カテゴリ:展示会( 376 )
秋の展が今週水曜日から始まります
台風の影響が各地にあって、秋は大変な季節です。
それでも、秋は自然の恵もあり、
気持ちのいい季節でもあります。

今日は搬入前日。
秋の展は水曜日から日曜日まで。
どうぞお越しください。
c0200002_13465697.jpg

歌とギターの佐和子さんが今回のモデルさんをしてくださって、
フライヤーはまるでCDのジャケットのようになりました。

佐和子さんは新たなリハーサル場所も確保されて
新しい曲も準備されているとのこと。
1年ぶりの国立での朝Liveは、まだお席をご用意できます。
気持ちのいい朝の始まりに、気になる、という方は
ぜひご連絡ください。
ゲストのトガゼンさんとの時間も楽しく心踊るようですし、
佐和子さんソロの時間はじっくり、軽やかに、
歌に耳を傾ける時間になるでしょう。

natsuno hiraiwaはリネンウールコットンの生地や
ウールリネンの冬も温かにすごせるものも並びます。
同時にリネンコットンの1年を通してのものや
エプロンももちろん、日々を共にする存在としてあります。

藤川孝之は絵とデッサン。
デッサンのご予約をお受けしています。

赤ちゃんから大人まで。
小型犬であれば膝の上に抱えてデッサンも。
(猫さんは逃げてしまわなかったら!)
ご家族の場合は特に、ご予約いただけると
お待たせしないでデッサンに入れますので、
ぜひmailをいただけましたら。

そして、ハナハッカの庭 食堂の詩織さんのお料理とデザート。
秋の果物や野菜を生かした、お菓子やプレートを
毎日楽しんでいただけます。
軽やかで満足するお料理たちは、ハーブやスパイスも効かせた
モロッコ料理やフランス料理をベースにしたお味。

今回も展も、ゆっくり寛いで
絵や服を見たり、季節のお食事やデザートを楽しんで
お過ごしいただけたら、と思います。

そして佐和子さんの朝の歌とギターの空気を浴びて
きらきらとした秋の光も体験していただきたいと
思っています。




by na-hira | 2019-09-23 14:00 | 展示会
秋の展 -Automne-
秋らしい空気になりました。
台風や雨の影響が各地でありましたが
みなさま 大丈夫でしょうか。

国立のroom103にて、秋の展をいたします。
Automneはフランス語で秋のこと。
私と藤川はパリに留学した時期があり、
お料理のハナハッカの庭 食堂の詩織さんはフランス料理を
最初に学ばれていて。
小嶋佐和子さんはフランス語をずっと学ばれているし
フランス語の歌詞の歌も時に歌われたり、
なによりだんなさんのトガゼンさんとフランス料理のお惣菜のお店をしていて。

今回の展の参加者みんなに少しづつ、あるいは大いに
関係のあるフランス。
ということで久しぶりのフランス語のタイトルです。

natsuno hiraiwa 服とエプロン
藤川孝之 絵とデッサン
ハナハッカの庭 食堂 季節のプレートとデザート
小嶋佐和子 Live(9/29 朝9時〜)ゲスト:トガゼン

room103を期間限定のショップのように、
訪ねて来ていただけるアトリエのように、
定点で今年も展を重ねています。

広々とした大きさがある場のおかげで
(いつか自分で場を作るとしてもこの広さは…)
食の方や音楽の方にもお声をかけて
場を共にできるのは、なにより嬉しいことです。

デッサンの場としても広さがあるおかげで
ご家族や小さな動物たちをお受けすることも
できています。

何回となく回を重ねていますが、
毎回どきどきするような気持ちで準備しています。
季節の具合、空模様やどなたとお会いしたり
お話できるかな、と思うと楽しみでもあります。

デッサンやLiveのご予約もお待ちしています!
(HPのcontactからmailをお送りください)

秋は新しい始まりの季節とも感じられます。
日本の年度や学期でいくと新年度ではありませんが
暑かった夏を終えて、やっと何か始まる、始められる、
という気分になるような。

その時に着ていただける服があったら
なによりです。

お越しいただけるのを楽しみにお待ちしております。







by na-hira | 2019-09-16 18:54 | 展示会
夏の展が7/31から
東京はなかなか梅雨明け宣言が出ませんが
もう真夏の日差しです。
みなさま いかがおすごでいらっしゃいますか。

