<   2016年 05月 ( 15 )   > この月の画像一覧
エッセンシャルオイル 初めての
昨日新しく手にしたいくつかのエッセンシャルオイルのうち、
ケープカモミールとヤロウは初対面のもの。
あまりマニアックになりすぎないように、と思いつつも
初めてのものを見ると、まずは体験してみたくなり…。

どんな香り、色なのか、見比べるのに
ジャーマンカモミールも並べてみました。
c0200002_11393263.jpg

ケープカモミールは南アフリカ固有のもので
買い占めもあってかなかなか流通しなくなっていたようです。
かわいらしい「アップルタイザーのような」甘く爽やかさもある香りと
ほのかにカモミール的な香りもあり。無色に近い感じ。

ヤロウも初めてで、美しい水色でした。
香りはやさしく、ほのかにキャロット的香りも感じたり。

手元にあるジャーマンカモミールはインクブルー。
薬っぽい感じのある香りですが
ほのかに感じるくらい離しておくと
ほっとする香りでもあります。

エッセンシャルオイルは植物の生えている地域(野生)の
環境が保持されているか、政情が不安定になりすぎない、
そして絶滅するほどの乱獲がおこらない、
大きな会社の買い占めに合わない…。
そんな問題を乗り越えて、やってくると思うと
しっかり大切に生かし切らなくては、と思います。

6月26日、いわきである「野らフェス」では
その方に合わせたオイルのブレンドをしようと思っています。
by na-hira | 2016-05-29 11:53 | アロマテラピー
展は無事終了しました
「緑の道、初夏の香り」展は昨日、無事終了しました。

お越し下さったみなさま
どうもありがとうございました。
BlogやInstagramで見守ってくださったみなさま
どうもありがとうございます。

何度も展をさせていただいているroom 103という場に
新しい風が通ったように感じられ、うれしい気持ちでいます。

natsuno hiraiwaの服の展から出発して、
ぜひご一緒したいと思う方にお声をかけて。
植物、音楽、お菓子、絵という
お互いが触れ合う部分がありつつも
それぞれの仕事がしっかりと発するものがある展になり、
素晴らしい出会いと共振する時間と空間になりました。

永井久恵さん、田辺玄さん、森ゆにさん、青木隼人さん、
森影里美さん、藤川孝之、
そして、展の運営を助けてくれた友人たちに
感謝します。

そして、本当にかけがえのない季節のキラキラする日に
展にお越しくださったみなさまには
感謝の気持ちで一杯です。
(本当にイベント日和、山日和、のんびり日和…でした)

ご注文いただきました服は
またこれから1着1着準備をすすめていきます。
のんびり気分でお待ちいただけましたら幸いです。
c0200002_16204989.jpg

田辺玄さん、森ゆにさん、青木隼人さんのLiveは
キャンドルを中心に置いて、丸く囲むようにみんながいて。
お客さまも丸く囲むように。
そして藤川のLiveドローイング。
おひとりおひとりの席によって見えるもの、
聞こえる音、感じ取ることが違う。
それがいいね、ということで配された椅子。
とてもよかったなあ、としみじみ。
c0200002_16211282.jpg

演奏が終わって。
蜜蝋キャンドルたちもこの場にいてくれてよかった、
と思うあたたかい光の存在でした。
by na-hira | 2016-05-24 16:30 | 展示会
明日は展の最終日 (お菓子販売終了しました)
奇跡のような(この季節の持つ特別さとして‥)
いいお天気が続いています。
こんなに気持ちのいい季節に展をできていることを
感謝の気持ちですごしています。

明日は展の最終日になります。

もりかげ商店さんのお菓子販売は終了しました。

kukka永井久恵さんのお花は引き続きあります。
苗もかわいい野の花のようなものから
きれいなクレマチスまで。
いろいろ新鮮です。

たくさんの感謝の気持ち。
あたたかさを受け取り、日々、たくさんのことを
受け止めています。

明日は17:00までとなります。
会場にてお会いできることを
楽しみにしています。
by na-hira | 2016-05-22 23:33 | 展示会
展初日をすごして
今日は天気予報どおりに気持ちのいいお天気になって
まさにお散歩日和になりました。

