<   2018年 03月 ( 8 )   > この月の画像一覧
展初日
今日は展初日。
桜は見に行けませんでしたが、これはきっと
日に日に満開に向かっていそうです。

今日はきれいな桜の咲く真っ只中のところ
足をお運びくださりありがとうございました。

どこに行こう?!ともし少しでも時間ができら
そわそわしてしまうような季節ですから。

もりかげ商店さんのお菓子が今回はじめてのものも
揃っていて、充実しています!

kukka永井久恵さんは明日木曜日はお休みですが
金曜日の朝に市場に行って仕入れてきてくださるとのこと。
明日はそれでもかわいくも個性のある鉢など選んでいただけます。

フジカワデッサンもぜひ!
のどかな国立の北の雰囲気はデッサンされる方にとって
ちょっとのんびりするようないい感じだと思います。
緊張しすぎない、でも落ち着いている空気なのです。

今日はフランス語を話すご家族がいらして。
服やデッサン、花について説明しようとしても
言葉が本当にポソポソとしか出てこないのです!
あまりに片言の説明になってしまって
勉強しなくては、という刺激を受け取りました。

静かなようで、いろいろドラマがあるものです。

明日もまたお待ちしています!


by na-hira | 2018-03-28 22:17 | 展示会
『春の光、水と空』 3/28(水)から
今日も暖かな1日でした。
そうは言っても、1日の寒暖差が大きいので
まだまだリネンのコートなど、はおるものが必要な気候です。

明日が搬入日なので、ばたばたと
あっという間に夜になってしまい。
本当に展直前はいつもこんな日々になります。

フライヤーや展の風景の写真では
スカートがいつも映っていますが、
実際はパンツがずらりとたくさんあります。
藍染めの他にカテキュー染めもあります。
スカートの藍染めもありますが
1点1点のもの。
c0200002_20071792.jpg
写真ではなかなか伝えられず
手に触れて、見ていただけたらと思います。

お天気はまずまずのようです。
(天気予報をドキドキしつつ見てしまいます)
あまり気にしていないような素振りをして
いた方が、ちゃんと天気予報通りになってくれるかも
しれません。
お散歩時間も確保して
どうぞ国立散策の計画を!

by na-hira | 2018-03-26 20:10 | 展示会
kukkaさん もりかげ商店さん
今日も展の参加者のことを。
植物のkukkaさん、お菓子のもりかげ商店さんについて
書こうと思います。
c0200002_21052587.jpg
kukka 永井久恵さんは今回在展日が金土日になりますが
鉢などそのまま持ち帰ることのできるものは
初日にも並べてくれています。

国分寺にアトリエショップを持っていらして
季節折々の展の時に、季節の始まりを感じさせる植物を
連れて来てくれます。

長く服を着てくださっているので、
natsuno hiraiwaの服や素材、展がどんな様子になるのか、
ということをイメージして
市で出会ったその季節、その日の植物と結びつけて
つないでくれています。

そして、小さな植物たちや折れてしまった小さな枝も
大切に生けて、素敵にしてしまう。
そんな植物への愛がたっぷりの方です。

お花屋さんで落ち着いてお花や鉢を選べない、という方は
結構耳にします。
ぜひ、ゆったりとした気持ちで植物たちを見て
選んでいただけたら。
そんな時間を大切にしてくれるkukkaさんです。

c0200002_21005206.jpg
そして、もりかげ商店の森影里美さん。
今回は初日からの焼き菓子販売と、最終日の4/1(日)11:30から
『もりかげ商店 春の一日喫茶』があります!