国立のroom103にて服・絵・食・古本・音楽の展
をいたします。

natsuno hiraiwa  服とエプロン
藤川孝之 絵とデッサン
ハナハッカの庭 食堂 お食事とかき氷
古本泡山 古本と生ビール(8/3,4)
tricolor (duo) Live(8/3)


7/31(水)-8/4(日)
11:00-18:00 (最終日17:30)

(中村大史 7/31 10:30〜オープニングファンファーレ 参加無料)

展は何度していても
毎回が新しい気持ちになります。
2ヶ月に1回、こうして定点の場を設けられることも
なかなかないこと、と感じています。
気持ちの良い場で、またみなさんとお会いできるのを
楽しみに準備しています。

東京は長い長い梅雨からやっと抜け出たところ。
暑くなる天気予報が出ていますが
かき氷や夏にも食べやすいお食事、
週末には生ビールも。
ぜひ涼みつつ、服や絵を見ていただいたり
古本を品定めしたり、のんびり過ごしていただけたらと思います。

そして、tricolor(duo) Liveがあります。
中藤有花さんはフィドル(バイオリン)とコンサーティーナ。
中村大史さんはアコーディオンとギター。
生き生きとしたリズムと美しい旋律。
アイリッシュ音楽という括りに収まらないtricolorの魅力に
ぜひ触れて、楽しんでいただけましたら!

◎ご予約を引き続き受付しております。
8/3(土)19時開場、19時30分開演
2000円+1ドリンクオーダー

暑いからこそ、ちょっとお出かけして
楽しい時間、ゆっくりとした時間を
ご一緒に。
お待ちしております。


by na-hira | 2019-07-28 19:36 | 展示会 | Comments(0)
盛岡にて働く服とエプロン展
2019/6/22
今日は夏至の日。
大きな折り返し地点のような気分になります。
みなさま いかがおすごしでいらっしゃいますか。

近況をInstagramで綴ることが多くなり
ブログはなかなか更新できていませんでした。

7/6(土)、7(日)、8(月)の3日間、
盛岡にあるcartaさんとCafunéさんにて
natsuno hiraiwa と藤川孝之の2人展があります。

【 Atelier at carta + Cafuné , Morioka 】

natsuno hiraiwa / 働く服とエプロン
藤川孝之 / 絵とデッサン

cartaをメインアトリエに、Cafunéをサブアトリエに、
ワークウェアの受注と絵の展示をします。ー
c0200002_13254050.jpg
c0200002_13274792.jpeg
去年12月にcartaさんでアロマテラピーの時間を
させていただきましたが、服の展としては
初めての盛岡です。

盛岡は旅として何度か訪れていて、
その度に住んでみたくなるような街です。
川と山、街と人、自然と文化。
その盛岡で、会期中滞在しながら展の場を
「Atelier」のようにして過ごせるのは本当に楽しみでいます。

「Atelier」というタイトルにした(なった)のは
展の場が仕事をしたり、人と出会ったり話したり、という
日常の仕事の線上の時空間になったら、というイメージがあります。
その中で服やエプロンを見て、触れて、試着して
いただけたら、と思っています。

藤川孝之は絵やコラージュの展示と
ポートレイトデッサンをしたり、絵を描いたり。
それから、音楽をかけたりしているかもしれません。

会期中にはもりかげ商店さんのお菓子が
cartaさんに並ぶとのこと。
何度も展でお菓子を並べさせていただいているのですが、
会期中は自家用にはもちろん、遠くにいる親しい人にプレゼント用に…と
贈る人を思い浮かべてついつい買ってしまいます。
(もちろんお客様を優先にしていますので!)
素材の持ち味を生かした、シンプルで
吟味された味わいの焼き菓子たちです。

緑の美しい季節に盛岡でお会いできましたら!
cartaさんとCafunéさんにてお待ちしています。




by na-hira | 2019-06-22 14:02 | 展示会
初夏の展は5/29から始まります
雨の後のさらりとした爽やかな空気。
みなさま いかがおすごしでいらっしゃいますか。

