冬の空、そして湯たんぽ
夕暮れ時に外に出ての帰り道。
急に空が明るくなりはじめ。
これはもしかしたら、と思ったら
やはり東の地平線近くに満月の光り。

今日は雨が降って空も洗われて
冬の晴れた空が戻ってきての
大きな大きな明るい月でした。

とうとう本格的に冬だなあと感じる空気。

そしてこの季節、欠かせないのは湯たんぽ。
親しい来客にも、アロマトリートメントの時にも
「湯たんぽをどうぞ」と用意すると
湯たんぽの良さの伝道師のような感じになっていて
みなさん体験すると「いいねえ」と。
冬の空、そして湯たんぽ_c0200002_18433750.jpg

我が家ではfashyというドイツのメーカーの
柔らかいゴム製を使っています。

デスクワーク中の腿の上に載せたり、
睡眠時以外にもいい温かさです。
誤って足元に落としたとしても、柔らかいので
危ないこともなく、ほっとする存在感。
ゴムでぺたんと薄くなるので、冬の旅行に
持って行くのもおすすめです。
by na-hira | 2014-12-06 18:44 | 日々のこと
<< 展覧会の季節 風邪の季節に Ravensara >>