<   2011年 12月 ( 21 )   > この月の画像一覧
「Cana Cana」 高知に行きたくなるCD
今日、CD「Cana Cana」をSonobe Nobukazuさんがフジカワエハガキに持って来てくれました。
「Cana Cana」 高知に行きたくなるCD_c0200002_21355969.jpg


高知出身の園部さんが高知の12のお店のために
1年かけて曲を作るという企画のCD。

これを聴くと本当にそのお店に行ってみたくなる。
知っているいくつかの店は納得してしまったり。
そこに流れている空気やリズム、店主の方の個性もわかるよう。

高知に行ったことのない人にとっては
きっと旅に出たくなるような曲たち。

しんみりするようでいて、ほのぼのと温かく。
切なくなるようで涙が出る人もいるかもしれない。
それでいて頭に焼き付いてしまうまっすぐな曲は
道を歩いていてもついつい口ずさんでしまうかも。

みんな青春の只中。
それは年齢というよりも、生き方ということで。

朝と夜でも違う聴こえ方がする。
聴くときの自分を映すように。
いろんな感じ方のできる、
心をふーっと動かすCDです。
by na-hira | 2011-12-16 22:00 | お知らせ
12月は花の季節?
実際の季節でいくと紅葉がそろそろ完了に向かい、
花の季節ではありませんが。
昨夜花屋さんの前を通り、花を買いたい!と
ぐっと気持ちが動いて入ってみると、花がぎっしり。
花の季節かと思うほど。
12月は花の季節?_c0200002_1428337.jpg

クリスマス、年末のパーティー、プレゼントの多い季節ということもあるのでしょう。
本当に様々な種類の花や枝、実。
濃い赤や華やかな色の花、白にグリーン。アンティークのような色。
いろいろ目に飛び込んできて、お店の中はフレッシュでありつつも濃厚な空気。

今回は冬らしくバラの実と宿り木の実を選ぶ。
すると「これプレゼントです。」と小さなアネモネとゼラニウムの葉を
取り合わせたものをいただきました。
なんだか花をプレゼントされるってうれしいこと。
1本おまけしときますよ、ではなくプレゼント
と言うだけでも違うのかも。

その上バタバタしたお昼時に姉からかわいい花束を
もらっていたので、仕事場が急に華やいで、年末に向かう気分になりました。
12月は花の季節?_c0200002_14285242.jpg

ガラス作家の山野陽子さんの花器。
今、私も出品中のDEE'S HALLさんでの展に出品されています。
by na-hira | 2011-12-15 14:37 | 日々のこと
食卓を共に
12月はいつもと違う誰かと食卓を共にするきっかけの多い月。
イベントが多い時は外食が多くなりがちですが、
家で友人と、家族と、
というのももちろん貴重な一回一回。

カノウユミコさんの「やさいのかみさま」という本を
読み始めました。
読み終える前からおすすめしたくなるような本です。

エッセイがメインですが、レシピもでています。
これがまた味わいがあります。
なにかきっかけがありましたら。ぜひ。
by na-hira | 2011-12-14 10:17 | 日々のこと
冬は果物の季節
冬は果物の季節_c0200002_13571956.jpg

果物をたくさんいただきました。
有り難く昨日からいただいています。

以前はマクロビ的な考えでいくと、果物は体を
冷やすから、あまり取らない方がいい、と
考えていました。

でも今では生の果物も野菜もどんどんいただいています。
ただ、冷蔵庫の冷たさでなく、室温で、ということは
大事なことに思います。
体が冷えている時で、生ものという気分でない場合。
ほんのりと人肌の湯煎で温めるだけで違った味わいになります。
by na-hira | 2011-12-11 14:03 | 日々のこと
皆既月食散歩
昨日は11年5ヶ月ぶりのチャンス、ということで、
皆既月食を見に夜の散歩へ。

21:45から月食が始まるということだったので、
45分には出発しているはずが、完全防寒体制にしようと
着替えていたら21:50出発に。
たった5分でもすでに欠け(満ち欠けの欠けではないですが)始めていました。

そして南に向かう並木道を上を見ながら、立ち止まりつつ
1駅分歩く。
するとどんどん変化していく。思った以上に変化が早い。
欠け方も、色も普段と違うから、古代の人はどんな気持ちで
見ていたのかな、と思わずにはいられない。

