春の訪れ 
明日は展の搬入日。
沈丁花の香りがどこからともなく漂い
春のはじまりらしい気配です。

今日は搬入準備をしたり、一歩一歩。

今回も魅力ある方々とご一緒しての展は
お散歩のように過ごしていただけたら、と思っています。

お時間大丈夫であれば、ぜひ国立のご近所のお店も、ぜひ。
個性がそれぞれの店主さんのいるお店をめぐるのは
個の個性と街の個性のつながる感じがあって楽しいものです。

服 natsuno hiraiwa
植物 kukka 永井久恵さん
絵 藤川孝之
Live 田辺玄さん・森ゆにさん・青木隼人さん
お菓子 もりかげ商店 森影里美さん

ギャラリーでの展という形ですが、期間限定ショップのような定点から。
四季折々の出会いがあり
1日1日違う空気がありまります。

寒暖差が一日の中でも大きい季節なので、
どうぞあたたかくしてお出かけください。

そして、確定申告やら花粉やら。
大変!と思うことある季節でもありますが…
気分転換も兼ねてどうぞお越しください。

3月2日(木)から6日(月)の5日間。
お会いできるのを楽しみお待ちしています。





# by na-hira | 2017-02-28 18:07 | 展示会
展まであと少し
暖かくなったり、肌寒くなったり、
変化の大きい季節です。
そして、晴れ、曇り、雨、という空模様が
めぐるようになる季節です。

みなさま
いかがおすごしでいらっしゃいますか。

春の展に向けて、先日淡い墨染が福岡の宝島染工さんから
届きました。

リネンと淡い墨色が一体化して
銀色のようにほんのり輝きます。

これは1着1着縫いあげてもらってから染めてもらって。
ということでほとんど1点づつになります。

Liveの方も田辺玄さん、森ゆにさん、青木隼人さんが甲府で
リハーサルをする話を聞きました。

どんなギターと歌の展開が広がるのか…

森ゆにさんはピアノと歌、ということが多い方ですが
田辺玄さんと青木隼人さんという二人のギターとともに、
そこから生まれる音楽は、新鮮な空気を運んできてくれます。
ピアノの時のゆにさんとまた違った表情を持っていて
それがこの3人の編成ならではの魅力です。

3人の奏でる音楽と時間は
いつも「この瞬間に立ちあえること」
の幸せを感じさせます。
そこに藤川孝之がどんなふうに描いていくのか。
それもまた、予想できない楽しさがあります。

前回の夜のLiveより、今回は少しお席をゆったりさせたいな、と
思っています。
静かな日曜日の朝、よろしければぜひご一緒に。
もりかげ商店さんのパウンドケーキは朝をイメージして
作っていただくことになっています。

朝のLiveの後、ぼおっとするような感覚で現実に立ち返ると、
あれ、まだ朝の10時半…
この感覚もまた、小さいのに長い旅をするような
楽しさのひとつです。

お席はもう少しあります。



# by na-hira | 2017-02-25 18:11 | 展示会
藤川孝之 ポートレートデッサン
今回の春の展「雨降る空、やわらかな光、続く日々」では、
藤川孝之がポートレートデッサンをいたします。

ご予約はnatsuno hiraiwa HPのcontactからでも
藤川孝之のHPからでもどちらでも。

room 103の場所とフジカワアトリエは1分もかからない距離にあります。
人がそばで見ていたりするとでデッサンをする方もされる方も、
視線が動くというか、集中しにくいという場になってしまうかもしれません。
その点、アトリエだと描く側も描かれる方もいい集中した時間になることと思います。

今回ポートレートデッサンとしたのは
やはり一人の方にしっかりと時間とエネルギーをかけることで
生まれる絵になるから。

去年11月に盛岡のcartaさんであった藤川の展とポートレートデッサンのことを
店主のなおみさんさんが書いてくださっています。

いつもは国立以外の展で、ということがほとんどでしたが
今回はアトリエのポートレートデッサン。
もちろんroom 103の植物たちのある風景の中がいい、と
ご希望ありましたら、それもどうぞお話ください。
c0200002_11233032.jpg
このデッサンは秋田での藤川孝之展にて。



# by na-hira | 2017-02-21 11:28 | 展示会
朝のLiveのご予約受付開始いたします
今日は寒さが穏やかに感じられた国立。
それでも真っ白な富士山が大きく見えて、
場所によって寒さやお天気が全く違うことに思いを馳せています。

