<   2019年 11月 ( 2 )   > この月の画像一覧
展「光の冬」のこと
今日はびっくりするほど生暖かくて、
なんだかとまどってしまいます。
それでも確実に展の時に近づいてきました。

今回の展で新しく並ぶのは
新しい生地を使ったシャツ。
その他にもリネンウールコットンのキュロットなど
1年を通して長く着ていただけるものが多く並びます。

一人でできることは、いつも限られていて
その中で、少しづつ定番的に育っていく形が見えてきます。

同じリネン、あるいはコットンリネンでも、
ふわっと温かな食感のものもあり
ぜひ、それぞれを体験していただけたらと思います。

藤川孝之の絵は日々変化しています。
じっくり描き続けていくものは
以前のLiveで描いたものに加筆したり。

デッサンもせひ、思うタイミングでしたら!

ブログという場で文章を書くことは
なんだか新鮮というか、
不思議な気持ちになります。
見てくださっている方がどこかで開いてくださっている、と思うと
あたたかな、感謝の気持ちです。

ぜひ実際に見ていただいて、お話できましたら
なによりです。

冬の入り口のお散歩もかねて、どうぞお越しください。

by na-hira | 2019-11-24 22:29 | 展示会
展「光の冬」が11/27から
すっかり日が暮れるのが早くなりましたが
今日は暖かい風が吹いて、びっくり。
過ごしやすい日が続いています。

11/27(水)から12/1(日)に国立のroom103にて
展「光の冬」をいたします。

今回はnatsuno hiraiwaと藤川孝之の2人展に
もりかげ商店さんと田辺玄さんをお誘いしました。

冬になるとウールが入った生地で服を作りますが
リネンウールコットン、コットンリネンウール…など
自然素材をミックスした生地がいつも中心になります。

時代としては軽くて保温力があって、となると
やはりダウンや機能性のある素材などが
すっかり主役になっています。

個人の規模でそのような素材は扱えないですし、
まず第一、自分自身が身に付けてほっとするのは
自然素材を使った肌触りの良い生地。

今回はコットンリネンウールの生地、
リネンコットンだけれど肌触りの温かいやわらかな生地、
コットンウールで肌にあたる面はちくちくしない柔らかなものなど。

ちょっとマニアックかもしれませんが
そんな素材のシャツたちが縫い上がっています。

薄手のウールの上にふわりとシャツをはおれば
軽やかであたたか。

展にて見て、触れていただけたらと思います。


by na-hira | 2019-11-18 17:17 | 展示会