完全に月が地球の影に隠れている状態のころ、
グラウンドのある公園へ。
すると中央あたりに人が集まっている。
普段行かない夜は暗い公園。
遠目には若い衆がただ集まっているだけじゃないか、と
ちょっと近寄る気になれない。
それでも藤川が月を見ている人だよ、とぐんぐん近づいていく。

そして大分近づいてから、随分本格的な機材をセッティングした
若い男子女子のグループとわかり、安心する。
「見せてもらおうよ」と藤川は乗り気。
私は逆に高価な機材をたくさん構えた若者にとって、私たちは怪しげな大人に
見えて警戒されるんじゃないか、と。
ところが、まっすぐで丁寧な言葉づかいの女の子がすんなり「どうぞ」と。
動く月をちゃんと見られるように調整して、見させてくれた。

「おおーっ。すごい!」と思わず声が出る。
赤銅色ときいていまいましたが、本当に赤みを帯びた美しい変化を含む月面。

帰り道「えらいなー」と思わず。
「月が?」
いやいや、あの高校生が、です。

折り返して歩くころには、白く細い月が
新しく輝き始めていました。
いろんなことに、ありがとう、という気持になる散歩でした。
by na-hira | 2011-12-11 13:22 | 日々のこと
もうすぐ皆既月食
これから皆既月食になるそうです。
冬の夜のお散歩に、見に行ってみるにはぴったりな晴れ。
どんなふうになるのか、予定時間がでていました。
by na-hira | 2011-12-10 21:31 | 日々のこと
初雪とピタパン
今朝、ほんの短い時間ですが、雪がちらちら舞っていました。

起きてまずヨガをして、昨日の夜準備しておいたパン種を見ると。
ちゃんと膨らんでいる。
「有機穀物で作った天然酵母」というドライな顆粒状のものがあり、
初心者でもちゃんとおいしくパンになってくれています。
焼き時間4分のピタパンなので、気が楽なレシピです。

外の寒々した空の色とオーブンからの熱。
なんだか真冬の週末のようだけれど、今日は金曜日。

みなさま、風邪をひかないように、あたたかくおすごしください。
初雪とピタパン_c0200002_12221033.jpg

酵母のパッケージに「ちょっとの勇気」と書かれているのが妙に腑に落ちます。
有機とかけているのでしょうが、パンを初めて焼いてみようかどうしようか、という時。
膨らまなくてがちがちの小麦粉の石みたいな固まりになったらどうしよう、とか。
なぜか私自身、「初めからは成功しない難しいもの」という思い込みがありました。
そこで一歩踏み出すと、ちゃんとおいしく、楽しい発見があります。
by na-hira | 2011-12-09 12:16 | 日々のこと
DEE'S HALL 10年&100回目の展に参加します
DEE\'S HALL 10年&100回目の展に参加します_c0200002_221934100.jpg

表参道にあるDEE'S HALLは最初にお世話になったギャラリー。
そのDEE'S HALLの10年&100回目の展があります。

今まで展をした作家が参加する、というもので、
47人の参加ということは、どんな様子になるのだろう…。
今日は自分の服を持参してきました。
いろんな方の仕事を一同に集めて、相当な密度になりそうです。
お近くに行かれる方はぜひ。

12/13(火)→12/22(木) 12:00-20:00(日曜18:00終了、最終日17:00終了)
by na-hira | 2011-12-08 22:35 | 展示会
冬のバラ
仕事場のベランダでは白いミニバラが咲いています。
こんなに朝晩寒くなっても、日差しがあるからか。
えらいなあ、と勝手に感情移入。
冬のバラ_c0200002_14353956.jpg

by na-hira | 2011-12-07 14:36 | 日々のこと
歩ける距離に宝があること
歩いて帰ることのできる距離に楽しい場所が
何カ所もあるというのは、贅沢なことだなあ、と思う。

楽しい場所、とはいろいろですが。
個性のある店主の方のあたたかなお店とか。
あるいは夜道を月を見て散歩できる並木道とか。
持ち寄りご飯の会も…。

昨夜Jさんのサプライズお誕生会でしたが、
みんな寛いで、早くも大晦日の夜のおこたの風景のよう。
無理をしない自分。力を抜いた自分。
そういうお付き合いをしっかり広げているJさんを尊敬しつつ、
こういう場がこんなに近くにあることを有り難く思うのでした。

ある会議に参加して、頭を集中して使い、
緊張感があると手足の先が冷えきってしまうもの。

その後に、ほのぼの温まる夕べの終わり頃にちょこっとだけ参加。

いいめりはりのある1日でした。
by na-hira | 2011-12-06 10:44 | 日々のこと