やぼろじガーデンパーティから下本一歩さんの展へ
昨日は国立での催しが盛りだくさんでした。

朝から雨が降り雲もしっかり。
それでも「やぼろじ」のガーデンパーティー決行!ということなので
朝一番に行ってきました。

国立に住んでいるとはいっても、北に住んでいると
谷保の線路の南側はあまり行かない地域。
初めて行った「やぼろじ」は谷保駅から歩いてすぐで
目の前が甲州街道という立地が信じられない場所でした。
やぼろじガーデンパーティから下本一歩さんの展へ_c0200002_11502363.jpg

(こんな公園のある小道を通っていきます。)

広々とした庭、縁側がある大きな古い家を解放していて
見ているだけで気持ちのいい場所です。
そこでワクワークスさんが石釜でピザを次々焼き上げていたり、
子供のための遊びがあったり。
野菜、お菓子、お弁当、といったおいしいものの販売も充実していました。
やぼろじガーデンパーティから下本一歩さんの展へ_c0200002_11514083.jpg

やぼろじガーデンパーティから下本一歩さんの展へ_c0200002_1152716.jpg

小さい子供を連れて大人も子供も楽しんで過ごせるところは
なかなかない、と思うので、いい企画だなあと感心。
庭や建物のリノベーションなど、いい感じの空気が
通っているなあ、ということもすごいなあ、とまた感心。
遅ればせながら、やっと「やぼろじ」体験をしました。
やぼろじガーデンパーティから下本一歩さんの展へ_c0200002_11532232.jpg

(リノベーション+新築部分がうまく融合しています)
やぼろじガーデンパーティから下本一歩さんの展へ_c0200002_1221042.jpg

(裏庭も自然な雰囲気になっていて、いい感じでした)

帰りに滝のような土砂降りになりましたが
雨がやんだ頃、黄色い鳥器店でしている下本一歩さんの展へ。

高知からちゃんと応援隊のように知り合いが続々来ていて
私もみんなに会いに、そして佐野さん夫妻のかき氷を食べに行ってきました。

高知の果物を煮て作ったおいしいシロップたっぷりのかき氷。
夏の食べ納め、という気分でした。

一歩さんの道具は美しい姿と実用を兼ね備えた存在。
竹の持つよさが生かされた形です。
初めて一歩さんの作品を見たのはおたま。
これはすごい!とうなるものでした。
それでいて軽やかで押しつけがない存在感。

下本一歩さんは今日まで会場にいるとのこと。
やぼろじガーデンパーティから下本一歩さんの展へ_c0200002_11493759.jpg

by na-hira | 2012-09-03 12:00 | 日々のこと
<< 新しょうがを漬ける 生地産地を訪ねて >>