この日は小嶋佐和子さんの朝のLiveではパウンドケーキの予定で、
その後の11:30からは桜餅とカステラ。
和のおいしいものに合わせて、お抹茶もあるとのこと。

素材を生かす甘みと少し効かせた塩のさじ加減。
甘いもの好きも、塩味好きもファンにしてしまう
独自な世界のシンプルな焼き菓子。
シンプルといっても、素朴、とは違う
考えて作って考えて作って、ここに至った、という感じを受けます。

いろんな方をお誘いしての展をしたいな、
と思ったきっかけは、いろんな道を歩む人と人の間にある、
お互いへの共感や接点を感じながら
森の散歩のようにいろいろに目を向けて
楽しんでいただける時間と空間が作れたら…
ということがあります。

私にとって、している仕事の分野が違いながら、
見ていて、聞いていて、おお!と思わず心躍ることをしている方々と
一緒に形作ることのでき数日は毎日が一期一会です。
もちろん訪れてくださるお客様やご近所さん、友人との
出会う時間も一期一会と毎日深く感じるのが展の日々。

ぜひ、場にあるいろいろなものに
目を向け、触れて、耳を傾け、味わって、楽しんでいただけましたら
なによりうれしいことです。

展は3/28(水)からになります。
あと2日!もうすぐです。

by na-hira | 2018-03-25 21:16 | 展示会
アロマテラピーの時間 4月に
展「春の光、水と空」が始まるまで
あと3日となりました。

そんな押し迫った時なのですが
4月のアロマテラピーの時間のお知らせです。

c0200002_22235815.jpg
4月10日(火)、14(土)、15(日)に国立のGARAGEさんにて
アロマテラピーの時間をさせていただけることになっています。

心落ち着くGARAGEさんの別室にて
気になっていること、好きな香りなどお話しお聞きして
おひとりおひとりに合ったエッセンシャルオイルを選び
ブレンドオイルを作っていきます。

10日のご予約は大分埋まってきているようですが
週末の14、15はまだゆとりがあります。

GARAGEさんのInstagramかnatsuno hiraiwaまでご予約の
ご連絡をいただけたらと思います。

季節が変化すると心身の変化があり、
4月という新年度が始まり。
そんな季節の変化する時に必要としていることを
反映したオイルにできるように。
そのためのお話しうかがう時間が必要になります。
ご予約お待ちしております!

そして、4月22日(日)は初めての東小金井。
『家族の文化祭〜春、おどる〜』に
アロマテラピーで参加します。

東小金井のJR高架下は特別で、地域で活躍している
ものづくりや個人店の人がお店を構えています。
(現在の東京だと、大きな企業が入るのが常だと思うのですが)
そんな方々が中心になってのイベント。

また少しづつお知らせしていきたいと思います。




by na-hira | 2018-03-24 22:17 | アロマテラピー
小嶋佐和子さんLive
寒い日があっても、朝晩冷え込んでも、桜がどんどん開花して
ちょっと慌ててしまうこの数日です。

今日は音楽の小嶋佐和子さんのことを。

佐和子さんの歌の世界を、説明の言葉を並べるよりも
1曲を耳にしていただけた方がずっと説得力があるのですが。
それでもここでは言葉でなんとかできることを。

展「春の光、水と空」は3/28(水)から始まり
その最終日である4/1(日)の朝の9時から
小嶋佐和子さんの歌とギターのLive。
ゲストはトガトゥールさん。

佐和子さんの声にまず引込まれます。
静謐な、湖のよう。
空気は潤っているけれど重さはなく、軽やかな気配。
デリケートな響きと、時に太い強さのある響きと。

日本語の歌は言葉の紡ぐ世界にもぐぐっと引込まれていきます。
フランス語の言葉の響きも、それだけでなつかしいような
気持ちになり。
英語になるとメロディーの方に気持ちが向かったり。
聞く人それぞれに心を旅させることのできる歌。

佐和子さんの作る曲の歌詞の世界は
映像を思い描ける物語と現実を行き来するよう。

一時期、自分自身、歌のある音楽をあまり聞かない時期が
ありました。
でも、やはり、歌の力はあらためて
本当にダイレクトに響くもの。

でも、人を揺さぶるための音楽ではなくて。
そっと日々を綴るような自然体でいて、
とても真摯に音楽に向き合う歌う佐和子さんの声は
聞く人、聞く人にすうっと静かに届いていく。
そこで、静かに、鮮やかに反応が広がっていく。
そんな感触を覚えます。

