盛岡から秋田へ。そして、さんかく座
翌朝は北ホテルのがらんと天井の高い食堂で朝食。
その後、中津川沿いを前日の続きで歩く。
ただ、立ち止まっては歩きだから、「昔藩の薬草園だったところが
今公園になっている」というところまではたどり着けず。
また盛岡に来る目的地をたくさん残しておくものいいのかも。
盛岡から秋田へ。そして、さんかく座_c0200002_18372779.jpg

大きな木がたくさんある川辺。
盛岡から秋田へ。そして、さんかく座_c0200002_18375082.jpg
盛岡から秋田へ。そして、さんかく座_c0200002_18381297.jpg

外来種の雑草を抜いている高校生から大人までに遭遇。
川を愛して大切にしているのが伝わってくる。
ちゃんと引き抜くものを分けつつ、時折落ちていたクローバを手に。
盛岡から秋田へ。そして、さんかく座_c0200002_18382584.jpg
盛岡から秋田へ。そして、さんかく座_c0200002_18384640.jpg



そして秋田へ。

藤川のドローイングも会期中飾ってあった08 coffeeさん。焙煎中。
盛岡から秋田へ。そして、さんかく座_c0200002_1839291.jpg



今回の旅の直前まで藤川孝之の展があった川反中央ビルへ、
「さんかく座」を見に行く。
藤川の作品も引き続き飾ってあったので、
展の余韻を感じつつ。
盛岡から秋田へ。そして、さんかく座_c0200002_18391015.jpg


藤川の絵をプリントしてくださっている「6jumbopins」さん。
美しい窓から透ける蔦がまず目に入り、
空間にゆとりがあって、アトリエ兼ショップのようなうらやましい場。
オリジナルTシャツをメインにされていますが、トートバッグもあります。
持ち込みも刷ってくれる、という頼もしいお店。店主さんの世界が伝わってくる。
盛岡から秋田へ。そして、さんかく座_c0200002_1840074.jpg
盛岡から秋田へ。そして、さんかく座_c0200002_18402666.jpg


川反中央ビルの「まど枠」さんも魅力的な世界。
盛岡から秋田へ。そして、さんかく座_c0200002_19245915.jpg

器を一つ選んで連れて帰ることに。
乙女の心をいつも持ち続けている人のお店。
伊藤さんの魅力と相まって、ここでも店主さんのしたいこと、好きなことの
世界観が伝わってきます。

「cafe Epice」さんも川反中央ビルにあるカフェ。
こんなゆったりとした空間と建物が持つ魅力が生かされた
カフェが国立にもあったらいいのに、と思うところ。
盛岡から秋田へ。そして、さんかく座_c0200002_19355283.jpg


そして「コーヒーもカレーもおいしい」と話に聞いていた「キトキト」さんへ。
タイムトリップしたような小道を入り、空間も、のどかな時間も素晴らしい。
夏休みのような鮮やかな光がじゃり道の反射光で窓辺を照らす。

コーヒーの前に炭酸水をちょっと飲んで、口の中をさっぱりとさせ
いざコーヒーを味わう、というしくみは正に珈琲道。
今回の旅の中で一番の珈琲道を行く店、と感じました。
盛岡から秋田へ。そして、さんかく座_c0200002_18405423.jpg
盛岡から秋田へ。そして、さんかく座_c0200002_18411482.jpg
盛岡から秋田へ。そして、さんかく座_c0200002_18413177.jpg
盛岡から秋田へ。そして、さんかく座_c0200002_1842285.jpg

秋田新幹線はローカル線ののどかさ。ゆっくり走る。
風景が近くに見えるのがうれしい。

さんかく座で買った弘前の「ゆぱんき」さんのお弁当が
旅人にとって有り難い存在でした。
初日に買って、また帰りの新幹線用にも翌日買って。
盛岡から秋田へ。そして、さんかく座_c0200002_19303732.jpg

盛岡から秋田へ。そして、さんかく座_c0200002_18425825.jpg
盛岡から秋田へ。そして、さんかく座_c0200002_18431141.jpg

北東北の魅力を出会った人たちから、たくさん受け取った旅でした。
いつか展をしに来れる時があったらいいな、と思いつつ。
by na-hira | 2014-06-24 19:19 | 日々のこと
<< tetoteさんにpost card 盛岡 その2 >>