「自由な着方が…」増刷に
文化出版局さんから出ている「平岩夏野の自由な着方ができる服たち」が、また増刷していただけると連絡がありました。本当に!?…。うれしい知らせです。
世の中では毎月毎月新しい本が山のように出版されています。その中でひっそりと、しっかりと、ひとりひとりの方に出会っている。それは奇跡的なことです。知名度、というのとはまったく違うところでちゃんと中身を見て選んでくださるのですから…。そんな出会いをしてくださっているみなさまに感謝いたします。
1冊1冊に出会いがあり旅立つ姿を思うと、うれしくありがたく、じんわりとあたたかくなりました。
# by na-hira | 2009-12-14 11:34 | お知らせ
自分とつながる時間
いつも健康でいそがしい日が続いても、何を食べてもトラブル知らず…、というタイプではない私。
そのおかげで自分をもとにいろんな試みをしたり、自分内対話が日々自然に行われています。
自分にとってはあたりまえのことですが、ふと思えば、他人の目には随分あれこれやっているな、と見えるかもしれません。でも日々の中で自分のいろんな面での調子と衣食住の兼ね合いなど、試行錯誤していくことは楽しいことです。そのきっかけで知りたいこと、学ぶこともぐっと広がり、続けていくうちに少しづつでも深まっていきます。

すでに年末のあわただしい空気。その上、風邪の季節。宴会の季節。
自分自身のこころと体を無頓着に通り過ぎるのではなく。大切に。どんな様子なのか、ながめてみたり、こうなの?と聞いてみたりしてみてください。(「今こうしてほしいだ」とこころと体がどんどん声に出して言ってくれたらどんなに楽になることやら、ですが。続けていくうちに聴き取り力がついてくる、と思う。少しづつ。)

ときにひとり、ゆっくり時間を楽しんでおすごしください。
# by na-hira | 2009-12-10 19:59 | 日々のこと
中央線
昨夜は前々から決まっていた用件があり出かけました。
予定は前々からなのに、あるときから急に「中央線切り替え工事」のお知らせアナウンスが頻繁にかかるように。ポスターも「12/5(土)9時以降は電車がなくなる」という書き方。
中央線多摩地区の人間にとっては大問題。
ところがふたを開けてみたら、なかなかいいことだったのかも。
電車の高架工事、というもの自体には大きな疑問を感じています。なのでそのこと自体というより、今の日本では終電が早まるくらいの理由がない限り、「今夜は家に早く帰りましょう」あるいは「徒歩圏のご近所や家で過ごす週末」ということを多くの人が実行するきっかけにならないようなところがあるかもしれません。
夜9時半前の新宿でがらんとした中央線下り。なかなか貴重な雰囲気でした。
追伸:その分マイカー、タクシーが増えて渋滞だった、ということでなかったことを祈りつつ。
# by na-hira | 2009-12-06 12:40 | 日々のこと
紅葉と大豆の収穫
京都は紅葉だったなぁ…なんて思っているうちに、仕事場近くでも紅葉が満開、という感じになっていました。
c0200002_2261123.jpg

今回見た京都の紅葉は赤のイメージ。モーネ最終日、ギャラリーに行く前に初めて二条城へ。
c0200002_2264646.jpg

仕事場近くの紅葉は、桜と交互にある銀杏の黄のイメージが強い。夜通ると雪明かりに照らされたような明るさがあり、わくわく楽しくなります。わざと銀杏の葉が深い所に足が埋まり込むようになって歩くのも楽しい。
c0200002_226253.jpg

そして、8月に蒔いた大豆の種(は大豆!)を収穫しました。来年は5月くらいか?早めに蒔きたいと思っています。そして枝豆を豊かにたっぷりいただくのが待ち遠しい。
# by na-hira | 2009-12-01 22:24 | 日々のこと
京都での展を終えて
c0200002_20374955.jpg

