<   2015年 01月 ( 11 )   > この月の画像一覧
撮影
人が集まって仕事の現場になる。
これは緊張感もあり、楽しくもあり。

前々から決まっていた今日という撮影日がきれいに冬晴れ。
(明日だったら雪かもしれなかったから!)
貴重な1日でした。
c0200002_21345795.jpg

c0200002_21351794.jpg

竹内紙器の堀木さんはnatsuno hiraiwaのエプロン持参で
撮影に来て下さって、うれしいことでした。
c0200002_21353252.jpg
c0200002_21354381.jpg

ライトを消して自然光で。
日常とまた違った光景に。
by na-hira | 2015-01-29 21:37 | 日々のこと
レモン蜂蜜湯
今日の風はずいぶん冷たいですが
これがこの季節本来の寒さ。
スコーンと晴れていたので、気持ちよく
これもまたいいものです。

今日はシンプルにでもほっとおいしく一息つきたいな
という気持ちが湧いてきて
レモン蜂蜜湯にしました。
c0200002_18263647.jpg

普段は朝、絞り汁に蜂蜜とお湯をそそぐのですが、
試しに絞った皮も入れたら
香りがさらに立ち上がって満たされました。
(これをするには国産無農薬レモンをおすすめします。)

蜂蜜は加熱処理のされていない
混ぜ物のないものがもちろんおすすめです。
自然から(蜂や花から)いただく貴重品。
それを大切に味わうのだから、なおのこと
元の味わいや香りが生きているものを、ぜひ。

さらに二番茶ならぬ二番湯のようにお湯を
たして、蜂蜜も足して、それも酸味は穏やかでいて
香りは楽しめておいしい。

風邪の季節でもあるので
温まりながら、ビタミンもとれて、気分もリフレッシュ。
その上簡単なので、おすすめです。
by na-hira | 2015-01-28 18:33 | 日々のこと
国立のGARAGEさん
国立の北口を出て、西へ西へと歩くとある
GARAGEさん。
器と古道具のお店です。

2月にある高田邸仕舞の日のイベントのことでは
GARAGE小田島さんがいろいろと動いてくださっています。

その小田島さんのGARAGEブログでは参加者一人一人について
楽しい語り口で説明してくださっていて。
気さくな普段の雰囲気がそのまま文章になっている、という感じ。

そこで、私もGARAGEさんのことを、ここで少し。

小田島さんのお店は、今更私が言うまでもなく
作家ものの器と古道具のお店。
私は時々伺うのですが、品物を見るだけでなく
小田島さんに会いに行くファンの方も多いようです。

西方向に歩いて、国立散歩のUターンする地点にあるお店
という位置もあるのでしょう。
寛いでおしゃべりしたり、ゆっくりと品定めしたり
国立の「のんびり」の中でも、ことさら
穏やかな雰囲気があります。
c0200002_1432304.jpg

写真はGARAGEさんで以前購入した
境知子さんの器。ゆうらりとしたカーブが優雅で
手に持つ楽しさのある器。

買ったその日から、手になじみ、暮らしの風景に
すんなりとなじむ器が多いと感じます。

小田島さんは2/4から先行して
移動「GARAGE」を高田邸でされるということです。
古い建物とまさに、ぴったりの相性。
どんな世界になるか、参加者ではありつつも
見るのが楽しみです。
by na-hira | 2015-01-27 14:56 | 日々のこと
春の展の日程
natsuno hiraiwaの春の展はまず3月に。
吉祥寺のorganic baseさんの教室である空間
アトリエ間間(まんま)にて
3/25(水)−3/30(月)。

この展は前回のように藤川孝之展を中心にした
ヒトトでの展と共に行われる展になります。

今は撮影直前でいます。

それでも今日のように寒さがふっと緩んだ空気を感じると
春の空気はこういう感じだった、と
実感として思い出されてきます。

寒さ続きの時は夏の暑さを忘れ、
真夏の暑い日差しの中では重ね着の冬の寒さを忘れ。
そうやって季節が毎年毎年巡るというのは
面白いものです。
c0200002_18244362.jpg

窓辺のこの鉢もゆっくりゆっくりの成長ですが
気づくと新しい葉が。
by na-hira | 2015-01-26 18:35 | 展示会
sonobe nobukazuさんのCD
sonobe nobukazuさんの新しいソロアルバム。
タイトルは「生活」。
今までのCDは自主制作盤ということで
これがソロ・ファーストアルバム。
c0200002_1475120.jpg

CDジャケットや中にも使われている絵は藤川孝之、
デザインは青木隼人さん、ジャケットのしっかり刻まれた箔は
竹内紙器さん、という顔合わせ。

園部さんとは高知つながりの出会いで、
時にふらりとフジカワアトリエに来てくれたり、
うれしいご縁があります。

新しいCDは今までのシンプルなメロディーの美しさと、
ストレートでいて独特な言葉選びはもちろん園部さんらしく。

新鮮な部分はWATER WATER CAMELの田辺玄さんが
プロデュース、レコーディング、ミックスなどに関わっていて
新たな園部さんの世界が色彩豊かに出ているところ。