そして展の日があと2週間ほどになり、
(と言うことは、3月があと2週間で来る、ということ!)
2月の短さを感じます。

展の会期中の3月5日(日)朝9時から始まるLiveの
受付を開始いたします。
田辺玄さん、、森ゆにさん、青木隼人さんの3人の顔合わせ。
2人のギターと歌というシンプルでいて奥行きのある構成。
息の合った3人の音楽は、それぞれソリストでもある3人の
新しい表情を感じさせてくれます。

そして、この3人による朝の音楽、というのも
初めてのことです。

夜のLiveとは違った響きになることと、
早春の今回は、朝の音楽を、とお願いしてみたら
快諾してくださったのでした。

日曜日の朝に小さな会場でご一緒するというのは
親密な空気があります。

そんな大切な時間をご一緒できますことを
楽しみにして、ご予約お待ちしております。

ライブドローイングで参加する藤川孝之も
朝と夜ではきっと違った絵になることと、思います。
玄さん、ゆにさん、青木さんとの関係性が
この1年積み重ねられたことによって
アンサンブル的要素が深まっているのでは、と感じています。

ご予約はnatsuno hiraiwa HPのcontactから
タイトル「ライブ予約」として「お名前、お電話番号、人数」をお知らせ下さい。
確認mailをnatsuno hiraiwaよりお送りします。

※前回の展でも、こちらからの確認mailを受信できない方が多数いらしたため、
できましたらPC mailでお送りくださると助かります。
mobile mailの場合、natsuno hiraiwaからのmailが着信できるよう
設定をお願い致します。

※ご予約mailをしていただいて、2日経っても確認mailが来ない、
という場合は、会場となるroom 103(LET'EM INさん)宛に
mailをお送りいただけましたら、こちらよりあらためて
確認mailをお送りいたします。




# by na-hira | 2017-02-13 19:22 | 展示会
HPを更新しました
今日は寒い1日という天気予報通りになりそうです。

昨日HPを更新しました。
春の展のお知らせです。
  
今回の田辺玄さん、森ゆにさん、青木隼人さんのLiveは日曜日の朝。
雪にならないといいな、とひそかに思いながらも
春のひんやりと気持ちのいい空気を
思い描いています。

ご予約受付はnatsuno hiraiwa HPからのご予約か、
うまく送信できない場合は会場である
LET'EM INさんにご連絡先をお知らせください。
あらためてこちらより確認のご連絡をさせていただきます。

フライヤーの発送はそろりそろりと。
1枚づつ書いていくところもあり、
順次発送させていただきます。
モデルをしてくださった森ゆにさんに感謝しつつ。

# by na-hira | 2017-02-09 09:42 | 展示会
春の展は3月2日から
今日は冷たい北風が吹いて、南向きの部屋のぽかぽかが春としたら
外はまだまだ冬の寒さです。
いかがおすごしでいらっしゃいますか。


c0200002_15314264.jpg
春の展を3/2−6、国立にていたします。
natsuno hiraiwa / 服  
kukka 永井久恵/ 植物  
藤川孝之/絵  
もりかげ商店/お菓子  
田辺玄・森ゆに ・青木隼人/音楽

今回も心強く楽しみな顔ぶれです。
それぞれに個人で仕事をしているみんなが
その時になると顔を合わせて、ひとつの時空間を共にすることの
おもしろさは、一期一会を毎回感じさせるところです。

Liveは3/5(日)朝9時スタート、ということにしています。
小さなな空間な分、親密な距離感で音楽を
味わえる貴重な機会になると思います。
もりかげ商店さんの朝のお菓子付き。
それも楽しみです。

この顔ぶれと新鮮な3月はじめの空気がぴったり、と合い、
イメージが膨らみます。

HPやBlogで少しづつ情報をアップしていきます。



# by na-hira | 2017-02-07 15:43 | 展示会
春の撮影
冷え込みが来ています。
みなさま、いかがおすごしでいらっしゃいますか。

先日、甲府まで赴いて春の撮影をしてきました。
もちろん外は寒く、室内での撮影。
Liveをしていただく森ゆにさんに服を着ていただいての時間は
春へのインスピレーションを受け取る時間でもありました。