初夏の展は5/29(水)-6/2(日)
国立のroom103にて。
今準備を続けているところでいます。
c0200002_19010447.jpg
c0200002_19003014.jpg
photo:小石哲也


natsuno hiraiwaの服とエプロン、
藤川孝之の絵とデッサン。

そして今回初めて展にお誘いした
写真の小石哲也さんと食のPoco Sejanさんが
新しい顔合わせです。

音楽の青木隼人さんは3月では「みどり」の3人で
演奏してくださいましたが、
今回はソロのギター演奏会になります。
藤川はライブドローイングすることにしています。

季節や顔ぶれが変化すると、展の空気もまた
変化していきます。
気持ちの良い梅雨入り直前のお散歩に
お越しいただけたらと思います。

◎5/30(木)20:00開演の青木隼人さんの
ギター演奏会は引き続きご予約受付しております。

気持ちのいい夜風を感じるような
ほっと深呼吸する音楽の時間。
どうぞnatsuno hiraiwa websiteからmailをいただけたらと
お待ちしております。

緑が深くなって、すっかり、本当に初夏の空気です。
お散歩にもぴったりの季節に、
お会いできるのを楽しみにしています。

by na-hira | 2019-05-22 19:03 | 展示会
HP更新しました
このところ春らしく雨が降る日と晴れの日が
忙しく入れ替わっていきます。
1ヶ月以上快晴だったこの冬から、はっきりと変化を感じます。
沈丁花の香りもし始めています。

みなさま
いかがおすごしでいらっしゃいますか。

3/27(水)-31(日)国立のroom103にて
春の展をいたします。
c0200002_17371971.jpg
HPの更新もしましたのでぜひご覧いただけたらと思います。

今回もまた新鮮な気持ちでいます。

年に何回も同じ場で展をするとしても
いつも感じるのは会期の1日1日に流れる時間、出会い、空気感…
どれも同じことはないと感じています。

そして今回初めて根々さんが食で参加。
森ゆにさん、青木隼人さん、田辺玄さんの「みどり」は
初CDリリースLiveということがあります。

展の撮影には森ゆにさんが協力してくださって
素敵な空気をこうして運んでくださっています。

どきどきと新学期を前にしたような気持ちを
持って準備しています。

フライヤーの発送も1通1通準備していくので
ゆっくりお待ちください。


by na-hira | 2019-03-05 17:43 | 展示会
2019年もよろしくお願いします

みなさま どんな新年をお迎えでいらっしゃいますか。
今年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

HPを更新していますが、1月の展について
お知らせです。

今年最初の展は1/16(水)から20(日)に
natsuno hiraiwaと藤川孝之の二人展をroom103にて
c0200002_12233720.jpg


食にはハナハッカの庭 食堂の詩織さん、
音楽は中村大史さんとpaniyoloさんをお迎えして、
冬の寒さの中、あたたかな場ができたらと思っています。

◎「アニーさん」こと中村大史さんは初日の朝10時30分から
オープニングファンファーレとして
無料の演奏をしてくださいます。

初めてアニーさんにLiveをお願いした時も
初日の朝にしてくれたオープニングファンファーレ。
ファンファーレ、というと管楽器のイメージがしますが
確かに、「これから展が始まりまーす!」という
キリッとた気持ちになりつつも楽しく
掛け声をかけてもらったような時間でした。
その時は美しくダイナミックな響きのアコーディオン
が印象的でした。

ぜひお時間可能な方をそんな新鮮な気持ちになる時間を
ご一緒していただけましたら!

◎18日夜のLiveのご予約も開始しています。
どうぞHPからmailにてご連絡いただけたらと思います。

東京で展を初めてしたのが2000年の2月でした。
2020年の20周年の時にむけても
今年の1年はいろいろしたかったこと、
取り組もう!と思い続けていたことなど
意識的にしていきたい、と思います。

同時に思うことは、盛りだくさんにしすぎずに、
その場におこっていること、出会いを大切に
味わって、体験していきたいと思っています。

今年もみなさまにお会いして、お話して
服を見ていただいたり、アロマテラピーの時間を
ご一緒できましたら幸いです。

みなさまにとっても良き1年となりますように。





by na-hira | 2019-01-05 14:40 | 展示会
冬のはじまりの展
くっきりと晴れてもひんやりとした空気。
これはもう本格的な秋、と遅ればせながら実感する日々です。

