のこと
想像して、決める
いつも考え考え、想像して。
時間をかけて考える生地のこと。
何回も生地を織ってもらっているとしてもやはり
決める、ということは時間がかかります。

自分にとって色は大きな要素ですが
布の素材感を伴った場合、紙の上の色とまた違った印象になるので
想像しながらの時間になります。
その上、経(たて)、緯(よこ)で違う色に染める場合は
色がどうでるか、予想する度合いがより多くなるので
うーん、とうなりながらの日々。

自分で素材、織り、色を決められる、ということは
うれしく贅沢なことではありますが、
決める、ということは他の可能性を断つ、ということで決意が必要。

ですが、「決めた!」とすれば気持ちもすっきり。
春に向けて加速がつきます。

みなさま、新しい生地をお楽しみに。
(私もどきどきと、緊張しつつ仕上がりを楽しみに。)
c0200002_1144357.jpg

色は微妙な差で雰囲気も変わるので
身の回りにあるものの色にも目が向きます。
by na-hira | 2014-01-24 11:45 | 日々のこと
アイスランドの石
c0200002_13575447.jpg

お土産にもらったアイスランドの石。

色が違うものです。

岡山に行った時、土の色が東京と随分違う
と思ったけれど、アイスランドの土はどんな色を
しているのかな、と思わせます。

地熱発電で野菜もあって、食べ物がおいしかったと聞き、
なおさらどんな風景なんだろうと知りたくなります。
by na-hira | 2014-01-21 14:02 | 日々のこと
春の展にむけて
冬の展でご注文いただいた服たちを
発送し終え、現在春に向けて準備をしています。

年末年始のお休み+出張の期間をはさんだこともあり、
お待たせしてしまったお客様には
いつもより長くかかり、申し訳なく思いながらの日々でした。
そして、待ってくださることに感謝の気持ちの日々でもありました。

あらためて、どうもありがとうございました。

春の展は3/28(金)-3/31(月)代々木上原にて。
natsuno hiraiwaの服と共に、
くまがいのぞみさんの器、藤川孝之のポストカードという3人展。

発送完了まで、視線を手元近くに置いていましたが
春や夏をイメージして、自分自身、頭も体も切り替えていかなくては!

昨夜はHenning schmiedtさんのコンサート。
前回来日時、北東北を旅した時のインスピレーションは大きかったようです。
そんな話しを交えて、弾いては、曲の解説の言葉があって。

雪が降っている 
お池のまわり
雲 3番
僕の手と君の手

1時間少々、集中した時間でした。

ちょうど春に向けての始まりに立った時、
瑞々しい旋律を受け止めることで動きだした感じです。
by na-hira | 2014-01-20 13:03 | 展示会
haruka nakamuraさん
先日訪ねた名古屋にあるセレクトショップsahanさんにて
haruka nakamuraさんのCDがちょうどかかっていました。
西日が大きな窓に低い角度で差し込んできていて
その光景にぴったりの曲たちでした。

旅先でCDを買うことが多いのですが
今回はharukaさんの「grace」。
c0200002_22121691.jpg

時間と空気と記憶がオーバーラップするような音楽。
by na-hira | 2014-01-14 22:06 | 日々のこと
静かな時間
昨日は今年初めてのヨガをして、
毎日していきたいこと、とあらためて感じました。

頭で考えている時間がほとんどですが
瞑想的な時間になります。

座っての瞑想もしましたが、これもまた
毎日したい、大切な時間と感じました。

ヨガも瞑想も宗教とは関係ないことなんですよ、
と知らない方には説明しないと敬遠されるかもしれません。

ひとりの時間を大切にすることとは、
「そんな時間はない」「ひとりよがりなのでは」と
考えてしまう多忙な方にはぜひおすすめしたいです。

頭で考えてばかりいる自分を手放して
すごす時間ですが、それが他人まかせ、ということではなく、
主体的に向かう時間。

同時に感謝の気持ちがわき起こる時間でもあります。
自分、近くの人、遠くの人、自然、海山太陽、生き物すべて、
関係性の中で生きていることを頭で考えるのではなく
感じ受け取るような。

今朝も太陽の日差しのあたたかやエネルギーに
ありがとうございます、という気持ち。

年始の慌ただしさから一区切りして、
みなさま、穏やかな週末を。

私もあせらずに、今日は発送の準備を。
穏やかな気持ちでいきたいと思います。
c0200002_13311236.jpg

年始の奈良にて。
人が多い春日大社の参道からほんの少し入っただけで
静かな時空間に入ることができます。
by na-hira | 2014-01-11 11:40 | 日々のこと
食べること 食べるものがつくってくれること
生きていくにはまず空気、そして水が必要。
そして食べて、暮らしを続けていくこと。

年末、年始と自然農のお餅など、
おいしく体にすぅっと入るような味わいのものを
いただく機会に恵まれました。
有り難いことです。

私が食事を変えたいと意識的、主体的になったきっかけは
日常の仕事を基本一人(もちろんたくさんの方の協力で成り立っています!)
という形でしていく上で、自分を整えていきたい。と思ったこと。
自分が整わないとそれが仕事に出る、と。
それはやはり食べる、ということが基本になる。
そんな想いがあり、本を読んで、試して、の日々。

今でも毎日が同じ日はないので、実験のよう。
こうしてみたら、こうなった、の繰り返し、積み重ね。
ストイックなものでもなく、間食もするし、甘いものもいただきます。
それでも日々食べるということに向き合う時間は
貴重なものと感じています。

年始に岡山で会った、匙屋のあつしさんとかよさん、
堀さん、坂野さんも、食べること、食べるものを大切にして
暮らしていました。
そこからいい刺激をいただき、初心に帰るような気持ちになりました。

今年も人との出会いを大切に
心と体を整えて仕事に向き合いたいと思います。

c0200002_10482367.jpg

          堀さんのカレーグラタン。おいしかった!
          お漬け物もいろいろあって豊か。

c0200002_10483571.jpg

坂野さんが薪ストーブでコトコト煮て作ってくれた野菜のだしのお雑煮。
昆布や椎茸なしで、野菜からの出汁で、大満足の味わい。
by na-hira | 2014-01-09 10:58 | 日々のこと