風邪の季節に Ravensara
展が終わってすぐ後に、盛りだくさんな
日々が続きました。
展最中から風邪をひいて、遠くはるばるのお客様もあり、
そしてアロマテラピーの実技試験があり。

そんな中で、やはりアロマテラピーには
助けられました。

どんな風に暮らしの中で取り入れるか、というと

風邪の季節は電車の中などで
マスクにぽたりと1滴エッセンシャルオイルを
垂らすと楽になります。

あるいは鼻水が出たりや喉が痛いという時
お湯(熱湯より少し低い温度で)をボールや洗面器に入れ
そこにエッセンシャルオイルを垂らして
その蒸気を吸入するのもいいものです。
(蒸気が逃げないように、タオルを頭からかぶるようにして
蒸気を吸い込みます。)

注意点としては、そのとき目はつぶってください。
刺激にならないように、です。

ブレンドせず、単体で使っても使いやすいもので
個人的におすすめはRavensara。
学名はRavensara aromatica 。

あるいはRavintsaraで学名はCinnamomum camphora 。
(この学名には混同、取り違えがあって、ちょっと分かりにくくなっていますが
私が今使っているのはRanensara aromaticaです。)

香りがすっきりとしていながらも、つんときついものがなく
風邪の予防にも、風邪になってしまってからも助けられます。
展の最中もレスキュー的に使えるように
日々バッグに入れておきました。
年末年始の旅行なんていう時にも、持って行きたい
エッセンシャルオイルです。

よく知られているユーカリもいいですが、
ユーカリにはいろんな種類があるので購入するときは注意してください。
そのたくさんのユーカリの中でいくと
ユーカリプタス ラジアータがおすすめです。
学名はEucalyptus radiata 。
すっとするユーカリの中でも、肌刺激が穏やかめで
香りもふわっと広がりやわらかめです。

師走に入ってみんながみんな慌ただしくなる季節。
元気が一番なので、体にも気持ちにもよいものを日々に取り入れつつ
おすごしください。

もちろん基本は食事を自分で作って、
睡眠を取って、ということがなにより大切です!
by na-hira | 2014-12-01 16:16 | アロマテラピー
<< 冬の空、そして湯たんぽ 巣巣での展は無事終了しました >>