11/23にギャラリーモーネンスコンピスさんでの展を終えました。
お越しくださったみなさま、そしてHPやブログを見てくださったみなさま、どうもありがとうございます。行きたいけれど行けなくて、とmailをくださった方もいらして、本当に有り難くmailを読ませていただきました。
京都は紅葉のちょうど見頃。こんな観光ハイシーズンに京都に来ようとはなかなか思えないくらいのまっさかり。初めての紅葉の京都だったので、とても新鮮な気持ちですごしました。
モーネさんでの次回は来年4月。その季節も初めてなので今からわくわくします。いろんな季節にいろんな方との出会いがある。幸せな時間です。

c0200002_20575625.jpg

# by na-hira | 2009-11-26 20:52 | 展示会
連休はモーネにて
明日からまた京都のモーネさんに行ってきます。先週はぽかぽかの陽気でしたが、今週は冬の気配も感じる寒さなのでしょうか。
連休で込み合った京都ではなく、静かないつもの空気がたもたれているのがモーネさんのいいところ。繁華街からほどよい距離を持ちつつも不便な場所でもなく。ただ今回、渋滞にはまらないようにバスではなく地下鉄を使って行こうと思っています。会場にてお会いできるのをお待ちしています。
# by na-hira | 2009-11-20 21:43 | 展示会
京都⇔東京
京都のモーネさんで展示中。ひとまず昨日の夜、東京に戻りました。
今回展示は時間のかかることをしたのですが、快く協力して下さるモーネのみなさんに感謝でした。自分の仕事場で準備をするにも運ぶにも大きすぎるので、京都についてから大きな木を作りました。そして「森」へと続く道の足元には徳市容子さんの生けて下さったグリーンが。木々の根元のしっとりとした湿度をかんじるような雰囲気がかもしだされています。こちらの簡単なスケッチや言葉の説明からイメージを汲み取って下さるのは、さすが。
今週また土、日、月祝と京都に行きます。会場におりますので、ぜひ!
c0200002_23532329.jpg

宝ケ池に近いところに泊まったので朝、少しだけ散歩。ひととき紅葉を目におさめました。
c0200002_23533918.jpg

# by na-hira | 2009-11-17 00:25 | 展示会
増満さんのピンと裾止めベルト
今回もHouse増満兼太郎さんのピンと裾止めベルトを置かせていただけることになりました。うれしいことです。
自転車人口の多いイメージの京都にはぴったりです。ワイドなシルエットのパンツは特に、自転車のチェーンにあっという間に(先日ほんの一瞬の油断で自分も)ひっかけたりのアクシデントがおこるので。ワイドなパンツを作っている身としては「これが欲しかった!」というものです。お楽しみに。
# by na-hira | 2009-11-12 14:54 | お知らせ
雨の日の音楽
雨が久しぶりにしっかりとした音をたてて降っています。
今日は京都への荷物を送る日。どたばたとした時は心静かな音楽がそっとかかっている、というのがちょうどいい。仕事場で動き回っていて、ふっと耳に入りそんなにあわててどうするの、と静めてくれます。
青木隼人さんのCD「は」をかけて。ぐるぐるのジャケットと内容は対極のようなCD。
# by na-hira | 2009-11-11 10:55 | 日々のこと
青木隼人さんの新しいCD
先日青木さん自身の企画による年1回の演奏会に行ってきました。

feveさんの納品最終盤。モーネさん直前。自分自身はせわしのない気持ちになっている日々。そこからすうっと時空を越えた時間に。
藤川のアトリエ展での演奏会に続き、今回も生のギターの音。響きが美しかったです。
「今この時」に集中して音自体を体に受け止めて感じ取らないと。そうと思って意識的に心を切り替えるように深く呼吸する。
音楽は不思議なものです。抽象でありながらたくさんの具体的なイメージを呼び起こす。でもそこからいろんな思いの方に気をとられてすぎても、もったいないような。

京都モーネさんでの展示のときもきっと青木さんの新しくできあがったばかりのCDをかけていると思います。AOKI,hayato 『atelier』。
カバーと中に2つ折りではいっているのは藤川孝之のドローイング。
藤川のアトリエ1階(玄関の上がり口)にマイクを立て、青木さんがギターを弾き、それを聴いて藤川が絵を描く。その絵を時折見て、また青木さんが演奏する。そうしてできたCD。おもしろい試み。その結果は面白い、を越えて「すごい、こんなことがあの仕事場で起こっていたの」という感動があります。こころの奥に入ってくるけれど、それは繊細であり軽やかであり、味わいもあるけれど、思考の邪魔をしない。だから仕事をしながら、1日中かけていていいようなCDなのです。
c0200002_20521745.jpg

# by na-hira | 2009-11-09 19:45 | 日々のこと