お越しくださったみなさま
どうもありがとうございます。

展初日は何度目であっても
どきどきと緊張感があります。
毎回同じことがないから、ということなのでしょう。

お花は明日も永井さんが市に行って
新しいものがやって来ることになっています。
c0200002_23434853.jpg



c0200002_23442095.jpg

c0200002_2344392.jpg

カットソーは同じコットンとは言っても
いろいろな肌触りが体感できます。
スーピマコットン、スビンコットンなど。


c0200002_23533977.jpg

もりかげ商店さんの焼き菓子。
早くも少なくなって、追加納品をお願いしています。


c0200002_23465858.jpg

藤川孝之の絵。そして音楽の環境作り。
sonihouseさんのスピーカーは自然ないい響き。
by na-hira | 2016-05-19 23:54 | 展示会
明日から展「緑の道、初夏の香り」が始まります
今日は搬入日。いつもより大分早くから搬入を始めて、
明るいうちに家路に向かい、夏至の頃にだんだんと近づいていることを感じました。

今回、服、植物、お菓子、音楽、絵という展。
毎回、一期一会を感じ、まるで旅のよう、と感じられます。

服は1年を通しての生地、真夏に気持ちのいい生地、藍染と墨染のリネンなど。
カットソーはスビンコットンを使ったものが新しく仕上がりました。肌触りがなめらかで柔らかな生地です。どうぞ触れてみていただきたい、と思っています。
c0200002_22124444.jpg

c0200002_22125679.jpg


永井久恵さんの運んでくる緑は初夏の様相で、青々とした元気な色。
ちょっとめずらしいもの、爽やかな白とグリーンなど。
植物は来てみてのお楽しみ、とした方がいいでしょう。
c0200002_22134381.jpg


もりかげ商店さんのお菓子販売も明日からですが、売り切れ次第販売終了となります。
香ばしく、繊細で、シンプル。
塩の使い方、甘みの加減。構成のシンプルさ。
c0200002_22171446.jpg


藤川孝之は個展中ですが、また違う味わいのものを
見ていただけます。
ガラスの反射のない、絵そのままの姿で展示をしています。
c0200002_22195353.jpg


気持ちのいいお散歩の季節です。
国立散策もかねて、どうぞお越しください。
最近JRが始めたレンタサイクルを使っている方もちらほらと見かけるようになりました。

楽しい時間になるといいなあ、と私も思い描きつつ
room 103にてお待ちしております。
by na-hira | 2016-05-18 22:27 | 展示会
Liveは満席となりました
さきほどLiveのお席はあとお一人とお知らせしましたが
満席となり、ご予約を終了とさせていただきます。

ご予約くださったみなさま、
どうもありがとうございました。

時空間をご一緒するのを楽しみにしています、と書きましたが
当日はまさにそんな距離感になるのでは、と思います。
by na-hira | 2016-05-17 20:39 | 展示会
田辺玄さん、森ゆにさんLive
展の搬入が明日になり、荷造りをしています。

そして、そろそろ田辺玄さんと森ゆにさん、ゲスト青木隼人さんの
Liveは定員となりそうです。
あとお一人分…というところです。
あれ、もうそんな時期!?という方はnatsuno hiraiwaまで
どうぞご連絡ください。

天気予報もよいようですし、
初夏を感じる夕暮れから夜の時間になりそうです。

予約くださったみなさまとは
そこで生まれる音楽と時空間をともにすごせることを楽しみにしています。
by na-hira | 2016-05-17 16:22 | 展示会
田辺玄さんの音楽
今日は爽やかの一言につきるような青空。
思わず外に出たくなる季節です。