みなさま いかがおすごしでいらっしゃいますか。

9月末の秋の展にお越しくださったみなさま
どうもありがとうございました。
そして、InstagramやHPを見てくださったみなさま
どうもありがとうございます。
台風直撃が最終日になったものの
会期を最終日までできて、有り難いことでした。

そして今年の冬のはじまりの展はいつもより少し早めで
ちょうど立冬の11/7(水)から11(日)まで、
国立のroom103にて。
c0200002_20012916.jpg
c0200002_20020277.jpg
c0200002_20060777.jpg
c0200002_20065200.jpg

natsuno hiraiwaの服の2018年としては締めになる展で
藤川孝之との二人展。

もりかげ商店さんのお菓子販売と1日喫茶
c0200002_20074931.jpg
青木隼人さんの10日(土)の夜のギター演奏会
c0200002_20070843.jpg

秋から冬の入り口に向かう気持ちのすっとするような頃、
お越しいただけましたら幸いです。

今年は特に定点での展をしていて、自分のshopという定点がない分、
room103での季節季節の展をしています。
少しづつ変化することと、
いつも自分の中に流れていることと共に。

お越しいただく季節によって国立の風景や
周りのお店でのイベントや展も違うのが
楽しいことです。




by na-hira | 2018-10-21 20:03 | 展示会
秋の展「歌うように歩く」+「あらわす あらわれる」
c0200002_11144603.jpg
昨日の東京は寒いくらいで、 急に季節が動いた感じがします。
金木犀の香りも道を歩いているとどこからか。

みなさま いかがおすごしでいらっしゃいますか。

秋の展
natsuno hiraiwa「歌うように歩く」
    +
藤川孝之「あらわす あらわれる」

ハナハッカの庭 食堂さん 秋のプレートとデザート

は9/26(水)から30(日)
国立のroom103にて。

最終日の朝には小嶋佐和子さんのライブもあります!
ゲスト トガゼンさんはパーカッションですが
フランスお惣菜のシェフでもあり。
トガゼンさんのケークサレ付きです。

ぜひ、秋のお散歩をかねてお越しください。
この展の時間と場自体がお散歩の気分に
なったらいいな、と思っていますし、
国立散策も個性ある店主さんたちのいいお店や
樹々のある大学通りもあります。

今年の私自身の展は、国立のroom103定点のようになっていますが、
年によっては東京を離れての展もあり。
展自体も出合いやタイミング、と感じています。

お店やアトリエショップを持っていないので
room103という場が持っている雰囲気や
什器を貸して下さるLET'EM INさんには
いつも感謝の気持ちです。

小嶋佐和子さんのLiveのご予約はnatsuno hiraiwa websiteより
mailをお送りください。
もし気になっている、というみなさま、ぜひ!

歌とギターでシンプルな構成ですが
佐和子さんの持っている清々しさとユーモアや
チャーミングさ、やわらかな歌心。
多層的な魅力を持っている音楽。

藤川孝之は大きな絵をその場で描きます。

その時間をご一緒できることは
心温まるような、心に触れるものが流れます。
猛暑だった夏の記憶が遠くなりつつも
ちょっと寂しい気分になる秋の入り口に、
気持ちがすうっと軽やかになる音楽と絵の時間になると思います。

by na-hira | 2018-09-22 11:27 | 展示会
秋の展
ここ国立も風の音がすごくなっています。
西の方面の方々のことを思うと、
できるだけ早く(おだやかに)台風が過ぎ去ってほしいものです。
みなさま いかがおすごしでいらっしゃいますか。

つい、Instagramの更新だけになってしまい
久しぶりのblog更新になってしまいました。

9/26(水)–30(日) 国立のroom103にて
秋の展をいたします。

HP更新もまだできていないので
先に日程のお知らせだけでも、と思います。
c0200002_18090183.jpg
natsuno hiraiwa 服とエプロン
藤川孝之 絵とデッサン
ハナハッカの庭 食堂さん 季節のプレートとデザート
小嶋佐和子さん Live(9/30朝9時start ゲスト:トガゼンさん)

展示としては藤川との二人展的なかたちになります。

直前まで日々準備していきます。
顔合わせが変わり、季節が変わり。
するとまた新しい時空間になっていきます。

 ・

静かな秋の空を待ち遠しく思いつつ。
まずは今晩を少しでも安心した気持ちですごせますように。


by na-hira | 2018-09-04 18:11 | 展示会