とてもまっすぐな言葉に
1回目は照れくさいけれど、2回、3回と聞いていると
曲を思わず口ずさんでしまうような
シンプルなメロディーの力はさすが。

でも、やはり園部さんの魅力はちゃんと歌詞カードを
見てみてこそ分かる、と実感しました。
昨夜は歌詞を読んで、思わずほろりと泣けてきました。
そうなんだ、とつながった感じ。

生の言葉を飾らずにつぶやくように、あるいは朗々と。
一歩一歩、歩いて行く決意を感じる言葉たちがまっすぐに。

きっと聞く人一人一人が自分の(ためにあるような)曲として
聞いているんだなあ(それも日本のあちらこちらで)
と思うと感慨深いものがあります。

CDは2/11発売。

そして、4/3に東京では吉祥寺のキチムにて
レコーディング参加メンバー全員で、という
豪華な顔合わせのライブがあります。
これは、おすすめライブです。
by na-hira | 2015-01-24 15:06 | 日々のこと
高田邸にて 「エプロンと香り」
国立での「高田邸仕舞の日」2/8、2/9、2日間のうち
2/9(月)のみ私は「エプロンと香り」ということで参加します。

いつもは服を中心とした展をして、
ご注文いただいてから服やエプロンの制作をする、
ということを続けています。

今回はエプロン。
そして、
エッセンシャルオイルを使ったアロマテラピー。

「自分らしくいられている」という感覚。
必要のない力を抜いて、背筋の伸びた気持ちで、
今をしっかり感じてすごせたら。
心と体が元々持っている力を充分に生かすことができたら。

そのために外からできることは小さなこと。
でもそんな小さなことたちを愛おしく、気持ちよく感じながらの
生活だとしたら、楽しさが増すと思います。

時によって変化する道を歩むとき、そばにいる存在。
それが服であったり、アロマテラピーであるだけで
大切にしたいことはつながっています。

アロマテラピーは日本語では芳香療法と翻訳されています。
植物を水蒸気蒸留などして(他に圧搾、溶剤抽出したものもあります)
得たエッセンシャルオイルの成分や香りを体に取り入れることを言います。

今回イベントでは、ご一緒にお話しながら、
お一人お一人のための香りを
ブレンドする時間にしたいと思います。

自分の「こうだといいなあ」と思い浮かべる地平の
小さな一歩です。
c0200002_10123861.jpg

c0200002_10125064.jpg

仕事場のベランダではもう新しい芽が
すくすく育ち始めています。
by na-hira | 2015-01-17 10:18 | お知らせ
春を思って
c0200002_13304282.jpg

今日は随分と穏やかな空気です。
春を思って、展のための準備。

写真は岡山・牛窓に行った時の
大きな木。
by na-hira | 2015-01-16 13:40 | 日々のこと
柑橘類を朝に
お正月にいただいた徳島の無農薬の柑橘類。
c0200002_19514476.jpg
c0200002_19515478.jpg

たっぷりと絞って、お湯をそそいで。
マヌカ蜂蜜もいれて。

朝一番は白湯を飲んでいますが、
その後に。

風邪やインフルエンザが引き続き流行っているようです。
みなさま、小食にして(自分の年末を反省しつつ)
ビタミンも生きている果物や野菜から
しっかり取り入れて元気におすごしください。
by na-hira | 2015-01-12 19:59 | slow life
高田邸仕舞の日
今日は国立にある高田邸での2月のイベントの
下見に行ってきました。
c0200002_15224543.jpg

2/8と2/9、2日間のうち、
私は2月9日(月)だけの参加になります。

昭和5年に建てられた建物が取り壊されるため
その前にその場を体験できるようにと
現在家の手入れをされている親族の方とGARAGE 小田島さんの会話から
始ったイベントです。

昭和初期の多摩の空気をイメージしつつ、
家やお庭の静かな空気を満喫しつつ、
お家訪問するイメージです。

私はどんな参加の形にするか、
今日の訪問によってイメージを膨らませたいと
思っています。

とにかくは「エプロンと香り」。
これだけは決まっています。
by na-hira | 2015-01-10 15:32 | お知らせ
リネンのお手入れについて
服のお手入れについては、
日頃お客様にお会いした時などにお伝えしてはいたのですが。
昨日生地を作っていただいているところで
知ったことを、早速知らせなくては!
と思って、リネンのハイシーズンではないもののお知らせします。

「リネンは着たら、すぐ洗う」
ということ。

リネン(亜麻)に限りませんが、
植物繊維の糸など(ラッピングに使われているものとか)
触っていたら柔らかくほぐれる感じは
体験されている方も多いと思います。

リネンもそんな風にほぐされた状態で毎日着続けては
生地がどんどん毛羽立ち、薄くなっていってしまいます。
それでも洗うとシャキッとするのも、リネン。
シャキッと繊維が締った状態だと、痛みにくいのです。

ですから生地を作ってくれているところの方々は
毎日着たら洗う、とのこと。

洗うのを痛みが早まるのではと恐れずに
洗った方がいい、ということでした。

私は「ネットに入れて」ということと
「脱水時間は短めに」とお伝えしていますが
そこの方たちは普通に洗濯機で洗っているとのこと。

とにかく「毎日着続けないこと!」というのはミソのようです。
(それはリネンもウールも同じことです!)
お手入れのご参考に。
by na-hira | 2015-01-08 13:30 | お知らせ