昨日に引き続き、今日はLiveをしていただく
田辺玄さんの音楽について。

最近ではZine「Hemisphere」 vol.4 about the town
に付いているCD『town』が玄さんの音楽。
c0200002_1225642.jpg

WATER WATER CAMELとしての活動。
サウンドデザイン、エンジニアという顔。
そして個人の音楽活動もあり、持っている顔がたくさんあるけれど
みんなすんなりと、しっかりとつながっていて、
瑞々しい音楽をつむぐ人です。

以前にも書いたのですが、私が玄さんの音楽に出会ったのは
「分室」というCDです。
ただ、これは玄さんの「手元にもない」ということなのす。
聴いていない方はLive前にぜひ、とおすすめしたいのはsoundcloudです。
(いろいろと聴くことができます!)

広がりのある風景、空気のにおいや風の音、鳥の声、街の音。
そんな空気を含んだギターの音色を聴くことができます。
いろんなイメージが重なりあって、軽やかに、
自然体につむがれるギターは、すっと自分に染み込むようです。
今日のような快晴だけでなく、曇りの日や小雨がぱらつく日もまたよし。
そんな気分になれるような。
その時を楽に受け入れていけるような気持ちになるような。

私の個人的受け止め方を書いてしまいましたが…。

人それぞれに感じられる余白も魅力です。
ひとりひとりの中に響くとき、飾らないでいて、
きらきらと輝きをもつ音色です。
by na-hira | 2016-05-13 12:53 | 日々のこと
Fujikawa Drawings 2000 - 2016展
c0200002_22455532.jpg

藤川孝之の個展が明日から始まります。
藤川はアトリエ展が終わったばかりですが、
今回展示される絵は趣の違う絵が並ぶので
新鮮と思います。
2000年の頃から今の絵まで。
息をつめてじわじわと描き続けた絵を中心に、
すっと描いた軽やかな絵も。
在廊日は藤川のブログで告知されると思います。
よろしければチェックしてみてください。
by na-hira | 2016-05-12 22:58
森ゆにさんの音楽
今回Liveをしていただく田辺玄さんと森ゆにさん。

まずは森ゆにさんのこと。
(私が紹介するまでもなく…、という方なのですが。)

あらためて、の話になりますが、
私はCDを買う前に OTOTOYから
「山の上にて」という音源をダウンロードしたもので、出会いました。
CD化されていない貴重な音源も購入できるサイトです。

そして、「なんと…」という感じ。
こういうふうに人の心に入ってくる音楽なんだ、と。
初めの初め、1回目はクールビューティーなイメージでちょっと距離がある。
そして2回、3回と聴いていくと、繊細な震えを感じ取るというか。
ふっと心に入ってきて、思いがけず涙が出てきました。
そのうち、自転車を漕いでいるとメロディーが
頭の中をぐるぐるとめぐり出し。

しばらくギターやピアノソロを聞くことが多かったのですが、
春Liveをしていただいた里花さんといい、
森ゆにさんといい、素晴らしい音楽家との出会いが立て続けに
起こっています。

受け取る人にもよると思うのですが
森ゆにさん初体験をLiveというのも素敵ですし、
ゆにさんの曲を知ってから、Liveというのはまた
染み入り方が違うと思います。

とても繊細な感受性と共に、
自分の足で歩んでいく凛とした空気感が歌詞や声から伝わり。
それでいてまっすぐなことがこんなふうに柔らかで軽やかでいられる、
というのがゆにさんの独自な存在感につながっているのかな、とも感じます。

OTOTOYで試聴もできるようになっていますので、ぜひお試しを。
そして、今回のLiveはピアノがない場所なのですが
その中で、ゆにさんの声の響き、玄さん、青木さんとの
響き合いがどんな風に展開するのか。
CD通りでないことがおこる場、というのはLiveならでは楽しさです。
by na-hira | 2016-05-12 10:00 | 展示会