冬のヨガ
日曜日にアーユルヴェティックヨガのWSに参加し
久しぶりに今朝はひとりyoga。

冬という季節の特徴(ここ東京、太平洋側では、ですが)として
寒さ、乾燥、冷たさ、そして北風→軽さ、不規則さといった要素が上がります。
そこに対してアーユルヴェーダの考え方から
ヨガの同じポーズをするにしても、どうしていくと
その季節におこりやすい状態からバランスをとっていけるのか。
そんなことが興味深いWSでした。

そして、風の動きは不規則→冬は規則的になにか
することをしてみるといい、というのも
ちょっと頷けるようなことでした。
太陽が上るのが遅くなると真っ暗な中では朝の散歩もしなくなったりして。
このところの自分を振り返る時間にもなり。

日々の過ごし方や、ヨガの中に
季節で変化する心身の状態を反映していくことなど。
自分の今、心身の状態や日常とつながるヨガ
ということを考えながらてしているわけではなくても
自然と引込まれていく時間になります。
by na-hira | 2015-12-08 16:37 | 日々のこと
<< FOLKLORE LIVE a... 「種市」 吉祥寺にて >>