国立の朝のお散歩が
音楽の後にはぴったりの余韻です。

ご予約はnatsuno hiraiwaへ。
ご一緒に、朝の特別な時間を。


by na-hira | 2018-03-23 19:10 | 展示会
春の展で デッサンを
先日の暖かさから少しひんやりとした空気に。
それでも沈丁花も木蓮も満開で
春の香りがあちらこちらから。
みなさま いかがおすごしでいらっしゃいますか。

展『春の光、水と空』まであと1週間少々。
c0200002_17473031.jpg
今日はデッサンについて。

前回の1月の展の時にイーゼルをたてて
藤川孝之が「大切ななにかをデッサンします」と
しましたが、今回も会期中受付しております。

1月の展でデッサンの風景、描かれたデッサンが
お一人お一人印象的でした。

来ていただいてからでももちろんですが、
この時間なら、とご予定決まっているようでしたら
ご予約のmailをHPよりいただけましたら。

「大切ななにか」と言われると
考えてしまったりするかもしれません。
でもうーんと考え込まず、たったひとりの存在である自分自身を
まず真っ先に。

今の、今日の自分があることのすごさ。
いろんな巡り合わせや出合いで
今ここにあることの一期一会。

もちろん家族の風景として、ご家族で。
カップルで。

デッサンの風景のそばですごしていると
おすすめしたくなります。

写真館での記念写真ではありませんが
何カットも撮れるスナップとは違って
1枚の中に凝縮する「その時」は
その時間自体が記憶に残ることになると思います。

ゆるやかにその場で服を見る人、植物を見る人など
空間にいる、その一角にデッサンコーナーを作ります。
他の人の気配もあって、しん、としていない分、
緊張せずに自然体で過ごしていただけるのではと思います。

ご予約は藤川孝之HP
あるいは natsuno hiraiwa HP
の contact のところからmailをお送りください。

ご連絡お待ちしています。


by na-hira | 2018-03-18 17:52 | 展示会
春の展「春の光、水と空」
冬の間、毎日毎日晴れ続けていた東京にも
春の雨が降るようになりました。

そうは言っても、今日は冷たい雨でした。
みなさま 温かくされていますか。

3/28から4/1の春の展のタイトルは
「春の光、水と空」
c0200002_23084426.jpg

日に日に朝が早くなり、光が明るくなる。
空の色、空気に含まれる水分量も変化して。
雨と晴れが交互にやってきて
季節をひと刷毛、ひと刷毛、書き換えていきます。

春の始まりは視覚からだけでなく
肌から、呼吸からも感じ取る。
続いていく日常に、鮮やかな光が差すと
ふと感じ取るものがあらたにあったり。
そんな新鮮な目を持つ季節に。

少しづつの変化ですが
そこに何か出会いがありましたら幸いです。

今、福岡の宝島染工さんに藍染めをお願いしています!
染め上がりを待つのは私自身もわくわくするものです。


by na-hira | 2018-03-08 23:53 | 展示会
藤川孝之個展 ヨロコビtoにて
春らしい空気が一気にやってきています。
みなさま いかがおすごしでいらっしゃいますか。

藤川孝之展が3/11まで、西荻窪にあるギャラリー
ヨロコビtoさんにて展示されています。
c0200002_21570289.jpg
展の会場で昨夜は坂ノ下典正さんのギターと
藤川孝之のライブドローイングの時間がありました。

のびのびとダイナミックに生まれていく絵。
それぞれに違う個性を持つ絵が描かれていく。
坂ノ下さんのギターも多彩に変化していき
絵と音楽が一緒に共演しているのが伝わってきて。
素晴らしい時間でした。

フォトグラファーの下簗健一さんがその時の記録を映像にまとめyoutube
アップしてくださっています。
(映像の音楽は坂ノ下さんのCDから使用されています)

ぜひアトリエ展とは違った表情の絵たちを見ていただけましたら。
色彩が生き生きと舞うような展です。

by na-hira | 2018-03-04 21:57 | お知らせ