そして昨日はもりかげ商店さんのお菓子の撮影も。
寒い時期ですが、春はそんなに遠くない、という感じがします。

そうは言っても、この寒さ。
まずは今日をあたたかくおすごしください。
c0200002_06084301.jpg


# by na-hira | 2017-01-24 06:10 | 日々のこと
今年もよろしくお願い申し上げます
東京は快晴の年末年始となりました。

みなさま どんな時をおすごしでしょうか。

旧年中はどうもありがとうございました。
そして、新しくやって来た2017年も
どうぞよろしくお願い致します。

いろんな土地に行けたらいいな、と思いつつ
服というのは少し荷物が大きい分、
昨年は国立が中心となりました。

今年はどんな出会いがあるのか、どきどき楽しみにしつつ、
足元の日々を新鮮に見つめる目をしっかりと、と思います。

今年も3/2からの春の展と、6/1からの初夏の展を
国立のroom103にて予定しています。

3/5(日)には田辺玄さん、森ゆにさん、青木隼人さんの
トリオでLiveをしていただくことになっています。

去年の早春に玄さん、ゆにさんと出会って以来
(音楽としてはその前から聞いていたものの)
2016年を春夏秋冬の折々に一緒に過ごして幸せなことでした。
青木さんは京都でLiveしていただいて以来、
いろんな場でご一緒させていただいていて。
そして3人となった時のバランスがとても魅力的で
ソロや2人とはまた違う音楽が生まれています。
その場にまた、みなさんとご一緒に立ち合うことができたら。
春の始まりの頃、ぜひ、予定を空けておいていただけたら
と思います。

昨年から始めたInstagramの方に日常の一コマを
アップするようになって、ブログの更新がゆっくりになってしまいましたが、
文章を書く場があることをありがたく思い、
またここにも日々のことや展のお知らせなどをアップしていきます。

私自身は今年の前半がばたばたになりそうなので
できることを一歩一歩。
いつも追われた気分ではなく
落ち着いて、楽しんで、味わって、しっかり行動!という目標です。

新年があるって、やはりいいものです。

みなさまにとって、よい始まり、よい1年となりますように。
# by na-hira | 2017-01-02 16:55 | 日々のこと
藤川孝之アトリエ展 引き続き
c0200002_23253123.jpg


昨日が冬至で、今日はびっくりするほどあたたかい空気。
日が長くなるということは、春の準備が始まっていること、とはいえ。
植物や動物は早くも春の始まり?と間違えそうです。

フジカワアトリエではアトリエ展を27日までしています。

明日は夜、里花さんのLiveがあるので
(お陰様で満席になりました。ありがとうございます。)
光のある明るい時間にぜひ、お散歩もかねて
お出かけください。

この暖かさでいくと、お散歩にも、フジカワアトリエで絵を見るにも
のんびりとリラックスできそうです。

小さな小さな絵も、じいっと見入ってみると
やっと見えてくるものが浮かび上がります。

すっと引かれたシンプルな線の絵も
新しい年のことを思う季節にしっくりくるかもしれません。
毎日、新しい気持ちで、と思ったり。

人それぞれの見方。感じ方。
それが面白いところです。

エコバッグは親しい人へのプレゼントに。
バッグは使用頻度の高いものだから
好きな絵のバッグがあると楽しいものです。

明日は予報通り晴れますように。
(19度くらいになる予報ですね。)
# by na-hira | 2016-12-22 19:11 | 日々のこと
藤川孝之 アトリエ展が始まっています
東京の冬らしい青空が続いています。
藤川孝之 アトリエ展が12/17から始まっています。

c0200002_18194418.jpg


古い建物なので、寒い季節は室内も寒くなるものの、
光がきれいで、明るい時間はおすすめです。

澄んだ色、複雑に移り変わる色、色の重なりを
感じるにはとてもいい季節です。

時おり、クスリッとなる小さな小さな絵もあります。
繊細な線が見えるようにじっと絵に近づいて見てみたり
光に透けるコラージュを眺めたり。

絵は販売していますので、気になる絵はその時に
店主(フジカワアトリエ=フジカワエハガキ)へ。
積層するように絵がある上に、後から絵を見る方が絵の順番を変えることも
あるため、もう一度あの絵、と探すのは結構難しく。
(実際見ていただくと分かると思います…)

昼に間に合わなかった!という方も、夕暮れもまた
静かでいい時間。

足元はあたたかい靴下はいて、
どうぞお越しください。
# by na-hira | 2016-12-19 18:14 | 日々のこと