新しい香り
エッセンシャルオイルは暮らしの中で身近にありますが
日々使う物はだいたい限られていました。
ラベンダーを筆頭に、ベルガモット、ローズマリー、ゼラニウム、
グレープフルーツ、ティトリー、ニアウリ、ユーカリ…などなど。

エッセンシャルオイルとは植物の葉、花、根、枝などを水蒸気蒸留してできた
100%自然のものです。
ただし柑橘系は果皮から圧搾して作られることが多い。
これも混ぜ物はなしの100%そのもの。
(ただし、世の中には混ぜ物、化学物質が入ったものなどが
氾濫しているそうなので、くれぐれも信頼できるところで購入してください。)

少しづつ、使える香りの幅も経験も広げたいな、と。
昨日はVetiverというエッセンシャルオイルを初めて手にしました。
深いスモーキーな香りで印象的。
強いけれどキーンというところがないまろやかさ。感動。

根から取られるものや樹脂系のものは香りが重く強いイメージがあり
使いこなすには手強いイメージもありました。
今まで自分で単体を買うことがほとんどなかったので
これからいろいろなブレンドをするのが楽しみです。

展の場でも、いつもエッセンシャルオイルを使っていますが
今回はどんな香りにしようか、と考えます。
夜と朝の演奏会もあるので、夜と朝をはっきり変えてみよう、などと
考えると楽しい悩みです。
by na-hira | 2013-09-01 14:40 | アロマテラピー
<< スイカの情報無断販売に意思表示... 国立駅界隈 未来図 >>