展覧会の季節
11月から引き続き展覧会のハイシーズンが続いています。
この週末もあちらこちらで展覧会があって
クリスマス前はどこも力を入れた展。

昨日は仕事を終えて夜になってから、黄色い鳥器店での
山野邊孝+ノトアサナ展に行ってきました。

山野邊さんはまだ会場にいらして、
炭で色,質感を出しているお話を伺いました。
私が購入した器は松の灰とのこと。

同じ木でも育つ地域が違えば炭も違うという話しから
アロマテラピーのケモタイプと同じで興味深いことでした。

育つ地域の土壌や気候で、同じ学名の植物でも、
香り、成分、持っている個性が相当大きく違ってくるものがあり
それをケモタイプと言うのです。
展覧会の季節_c0200002_1657341.jpg

光りを受けてきらきらと輝くもの、まるで大理石のような色、
微妙な色を帯びた温かな乳白色。
色と質感、姿、と悩みつつ1枚、
家の器に仲間入り。
by na-hira | 2014-12-08 17:16 | 日々のこと
<< お菓子を日常として作ること 冬の空、そして湯たんぽ >>